「シミ」とは?原因は?

 

シミの原因って?

 

色々ありますが、中でも最も大きな要因となるのが「紫外線」です。

 

何気に体に浴びている太陽には、UVと呼ばれる紫外線が含まれています。

 

 

紫外線を浴びた皮膚は、その刺激から肌細胞を守るため、メラニン色素という物質を大量に作ります。

 

 

メラニン色素によって作られた物質は、黒く、それによって、紫外線の影響が肌の奥まで届くのをブロックしているのです。

 

 

しかし、このメラニン色素が大量に作れてしまうと、皮膚内部に「シミ」として定着します。

 

 

なぜ皮膚内部で定着するの?

 

紫外線を浴びる事で作られたメラニン色素は、本来「ターンオーバー」という肌の生まれ変わりによって、排出されます。

 

 

しかし、不規則な生活習慣や寝不足、ストレスや加齢等により、「ターンオーバー」のサイクルが乱れるとシミとして肌に残ってしまうのです。

 

 

本来28日周期で生まれ変わる肌細胞は、年齢と共にサイクルが乱れ、40代以降では、実に40日以上の時間がターンオーバーにかかる、と言われています。

 

 

その結果、紫外線をちょっと浴びただけで、シミが大量に残りやすいという事になるのです。

 

 

おススメ!「シミ」を作らない定着させないエイジングケア

 

「シミ」を作らない、残さないためには、如何にしてメラニン色素をコントロールするか、がポイントとなります。

 

そこで、タイプ別に最適な成分を紹介します。

 

 

タイプ1

 

紫外線を浴びた肌内部では、メラニン色素が大量に分泌されます。

 

その時、過剰な生成を抑制しなければ、「シミ」の原因となるので、まずは、生成をしっかりコントロールしましょう。

 

「メラニン色素の生成抑制」成分は

 

・エグラ酸
・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・プラセンタエキス
・トラネキサム酸
・ハイドロキノン
・リノール酸

 

 

 

タイプ2

 

続いて、メラニン色素をつくれ!と命令する機能を阻害し、メラニン生成を抑制しましょう。

 

おススメの成分は

 

・カモミラET
・t-AMCHA(トラネキサム酸)

 

タイプ3

 

最後は、分泌されたメラニン色素を肌に定着させず、排出するのに有効な成分で、肌の生まれ変わりを促進しましょう。

 

おススメの成分は

 

・4MSK
・ビタミンA
・成長因子

 

おススメ!「シミ」エイジングケアに最適な食べ物

 

 

化粧品などのスキンケアだけでは、「シミ」対策は、完璧とはいえません。

 

 

やはり、体の内側からのケアも不可欠なので、毎日の食事を早速見直しましょう。

 

 

・ビタミンA(メラニン生成を抑制)

 

カラフルなお野菜(緑黄色野菜)、卵や乳製品

 

・ビタミンB(ターンオーバーの促進等)

 

レバーや肉、魚類、卵、納豆などの豆類

 

・ビタミンC(メラニン生成の抑制、ターンオーバー正常化)

 

サツマイモや赤ピーマンなどの紅い食べもの(ポリフェノール豊富)、ブロッコリー等

 

・ビタミンE(ターンオーバーの促進、メラニン生成抑制)

 

アーモンドなどのナッツ類、アボガドやゴマ類

 

 

関連ページ

 

>>エイジングケア化粧品ランキング