トマト 美容効果

毎日コツコツ続けるのがトマト美容のコツ!

 

医者いらいず、という言葉で例えられるほど、栄養価の高いトマト。真っ赤なあのボディには、美肌を考える上でなくてはならない魅力的な美容成分がたっぷりと凝縮されていました。

 

では、実際にどのような美容効果があるのかを紹介します。

 

トマトの真っ赤な成分「リコピン」

 

■抗酸化作用

 

トマトといえば、「リコピン」強力な抗酸化力を持ち、老化の原因となる活性酸素を除去する機能に優れています。

 

その効果は、ベータカロテンの2倍、ビタミンEの100倍という驚きの除去力。真皮細胞にダメージを与えて、肌の老化を加速させる紫外線の影響から肌をしっかりガードし、乾燥などのトラブル回避に最適。

 

■コラーゲンの合成を促進しメラニンの合成を抑制

 

リコンピンの効果は、抗酸化作用だけでなく、コラーゲンの働きをサポートし、皮膚や粘膜を整える作用、さらにメラニンの合成を抑制する作用に優れているので、美白効果が高いことでも有名。

 

■皮膚や粘膜の健康に最適

 

トマトにはリコピンと相性の良い成分がバランスよく含有。抗酸化、メラニン色素抑制に優れたビタミンC、皮膚や髪の毛の健康に必要なビオチン、血管の強度に必要なビタミンP、炎症抑制のビタミンB6などがたっぷり含まれています。

 

トマトの美容効果に最適な取り入れ方

 

美容効果に優れたトマトの「リコピン」ですが、体内で生成できず、摂取したリコピンは、一定量以上しか体内に蓄積できないという、大変デリケートな成分です。

 

そのため、絶えず摂り続けることが美肌維持のポイント。そこでおススメなのが、毎日の食生活に無理なく取り入れること。

 

■生よりも加熱トマトが美容効果が高い!?

 

生のトマトよりも、加熱したほうがリコピンの吸収率が高まります。さらに、オリーブオイルやアボガド、鶏肉との相性が抜群なので、軽く炒めてサラダやパスタに活用するのがおススメ。

 

■トマトを潰す!?

 

トマトのリコピンは、食物繊維にがっちり守られています。そのため、トマトを噛み砕いただけでは、せっかくの食物繊維の効果が十分に得られません。

 

特に便通改善やダイエット効果を高めたい場合は、トマトをミキサーで粉砕するか、もしくはトマトジュースを取り入れるのが最適。

 

■目安は1日15mg

 

トマト大きめなら1個、プチトマトで15個程度、トマトジュースならコップ1杯程度。トマトケチャップでもリコンピンの摂取は可能ですが、塩分が多めに含まれるため、50g程度(大さじ4杯程度)に抑えておくようにしましょう。

 

トマトは、さまざまな調理に活用できる優れた食材です。毎日の食生活に無理なく取り入れることで、年齢に負けない美肌、美容、健康を手軽に維持できるかもしれませんね。

 

ちなみに、トマトは真っ赤であればあるほどリコピン含有量が多くなるので、真っ赤なトマトを選んでね。

page top