豆乳 美容効果

美白、脱毛、スタイル維持に最適な豆乳美容

 

大豆を原料とする豆乳には、以下のような成分が含まれています。

 

・大豆イソフラボン

 

女性ホルモンエストロゲンととてもよく似た化学構造を持つ成分で、女性特有のトラブル対策に最適。特にエストロゲンの減少が著しい30代以降に目立つ、冷え性、肩こり、更年期障害、肌のシワ、たるみやくすみ、肥満、イライラ、骨粗しょう症などの予防、改善に注目されています。

 

・レシチン

 

血管壁にこびりついたコレステロールや血液の中性脂肪を除去する働きを持ち、血液をサラサラに維持します。また毛穴詰まりを予防し免疫力を高める作用にも優れているため、にきび、肌荒れ予防にも最適。

 

ちなみに、レシチンは、うつ症状の緩和、認知症予防にも注目されています。

 

・サポニン

 

脂肪の蓄積を防ぎ、食欲抑制に有効な成分で、ダイエットに最適。豆乳にはサポニンの働きをサポートするビタミン郡もバランスよく含有。

 

・ビタミン類

 

コラーゲンの生成を助けるビタミンC、抗酸化作用のビタミンE等を豊富に含有。

 

おススメ!豆乳を使った美容方法

 

■スタイル維持、ダイエットに!

 

豆乳に含まれるサポニンは、肥満防止作用が高いので、食前20分前に摂り入れるのがおススメ。また食欲抑制作用もあるので、間食がやめられない、暴飲暴食が気になる方は、おやつ代わりにしたり、置き換えダイエットに用いるなどの方法がおススメ。

 

■美白、脱毛効果に!

 

女性ホルモンエストロゲンと似た構造の大豆イソフラボンには、シミやくすみ、黒ずみ改善や毛の成長を抑制する働きがあります。そのため、肌に直接塗布することで、美白、脱毛効果が得られます。

 

また毛穴の詰まりも予防するのでニキビケアにもおススメです。豆乳入りローションの作り方は簡単です。

 

無調整の豆乳500mlに皮を取り除いたレモン2個分の果汁を投入します。さらに消毒用エタノールを50から60ml混ぜて完成です。

 

化粧水として肌に直接つける、または、ムダ毛の気になる部分につけてください。

 

特にワキのブツブツや毛穴の黒ずみ、イチゴ鼻、頬が気になる方は、入浴後に塗布することで、効果は絶大です。

 

ただし、保存期間が短いので、冷蔵保存で1ヶ月で使い切るようにしましょう。

 

■冷え性・むくみ対策に!

 

冷え性や足、顔のむくみを改善したい方は、夜ホット豆乳ドリンクがおススメです。豆乳に含まれる大豆たんぱく質がゆっくりと消化されるので、夜に摂り入れることで、食欲を抑えることができるほか、体をぽかぽかと温め、さらにデトックス効果もグッとアップするので、大変おススメ。

 

そのままレンジでチンするだけでもいいのですが、もっと美味しく美肌効果を高めるには、きな粉とハチミツをトッピングするのが最適。コップ1杯にきな粉大さじ2、はちみつを少量入れて、電子レンジで温めるだけです。

 

さらに、酒かすを大さじ2杯ほど入れると美肌効果がパワーアップしますよ。ぜひお試しください。

 

page top