美魔女 化粧品

夏の乾燥が引き起こすこわーい肌トラブル

 

汗がダラダラと流れ落ちる「夏」は、脂で肌は常にベタついて嫌だ・・・そんなイメージがありませんか?

 

しかし、意外かもしれませんが、夏でも肌は、乾燥します。いや、夏こそ保湿に十分気をつけなければならない程、肌が乾燥します。

 

肌のベタつきやニキビ、くすみにシワ、たるみ等の肌トラブルに悩まされている方は、間違った夏のスキンケアが原因と考えられます。今回は、その原因と対策を紹介します。

 

ところで肌が乾燥するとなぜ悪いの?

 

乾燥が肌に悪い事は知っていますよね?まず肌のバリア機能が低下します。

 

人間の肌は、水のベールによって、紫外線やほこり、菌などの外敵から肌が守られています。しかし、肌内部の水分量が減ると、強固なベールから軟弱なベールと変化し、些細な外敵の侵入を許してしまいます。

 

その結果、くすみ、シミを作り、さらには肌のハリ、弾力を維持するコラーゲンを破壊し、たるみ、ほうれい線などエイジングにも悪い影響を与えます。次に、ニキビ肌になります。

 

「脂っぽい=ニキビ肌」と勘違いしている方も多いようですが、実は乾燥は、にきび肌を作る最たる要因です。

 

乾燥しすぎると「肌を守らなければ」という使命感から、大量の皮脂を分泌します。そのため、夏の暑さでベタつく肌を過剰にゴシゴシと洗うことで、肌の水分が失われ、乾燥が一気に深刻になります。

 

また、「ベタつくから、夏は化粧水だけ」という方も多いようですが、それがさらに乾燥を悪化→大量の皮脂を分泌→過剰な洗浄→乾燥→皮脂の大量分泌といった悪循環を生んでしまうのです。

 

夏でも肌が乾燥する原因と対策

 

では、夏に肌乾燥を引き起こす原因を考えて見ましょう。まず、もっとも考えられるのが、紫外線の影響です。

 

肌老化の原因のおよを8割が「光老化」つまり、紫外線です。紫外線を肌に直接浴びると、肌の保湿力がダウンし、肌はみるみる乾燥します。

 

紫外線による影響を軽減するには、しっかりとしたUVケアが必要です。次に室内外の気温差による肌への負担です。

 

気温や湿度などの温度変化は、肌のターンオーバーを崩し、さらには肌の水分を奪ってしまいます。それに加え、ストレスや食生活の乱れ、寝不足、加齢に喫煙、飲酒などもコラーゲンを生み出す繊維芽細胞を破壊し続けるので、ハリや弾力を失う原因となるでしょう。

 

これらの原因による乾燥から肌を守るには、ただ外から潤すだけではダメ!肌内部の保水機能を向上しつつ、外からの刺激にもしっかり対応できる基礎化粧品でのケアが断然必要です。

 

それに適したのが、「アナヤス」です。セラミドナノスフィアという成分は、肌表面をラップのように包み込むだけでなく、高浸透、高保湿成分で肌内部をみずみずしく潤してくれます。

 

さらに、自活保水能を活発にし、コラーゲンの産生量を従来の170%まで引き上げてくれます。すでに、夏の乾燥によるダメージで赤みやかゆみなどのトラブルが発生している方でも安心の、厳選された高純度の天然由来の高純度のエキスが配合されているので、40代以降の「肌のゆらぎ」で悩んでいる方も最適です。

 

今、お使いの基礎化粧品では、「夏の乾燥肌ケアが十分ではない!」と感じている方は、一度「アナヤス」を試してみるのもいいかもしれませんね。以上のように、夏でも肌は乾燥します。

 

正しく対処できなければ、秋、冬へと引き続き悪い影響を及ぼすので、夏には夏に適してスキンケアを正しく取り入れるようにしましょう。

 


>>アヤナスの公式サイトを見る

page top