無添加基礎化粧品ランキング

 

 

透輝の滴

透輝の滴(とうきのしずく)

 

日本肌再生医学会が認めた5つの無添加処方の肌にとても優しい製品。

 

人間本来のミネラルバランスに最も近い、海洋深層水をベースに、肌本来のハリ、弾力を引き出す8種類の成長因子が生まれたてのみずみずしい肌へと導きます!

 

透輝の滴チャレンジ10

 

9,720→2,160税込(送料無料)

 

 

>>透輝の滴公式サイトを見る

 

 

HANAオーガニック

優しいだけのオーガニックに物足りなさを感じている方に最適な濃縮オーガニックローズベースのコスメ!

 

ケタ違いに含有されたアロマ成分は肌のキメを整え、特有のローズポリフェノールは高抗酸化力を持ち肌の老化を強力に抑制します。さらにローズめしべに含有されるプラセンタは30代、40代の肌老化を抜群に回復させます。

 

HANAオーガニック7日間トライアルセット
2,893円→1,480円税込(送料無料)

 

 

>>HANAオーガニックの公式サイトを見る

 

 

ヴァントルテ

植物とセラミドを凝縮、した無添加基礎化粧品、敏感肌の方に!

 

 

ヴァントルテボタニカルモイストお試しセット
2,400円→1,900円税別(送料無料)

 

 

>>ボタニカルモイストの公式サイトを見る

 

 

 

ワイエスラボ

原因のわからない肌荒れや、肌トラブルにお悩みの方に!

 

ワイエスラボお試しセット
1,600円税抜(送料無料)

 

 

>>ワイエスラボの公式サイトを見る

 

 

 

アヤナス

敏感肌、乾燥肌専門のブランドが本気で考えたエイジングケア商品。アルコール、香料、紫外線吸収剤不使用、皮膚科医立会いテスト承認済みで、敏感肌で悩む女性から圧倒的支持を獲得!

 

実年齢よりもっと若く見られたい方の目元、口元のシワ対策におススメです。

 

 

アヤナス10日間トライアルセット
2,700円→1,480円税込(送料無料)

 

 

>>アヤナスの公式サイトを見る

 

 

>>アヤナス愛用の芸能人まとめ一覧

 

 

Coyori

乾燥小ジワなど、自然の「チカラ」でスキンケア!

 

 

Coyori14日間ハリ体験セット
6,166円→1,480円税込(送料無料)

 

 

>>Coyoriの公式サイトを見る

 

 

ファンケル

角質層を整える、無添加セラミド化粧品。潤いが長時間続きます!

 

 

ファンケルアクティブコンディショニング
3,024円→1,510円税込(送料無料)

 

 

>>ファンケルの公式サイトを見る

 

 

オラクル

自社農園で有機栽培によって育てた植物が原料となっているコスメ。

 

70種類以上の植物成分をオリジナルに配合しています、肌質や肌の弱さでお悩みの方に!

 

オラクルトライアルセット
8,000円→1,600円税抜(送料無料)

 

 

>>オラクルの公式サイトを見る

 

 

ファンケル

年齢サインのあらわれた肌を、ハリのあるふっくら肌へと底上げします!

 

ファンケルアクティブコンディショニングEX
3,672円→1,830円税込(送料無料)

 

 

>>ファンケルの公式サイトを見る

 

 

シズカニューヨーク

シミ、シワ対策のWパワー、国内外注目の無添加化粧品!

 

SHIZUKAコース特別価格
9,850円→2,980円税抜(送料無料)

 

 

>>シズカニューヨークの公式サイトを見る

 

 

 

デリケートな敏感肌の方に無添加化粧品の選び方

 

 

 

いつも使っている化粧品が、肌にピリピリ痛い肌がヒリヒリして赤くなる・・・。

 

そのような悩みを抱えている方は、何かしらの理由で肌のバリア機能が弱まり、些細な刺激を受けやすい状態になっています。

 

肌が敏感だから無添加で低刺激のコスメはどういう種類があるんだろう?バリア機能を低下させる原因は、下記のようなものがあります。

 

 

・乾燥

 

 

敏感肌の原因でもっとも多いのが乾燥です。

 

空気が乾く冬だけでなく、エアコン、除湿機等私たちは、1年中水分を失う環境があります。

 

 

 

・加齢

 

 

20代をピークに、肌内部の水分保持能は低下し、慢性的な水分不足になっています。

 

また肌の弾力に必要な、コラーゲンの生成も減少するため、外的刺激から肌を守る防護力も衰えます。

 

 

 

・スキンケア

 

 

肌に適さない化粧水、シャンプーや石鹸、クレンジングなどを使い続けると、肌は過剰なダメージを受け、角質層を傷つけます。傷ついた肌に再び適さない化粧品を、使い続けるため、症状は悪化し、負のループによってバリア機能を破壊します。

 

 

敏感肌を作る原因を今すぐ、排除しなければ取り返しのつかない、肌トラブルに陥ってしまう事もあります。そこで今すぐできる敏感肌対策が、化粧品、クレンジング等の見直しです。

 

以下に、敏感肌やデリケートな肌質の方に、おススメの無添加化粧品の選び方のコツを、紹介しますので、参考にしてください。

 

 

 

敏感肌添加物の関係は?

