美魔女 化粧品

レチノールってどんなものなの?

 

まず知っておくべきことは、レチノールとは何かということです。レチノールはビタミンAの一種で、人間の体内にもあります。ビタミンAの一種ということもあり、油溶性という性質があって、クリームや美容液に配合されることが多くあります。

 

肌のターンオーバーを正常化させるだけではなく、肌の弾力性を支えるコラーゲンを増やす性質を持っていて、まさしくアンチエイジングのためにある美容成分といってもいいですね。肌をふっくらさせつつ、なめらかにさせ、色も明るくできるというわけです。

 

ですから年齢で肌悩みが増えてきた場合、レチノールは肌へマルチに働く効果を期待できるので、配合されている化粧品は頼りになります。それに最近では手軽に使えるタイプのレチノール配合クリームも増え、アンチエイジングのために用意して損はありません。

シワとシミに効果が期待できる理由

 

レチノールがシワに効果を発揮するメカニズムをご紹介します。加齢によるシワは乾燥ではなく、肌内部のコラーゲンが弱って、さらに減っていくことで起こるものです。

 

レチノールを使うと、肌のターンオーバーが正常化され、コラーゲンも増えていきます。すると肌にハリが回復し、シワが目立たなくなっていくのです。

 

シミもレチノールのターンオーバーを正常化させることで、目立たなくなっていきます。メラニン色素を含んだ角質がターンオーバーではがれていき、シミ自体をなくすようにレチノールが働きかけるのです。

 

シミの原因であるメラニン色素を排出させるという形でシミを目立たなく変えてくれますから、美白ケアと合わせ技を試すといいですね。

もっとアンチエイジング効果を、とお考えならレチノイン酸を!

 

レチノールはアンチエイジング効果を発揮してくれる美容成分です。

 

目元の気になるシワにも、もちろん効果を期待できます。アイクリームでも特にシワ対策をお考えであれば、レチノール配合のものがおすすめです。

 

もっとシワを効率よく減らし、ぴんとした肌に、とお考えであれば、レチノールをさらに強力に効くようになっているビタミンA誘導体のレチノイン酸を試すこともいいですね。ただレチノイン酸は皮膚科で処方する薬剤ですから、きちんと肌の状態を専門医に相談する必要があります。

 

また化粧品に配合されているレチノールでも刺激が少しありますが、レチノイン酸はもっと刺激が強いという特徴があります。でも肌内部の繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを増やす効果も、シミの原因であるメラニン色素の排出も早くなる効果があるのです。

 

気になる方は美容皮膚科でご相談してはいかがでしょうか。

page top