レシチン 

レシチンの効果

 

アルツハイマー型認知症を予防

 

 アルツハイマー型認知症の原因の1つに脳内神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減ることです。アセチルコリンはコリントアセチルCoAからできていますが、コリンはレシチンからできています。材料であるレシチンやコリンが不足すると、神経伝達物質が生成されなくなってしまうため、徐々に記憶力の低下や認知症などを引き起こします。

 

出典:健康長寿ネット

 

 

 

 

 

 

 

レシチンは細胞膜の主成分

 

60%が水でできているヒトのからだを、きちんと区切ってくれているのが細胞膜です。細胞膜はタンパク質と脂質でできています。

 

細胞膜は、「区切る」だけでなく、からだの情報を伝えたり、必要な物質を通して要らない物質を通さないようにするなど、とても大きな役割をしているものです。私たちは、この細胞膜が健やかでいてくれるおかげで、毎日を無事送ることができています。

 

そして、レシチンはこの細胞膜の主役になっている成分です。

 

出典:オーソモレキュラー栄養学研究所

 

 

 

 

 

 

 

レシチンにはこんな効能が!

 

「レシチンは記憶力によい」という話はよく耳にしますが、レシチンは記憶をつかさどる伝達物質、アセチルコリンの材料でもあります。つまり、レシチンが欠乏していると神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減ってしまい、情報がうまく伝達しなくなってしまいます。それが記憶力の低下につながるのです。

 

出典:さぽナビ

 

 

 

 

 

 

 

レシチンは体によいか?

 

いわゆる健康食品として市販されているレシチンは大豆油製造工程の副産物を製品化した大豆レシチンが多いようです。レシチンを摂取すると記憶力が向上し、痴呆の予防、治療に有効であるとかいわれているようです。

 

出典:上毛新聞

 

 

 

 

 

 

 

レシチンを多く含む食品には、鶏卵・大豆・ウナギなどがあります。サプリメントとしては、大豆レシチンや卵黄レシチンがよく知られています。どちらも性質に違いはありませんが、前者は肝臓を守る効果が高く、後者は認知症予防に効果が高いと言われています。

 

出典:健康を維持するためにレシチンを効率的に摂取しよう

 

 

 

 

 

 

 

脳の若返り栄養素「レシチン」の基礎知識

 

脳に期待できる効果

 

記憶力や集中力をアップさせる
アルツハイマー病や認知症の予防
発達障害の落ち着きのなさ、言葉の遅れのある時に
お子様の成長サポートに
その他、動脈硬化予防、肝機能改善、糖尿病緩和などにも効果あり

 

出典:頭スッキリ活性化!脳のサプリメント最前線

 

 

page top