豆乳石鹸 効果

豆乳って?そんなにすごい効果があるの?

 

 

赤ちゃんの肌にも安心して利用できるほど、肌に優しい豆乳石鹸は、畑のお肉「大豆」が原料です。

 

現在多くの豆乳石鹸製品が誕生していますが、中でも「どろあわわ」は、使うほどにワントーン明るい肌になると評判で、多くの方に選ばれています。

 

豆乳石鹸の原料になる大豆には保湿や美白、ハリツヤアップに最適なサポニンやレシチン、ビタミンEなどの美容成分豊富に含有され、メラニン色素の生成を抑制し、シミやクスミ予防に抜群の効果が期待できます。

 

 

中でも大豆イソフラボンは、女性ホルモンエストロゲンととても良く似た働きがあり、ターンオーバー活性化に欠かせない成分です。

 

ターンオーバーは、肌の弾力に必要なヒアルロン酸やコラーゲンの生成にも深く関わるため、加齢によって機能が低下するとシミやクスミ、たるみやシワといったトラブルが多く出現する原因となります。

 

そのため、大豆イソフラボンは、年齢肌対策を考える上で、なくてはならない成分なのです。

 

豆乳石鹸を作ってみよう!

 

 

豆乳を配合した石鹸は、数多く販売されていますが、手間をかければオリジナルの豆乳石鹸を作ることが出来ます。
用意するものは、

 

・材料を混ぜいれる容器(中身をしっかりと乾かしたペットボトルがおススメ)
・成分無調整の豆乳
・精製水
・食用オイル(オリーブオイルとか)
・苛性ソーダ

 

豆乳と精製水、苛性ソーダをペットボトルに入れてよく混ぜます。ソーダがとけたらオイルを入れて、さらに混ぜ、3,4日寝かせます。

 

 

素手で触れないように注意し、型で石鹸の形を作り、1ヶ月ほど乾燥させたら完成です。って、意外と大変な作業ですよね。

 

でも良い材料を揃えれば、それなりに美肌効果の高い豆乳石鹸を作ることもできるので、ワケのわからない市販品を使うより手作りは断然おススメです。

 

ただ、コストも手間もかかるので、どうしても市販品を利用したいという場合は、「どろあわわ」のように信頼と実績、評判の高い豆乳石鹸を選ぶようにしてください。

 

豆乳の美肌効果について

 

 

古くから健康食品として身近に存在する豆乳は、飲むだけでもコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果に優れた食品です。

 

また、お豆腐つくりの職人さんの手が真っ白で、透明感のある肌質であることから、肌に触れるだけでも、美白効果が得られると、話題を集めています。

 

 

実際に豆乳石鹸を約1ヶ月使い続けた方のほとんどが、肌色が明るくなった、毛穴が引き締まった、キメの整った等の効果を実感している事からも、美肌効果に優れている事が分かると思います。

 

さらに、豆乳石鹸は、保湿効果も高いので乾燥肌や敏感肌の方でも肌質改善に安心して利用できますよ。

 

page top