頬に影ができた

リスクは少なく効果は絶大の「ハイドロキノン」

出産前後頬に現れる影。
その原因は、女性ホルモンの乱れです。

 

腰痛や肩こり、背中の痛みと同じくらい出産前後の多くの女性を悩ませているトラブルの一つです。

 

【なぜ?女性ホルモンが乱れると頬の影が濃くなるの?】

 

エストロゲンは、女性らしい身体のためには無くてはならない女性ホルモンです。
ふっくらとした肌、上向きのバストやヒップ、そして、肌の弾力やハリに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成等に深く関わっているのがエストロゲンです。

 

そのため、エストロゲンの減少は、美肌、美ボディに、大変深刻な影響を与えることは、一目瞭然。
肌の弾力の低下、乾燥にとどまらず、バリア機能の低下が発生し、メラノサイトが活発になります。

 

メラノサイトは、低下したバリア機能に変わって、紫外線から肌を守る物質ですが、メラニン色素を大量に分泌するため、シミやくすみ、そばかすなどの原因となるのです。
出産前後に頬の影が濃くなるのは、エストロゲンの減少によるメラノサイトの活性化が原因です。

 

【出産前後の頬の影を治すには?】

 

妊娠出産によって乱れたホルモンは、産後1ヶ月から半年かけて次第に元通りの状態に戻ります。
そのため、時間の経過とともに、気になる頬の影も次第に治ることもありますが、人によっては、頬の影がそのまま定着することも。

 

またホルモンバランスの乱れによる頬の影、シミやそばかすが濃くなるという症状は、毎月1回の生理前後、ストレスや寝不足、加齢などさまざまな要因になるので、出産前後の女性に限らず、少しでも頬の影が濃くなった、最近シミが気になる、という症状に気づいたら、素早くケアしなければいけません。

 

そこでおススメしたい成分が、「ハイドロキノン」です。
肌の「漂白剤」と呼ばれ、その効果はアルブチンやコウジ菌の10倍から100倍とも言われています。

 

ただ、メラニン色素に対する働きがあまりにも強いため、数年前までは、医師の管理下でしか、取り扱いが認められていませんでした。
しかし、2001年の規制緩和により、各メーカー責任のもと化粧品への配合が可能となり、数多くのハイドロキノン配合コスメが誕生しています。

 

中でも人気なのが、アンプルールです。
人気の理由は、配合量。

 

ハイドロキノンは、取り扱いが難しく、量が多すぎると白班などのリスクが高まり、少なく過ぎると当然十分な効果は得られません。
特に、出産前後の女性の体は、とてもデリケートで、些細な刺激が大きなトラブルを引き起こす要因になりかねません。

 

アンプルールは、ハイドロキノン配合コスメの中でも、もっとも適正な2.5%という配合量で、どなたでも安心して使えるのが、人気の秘密。
しかも、「新安定型」という独自の技術によって、熱と光に弱い、ピリッとした刺激、というハイドロキノンの2つのデメリットを上手くカバーしているので、肌に優しく、短時間で美白効果が実感できる、という何とも嬉しい効果が得られるんです。

 

肌質問わず、安心して医療用レベルの美白効果が実感できるなんて、すごくうれしくないですか?
ただ、乱れた女性ホルモンを整えなければ、根本的な解決にはならないので、アンプルールを使いつつ、食事、睡眠、適度な運動などホルモンバランスの乱れを引き起こさない生活習慣にも気をつけなければいけませんね。

 

page top