なんでフケて見られるのだろう?

 

>>老け顔解消化粧品ランキングはこちら

 

ボディラインの完成度が高くても、なぜかフケて見られる!?そんな悩みありませんか?

 

実はそれ、顔の至るところにできる「ライン」が原因です。実年齢よりも老けて見える「おばちゃんライン」。例えば、ほうれい線や、ゴルゴ線、マリオネット線・・・などなど。 特に、アラサー世代が敏感に反応する「おばちゃんライン」は、完璧なメイクで隠す事が、とても難しいのが厄介。

 

一時的にメイクで隠せたとしても、年齢を重ねるごとに、どんどんと、そのラインは深く、長く肌に刻み込まれ、他のどのパーツよりも存在感を増してきます。一度できてしまった「ライン」を消すのは、簡単ではありません。

 

ただ、毎日5分続けたら、1年後には、確実にそのラインは薄く短くできます。逆に、わずか5分のケアを怠ると、1年後さらにそのラインは深く濃く長く伸びきり、手術や注射といった方法でしか、改善できないかもしれませんね。

 

「ライン」ができる原因

 

ほうれい線やゴルゴ線の原因は、頬の筋肉の衰えです。つまり、頬のたるみ。

 

この状態で、高い化粧品を使っても、根本的な解決には至らないのが現状。ほうれい線を作らない、目立たなくするには、頬の筋肉を強化することが先決です。

 

「私はまだ若いし、大丈夫」と思っている方は特に危険。スマホやPCそして、ファーストフード(ファストフード)にコンビニエンスストアなど生活環境の変化によって、以前よりも「ライン」が深く刻まれる年齢が若くなっています。今のうちになんとかしなければ、大変な事になりますよ。

 

「ライン」撃退には効果とコスパが重要!?

 

ラインを何とかしたいとはいえ、そこだけに予算をかける事は難しい!なぜなら、シワやくすみ、紫外線対策、ダイエット、アンチエイジングなど、やらなければならない事が一杯。

 

そこで、オススメなのが、安く、しかも絶大な効果が得られるアイテムを活用する事です。私が今回注目したのは、200円以下で購入できるこんな「ライン」対策グッズです。

 

一つ目が、「ふうせん」100円ショップでも手軽に購入できる風船は、「ライン」対策に最適。風船を口に加えて、ふーっと息を吹き込み、膨らませる。ただそれだけで、表情筋を鍛える事ができます。

 

口にくわえるだけなので、テレビを見ながら、本を読みながら、料理をしながら、と「〜ながら」運動が実現できます。次にオススメなのが、「ペットボトル」この方法は、美魔女医で有名な宝田恭子先生オススメの方法。空のペットボトル500ccに100ccの水を入れて、唇でくわえて、息を吸ったり吐いたりするだけ。

 

ただ、5分ほどくわえるだけでも表情筋を鍛えるのに効果絶大だとか。500ccのペットボトルも120円から200円以下で購入できるので、コスパも絶大です。

 

紹介した二つの方法の注意点は、長くやりすぎない事です。表情筋の運動を長時間やりすぎると、無用な活性酸素を生み出すのでNG。1日5分を目安にこつこつ続けてみて!この方法は、「ライン」改善だけでなく、小顔効果も目指せるので、早速実践してください。