納豆 美容効果

美容がパワーアップする「夜納豆」のワケ

 

アツアツのご飯との相性抜群の納豆。これさえあれば、大丈夫って方もいるのでは?

 

栄養価が高いことはさることながら、美容効果がすごいことも、すでに知っていますよね。

 

でも、もしかすると、食べ方が間違っていることで、納豆の優れた美容効果を存分に活用できていない方も少なくありません。

 

今回は、すでに多くの方が活用しているであろう、納豆の美容効果と取り入れ方、食べ方などを改めて紹介します。

 

納豆を食べているのに、思うように美容効果を実感できない、という方は、今一度納豆の活用方法を見直してみてね。

 

大豆イソフラボンたっぷりの納豆

 

と、その前に、納豆のすごい美容効果を簡単に紹介します。なんといっても注目は、大豆イソフラボン。

 

女性ホルモンとすごく似た作用の大豆イソフラボンは、コラーゲンの合成を促進したり、肌細胞の新陳代謝を助けたりと、肌が常にみずみずしく若くハリ弾力のある状態を保つのに絶対に必要な成分です。

 

また、バストやヒップ、ウエストラインなど、女性らしくしなやかで、柔らかいボディキープにも、重要な働きをします。

 

女性ホルモンは、加齢とともに減少し、40代、50代では20代のピーク時の半分にも減少するといわれています。

 

女性ホルモンの減少は肌トラブルだけでなく、女性らしい体型を崩したり、肥満や更年期障害などの原因にもなるので、納豆を上手に取り入れて足りない分を補いたいですよね。

 

そのほかにも血行促進作用の「リノール酸」、脂肪分解に役立つ「ビタミンB2」、抗酸化物質の「ビタミンE」なども豊富に含有。

 

「夜納豆」って何でいいの?

 

それは、寝ている間に活発になる成長ホルモンがカギを握ります。

 

成長ホルモンは、体内で生成されるホルモンの一つで、アンチエイジングやダイエットに抜群の作用があります。

 

成長ホルモンの働きが活発になるほど、肌細胞の生まれ変わりのサイクルが正常に整い、シミやシワ、たるみを改善し、10代、20代のようなみずみずしい肌がキープできます。

 

またナットウキナーゼには、血栓を分解し、代謝機能を活発にする作用があり、寝ている間に脂肪を効率よく燃やして痩せやすい体質を作ります。

 

「夜納豆」のやり方

 

おススメのポイントは3つ。1つは、納豆をしっかりと混ぜること。

 

混ぜることで、納豆菌が活発になり体へ吸収が高まります。

 

2つ目は、キムチをトッピング。

 

キムチの乳酸菌と納豆の納豆菌との相性は抜群で、腸内環境正常化に最強のタッグ。
一方、キムチのカプサイシンと納豆のビタミンで新陳代謝を促進し、脂肪燃焼効果も高まります。

 

3つ目は、就寝の4時間前に食べるのがベスト。

 

納豆の美容効果が活発に働くのが、食後4時間から8時間と言われています。

 

ただ、納豆は、1パック100カロリーと意外と高カロリーなので、あつあつのご飯と一緒に食べる方は、食べ過ぎに注意してくださいね。

 

 

 

 

 

page top