紫外線吸収剤って何?

 

 

UVケア、UVミルク、ファンデーションなどに含まれる成分で、肌を紫外線から守る、という働きがあります。
しかし、紫外線吸収剤が肌にすごく悪い、と言われる理由は、その働き。

 

紫外線吸収剤は、紫外線を一旦肌に吸収して、分解するタイプの日焼止め成分で、取り込んだ紫外線のエネルギーを「熱」や「赤外線」に変換し、放出。
それにより、紫外線の影響から肌をがっちり守れる、という特徴があります。

 

・紫外線吸収剤のメリット

 

最大のメリットは、紫外線を防ぐ力がスゴイ!という事。
また、無色透明で、サラッとした使い心地が人気の秘密。

 

・紫外線吸収剤のデメリット

 

紫外線に対する防御力が高い分、肌への負担も自ずと大きくなり、長時間使用し続けることで、刺激によるピリピリ感、乾燥が悪化。
また、肌質によっては、熱や赤外線などのエネルギーに変換、分解、放出の際、別の物質に変化して、肌に悪い影響を与える危険性も。

 

さらに、毎日、自身の肌分子構造を変換させることで本来の肌構造が壊れ、紫外線を防ぐ力が低下。
より強い紫外線防御力と、使用頻度の増加、というリスクも。

 

 

対する、紫外線散乱剤って何?

 

ノンケミカルと表示されるUVスキンケア商品に「紫外線散乱剤」があります。
吸収剤と違い、有機化合物ではないので、肌への負担が少ないのが特徴。

 

肌表面で紫外線を跳ね返す事ができるので、肌本来の分子構造を壊す危険性もありません。
ただし、ベタツキ、白浮きするなど、とにかく使用感が悪いのがデメリット。

 

また、酸化チタンや酸化亜鉛は、紫外線で活性酸素を発生させるため、それが肌老化の原因になることも。

 

結局どっちがいいの?

 

昨今の温暖化の影響により、以前に比べ、わたし達の肌に届く紫外線の影響は、深刻さを増しています。
そのため、紫外線対策によるスキンケアは、1年中行なう必要があります。

 

それを考えると、できる限り肌への負担が少ないものを選びたいところ。
そのため、強力な紫外線防御力を持つ「紫外線吸収剤」よりも、負担が少ない「紫外線散乱剤」を選びがち、ですが、それが必ずしも正しいとはいえません。

 

なぜなら、どの成分で、肌がかゆくなった、ピリピリと痛くなるかは、肌質により全く違うからです。
例えば、紫外線吸収剤の有機化合物に敏感に反応する方もいれば、紫外線散乱剤のベタツクテクスチャーからかゆみや毛穴のつまりを引き起こし、それがニキビなどの原因になることも。

 

なので、どの成分が自分の肌質に適しているかを見極める事が重要。。
UVケア商品を使用する際には、スターターキット、お試しセットなどを上手に活用して、相性の良いものを選ぶようにしてください。

 

関連ページ

 

>>無添加化粧品ランキング