美魔女 化粧品

頑張りすぎるスキンケアは肌に負担がかかる

 

肌の衰えは気になってしまいます。そこでパックやマッサージと頑張ってみても、正直、結果を実感する前に疲れていき、スキンケアを放棄したくなってしまう…ということも多いものです。確かにパックもマッサージもアンチエイジングに効果的ですが、自分が疲れてしまうのではよくありません。

 

いくつもの化粧品を使ってスキンケアすることが楽しいなら苦にもならないでしょう。でも目的が違う化粧品を毎日いくつも使うのは肌には負担が多くなります。だから少し「ゆるい」感覚でスキンケアを行ってもいいのです。

 

自分のスキンケアメニューを組んでみる

 

スキンケアは肌を好ましく整えるためにあります。1回のスペシャルケアより、毎日の保湿ケアのほうが結果的には若々しい肌をキープしてくれます。だから少し「ゆるい」くらいの考えでいいのです。

 

「ゆるい」スキンケアはサボることではなく、基本的なスキンケアの継続を言います。スペシャルケアは時間と心に余裕があるときだけ行い、毎日のスキンケアはシンプルに行うことで充分なのです。

 

美白ケアも毎日の継続がものを言いますが、紫外線対策に勝る美白ケアはありません。ですから自分なりのスキンケアのメニューでは自分に心地いいものをピックアップすると肌に負担もかかりませんし、しかも継続が簡単です。

 

ですから美白ケアもしたいけれど、肌のハリをキープさせるほうが重要とお考えなら、スキンケアでもアンチエイジング効果の高いものを使います。さらに使うアイテムも厳選して、ポイントを押さえて選びましょう。

 

「それでは肌が一気に老けそう!」と思うかもしれませんが、数多くの化粧品を毎日重ね使いするほうが肌トラブルを生みやすいというデータもあります。むしろ厳選した自分にしっくりくるアイテムを選んだメニューのスキンケアのほうが快適ですし、負担も減ります。

 

「ゆるい」スキンケアだから今の肌の維持を考えられる

 

一見、「これで平気なの?」と思える「ゆるい」スキンケアですが、厳選したアイテムを使って、ベーシックなお手入れを実践していれば問題はありません。

 

早い話がクレンジングを丁寧に行い(肌や好みによってはふき取りクレンジングでも可)、心地よく洗顔をしたら、化粧水にクリームだけ、という形でもいいのです。

 

まず自分の肌のコンディションを把握しつつ、スキンケアのメニューを変更してもいいのです。漠然とすべてのアイテムを使うのではなく、今の肌にフィットするアイテムを厳選して使うだけでいいと「ゆるい」感覚でお手入れしましょう。

 

とはいえ肌悩みが深刻な場合は皮膚科で相談をしてみることをおすすめします。肌悩みが深刻だとスキンケアを頑張りすぎやすいものです。

 

肌悩みがスキンケアで回復するかどうかも判断したほうがストレスになりません。ストレスもアンチエイジングの敵です!

page top