 

 

 

敏感肌やデリケートな肌質の方が、絶対に注意しなくてはならないのが、5つの添加物です。

 

 

 

シックハウス症候群の原因ともなる、有害な物質を発生させる危険性のある、「防腐剤・保存料」や、アレルギー性皮膚炎の原因となる「合成香料」。

 

 

その他、発がん性などの危険性の高い「合成着色料」、毛穴のつまりや肌へ負担が深刻な「合成ポリマー」、成分が肌に残りやすくバリア機能破壊の危険性が高い「石油系界面活性剤」など

 

 

これらの成分は肌にダメージを与えてしまう事があります。

 

 

しかし、今も尚、多くの化粧品、クレンジング等に使用されているので

 

無添加処方のコスメを選ぶようにしてください。

 

 

保湿成分は?

 

 

 

敏感肌やデリケートな肌質の方に絶対になくてはならないのが「保湿成分」です。

 

 

年齢とともに減少する水分保持能は外から補うほか方法はありません。

 

 

そのため、敏感肌の化粧品選びの2つ目のコツは保湿成分の有無です。

 

 

 

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン海洋深層水、フコイダンなど高保湿成分配合の化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

その他、しっかりメイクをゴシゴシとこすり洗いしている方にはクレンジングの見直しも急務です。

 

 

 

些細な刺激にも過敏に反応する、デリケート肌、敏感肌によるトラブルを、これ以上悪化させないためにも、今お使いの化粧品やクレンジングを見直し、肌に余計なダメージを与えないよう心がけてください。

 

無添加基礎化粧品ランキング|芸能人・美魔女の愛用コスメ記事一覧

合成色素(合成着色料)とは、文字通り、化学的に合成された色素のことで、食品や化粧品等に添加する目的で作られています。使用最大の目的は、「見栄え」のよさ。例えば、食べ物の場合、鮮やかな色味が加わることで食欲を促す作用が高く、化粧品の場合、リップや口紅、チークなど着色を目的に使われます。また、全く色味がない化粧品よりも、見た目にキレイな発色をしている方が「購買欲に作用する」という目的で使用する事も。毒...

界面活性剤とは、本来混ざり合うはずの無い「水」と「油」の両方の性質を持つ物質で、「2つの性質が異なる物質の表面」つまり、界面に作用する物質を総称。それにより以下のような働きが期待できます。スキンケア商品でよく使用される・乳化作用分離する水と油を混ぜ合わせる例:オイルクレンジングや乳液、クリーム等。・浸透作用空気を含んだ繊維などでも水に浸透例:化粧品や美容液、ブースター液など・洗浄(起泡)作用薄い膜...

肌トラブルが心配される防腐剤(パラベン)が、化粧品に配合される最大の理由は、「防腐」。なぜなら、スキンケア成分は、肌の栄養となると同時に、カビや細菌にとっても、この上ない餌に。そのため、化粧品の管理状態等によっては、微生物による雑菌が繁殖しやすいというデメリットがあります。中には、強い毒性を作るカビも含まれるなど、深刻な肌トラブルになるリスクも。加えて、薬事法により、化粧品は、「製造または輸入後、...

化粧品に使われる香料は、「天然」と「合成」の2つ。・天然香料その名の通り、自然界に存在する花や植物、果実、動物などから抽出した成分を使った「天然」そのものの香り。例えば、アロマテラピーなどで使用される精油は、植物性原料の有機化合物。天然香料は、原料がある産地、収穫の時期、採取方法、製造過程等により同じ原料でも微妙に香りや成分の働きが異なるなど、安定性が難しいという特徴があります。しかし人工では、作...

化粧品の裏面で、「ワセリン」「ミネラルオイル」「流動パラフィン」といった成分名を見つけた事はないでしょうか?それは、全て「鉱物油」。石油を原料に、合成・精製した「油成分」の事で、なんと、赤ちゃんが使用するベビーオイルにも使用されています。”原料が「石油」なのに、肌に悪い影響はないのか?”と、すごく心配される方もいるでしょう。確かに、ずっとすごく前であれば、鉱物油によるシミやくすみ等の肌トラブルが数...

人間の手により化学的に合成された色素の事を「合成着色料」といいます。主に、食品や化粧品などの色をつける目的で利用。原料は、食用タール色素(コールタールを原料とする物質)や、それ以外の着色料に分類。食用に使用する場合は、「食品衛生法」で指定され、その扱いが厳しく制限されています。また、合成着色料の一部に、発がん性やアレルギーを引き起こすものも含まれることから、過去に「使用禁止」「自主規制」といった事...

UVケア、UVミルク、ファンデーションなどに含まれる成分で、肌を紫外線から守る、という働きがあります。しかし、紫外線吸収剤が肌にすごく悪い、と言われる理由は、その働き。紫外線吸収剤は、紫外線を一旦肌に吸収して、分解するタイプの日焼止め成分で、取り込んだ紫外線のエネルギーを「熱」や「赤外線」に変換し、放出。それにより、紫外線の影響から肌をがっちり守れる、という特徴があります。・紫外線吸収剤のメリット...

デンプンをアルコール発酵させたり、エチレンという物質をもとに化学合成して作られるのが「エタノール」。アルコールの一種で、作用は次のとおりです。・殺菌や消毒・溶媒(医療用途)・工業原料、燃料病院で、注射をする前に、皮膚を軽くコットンで消毒する・・・あれがエタノール。肌にあたるとひんやりして、揮発しながら熱を奪う、という特徴があります。また揮発性に優れていることで、家電など水に弱い機器の掃除に使用され...