美魔女 化粧品

「消えないゴムあと」は肌からのSOS?

 

一度ついたらなかなか消えないマスクのゴムの後って本当にやっかいですよね。
出先に着用したら、帰宅時まで簡単に外せない、って方多いのではないでしょうか。

 

「でも、それって、みんな同じでしょ!」と思ったら大間違い!
長時間のマスクでも、全くゴム後がつかない人もいるのですよ。

 

その違いは、一体なんだと思いますか?
その原因を知り、早くなんとかしなければ今後深刻な肌トラブルが出現します。

 

ゴム後に心あたりのある方は以下に紹介する原因と対策をよく理解し、早速実践してね。

 

【原因1・弾力不足】

 

肌の弾力やハリに必要なコラーゲンは真皮細胞で誕生。
しかし、その産生量は、20代をピークに減少します。

 

そのため、加齢とともに肌の押し返す力が弱り、マスクのゴムごときの圧に耐えられないのです。
それを改善するには、外から減少するコラーゲンを補う必要があります。

 

ただ、コラーゲンを作り出す真皮、その中の繊維芽細胞は、肌の奥深いところに存在するため、一般的な化粧品の成分では、直接アプローチできないのが現状。
しかし「アスタリフト」なら、繊維芽細胞のケアに最適。

 

その理由は、一般的なコラーゲンよりも、浸透性、密着性、持続性に優れている3種のコラーゲンを配合しているため、繊維芽細胞をしっかりケアできます。
繊維芽細胞の活性化は、コラーゲンの産生量を高めるため、肌の弾力、ハリが蘇ります。

 

【原因2・乾燥】

 

次に乾燥です。
健康的な肌は、たっぷりの水分を蓄えているため、ぷるんぷるんの弾むような弾力があります。

 

そのため、長時間顔に圧がかかっても、数分、いや数秒足らずで元通りのふっくらみずみずしい状態に戻ります。
しかし、水分が不足したパサパサの肌は、肌を押し返す力が弱いため、マスクのゴムのあとだけでなく、笑ったり、目を大きく開くなど表情筋を少し使っただけでも、シワとなって刻まれてしまうのです。

 

イメージしてください。
乾燥した紙を軽く手でぐしゃっと握っただけで、一面シワだらけで、元通りには戻りませんよね、あれと同じことが肌で起こっているのです。

 

それを改善するには、徹底した保湿が重要。
ただし、重度の乾燥肌の場合、一般的な化粧品では、もはや手遅れ。

 

「アスタリフト」のように乾燥で硬化した肌でもしっかり浸透、すばやく実感できるナノ技術の美容成分でなければいけません。
また、乾燥を繰り返していると極度の敏感肌になっている可能性も高いため、「アスタリフト」のヒト型セラミドや親和性の水溶性コラーゲン等アレルギーのリスクが少ない成分がおススメ。

 

どうですか?
マスクのゴムのあとがなかなか消えない上記2つの原因に思い当たるふしはありませんか?

 

この症状をそのままにすると、歳を重ねるたびに「ゴム後が消えない」だけでは済まされない状況に陥るので、今のうちに対処してくださいね。

page top