トラネキサム酸ってどんな成分?どんなメリットがあるの?

 

 

トラネキサム酸とは、抗プラスミン作用に働きかける薬用アミノ酸で、もともとは、止血剤として医療の現場で使われていました。
抗プラスミンとは、血液が固まるのを防ぐ働きをもち、安全性も高く様々な出血に広く活用されています。

 

また、トラネキサム酸は、湿疹や蕁麻疹、喉の痛みや口内炎など炎症を防ぐ作用も高く、現在内服薬、外用薬の2種類が存在。

 

・シミに対する効果

 

そんなトラネキサム酸が、美容面で、一躍注目を集めるようになったのが、シミに対する効果です。
シミは、紫外線や摩擦などの刺激により肌細胞に大量のメラニンが作られ、蓄積されるのが原因です。

 

トラネキサム酸は、この

 

「メラニンが作られる働きをブロック」

 

する作用に優れ、頑固なシミの予防や改善、ニキビ跡やさらには、頬に大きく広がる「肝斑」などのシミに対しても高い効果があるとして、人気を集めています。
しかも、内服薬、化粧品等に配合されるタイプと、あらゆる角度からシミケアができるのが魅力です。

 

【トラネキサンム酸って安全?副作用の危険性は?】

 

あらゆるシミの改善、予防に高い効果を発揮する「トラネキサム酸」ですが、肌に良いことばかりではありません。
トラネキサム酸の美白効果を安全にかつ正しく活用するためにも、デメリットをしっかり理解しておきましょう。

 

もともと止血剤として使われていた成分なので、服用することで、血が固まりやすく、結果、血栓ができやすい、という報告もあります。
特に、内服薬としてトラネキサム酸を長期使用した場合、血が溶けにくくなる、というケースもあるので、使用の際は、十分な注意が必要です。

 

また、稀に、脳梗塞や心筋梗等の病気を引き起こす可能性もゼロではありません。
現在病気治療中の方、通院中の方、体調に不安を感じている方、現在使用中の薬がある、という場合は、必ず、医師に相談の上利用してください。

 

トラネキサム酸は、厚生労働省も認める美白成分です。
効果がく高い分、副作用のリスクも少なからず存在するので、今一度、トラネキサム酸のデメリットを理解するようにしましょう。

 

特に内服で利用する場合は

 

・病気、体調不良を抱えている方は、必ず医師に相談する
・服用中のお薬との相性が悪い場合もあるので、担当医師に相談する

 

トラネキサム酸は、現在、化粧品等にも配合され、ホームケアでも手軽にその効果が実感できます。
他の美白成分と比べ、やや価格は高くなるものの、肝斑を含む様々なシミ、美白に効果があります。

 

今お使いの美白化粧品では、物足りない、医薬品レベルの美白成分を試してみたい、という方は、この機会にトラネキサム酸配合の美白化粧品をお試しください。