キャベツ 美容効果

ダイエットに美肌、バストアップまで!

 

キャベツといっても、60種類以上の品種があるといわれています。そのため、季節問わず、スーパーで目にしない日はない!という程、手軽に美味しく頂けるキャベツ。

 

ヘルシーで、いろいろな料理に活用できることから、ダイエットに愛用中って方も多いのでは?でもね、キャベツは、ダイエット効果に優れているだけではないのですよ。

 

見た目と食感のあっさり感からは想像できないほどの美容効果が秘められています。

 

注目!キャベツの美容効果

 

キャベツには、ビタミンはもちろん、カルシウムや食物繊維、カロテンやカリウム、葉酸など実にさまざまな栄養成分が凝縮されています。中でも注目したいのが「ビタミンU」と「ボロン」。

 

あまりなじみのない成分でピンとこない人もいると思いますが、すごく重要な成分なので、抑えておいてね。

 

■ボロン

 

ホウ素のことでエストロゲンの分泌を活性化する成分。エストロゲンといえば、女性らしい体つくりに欠かせない成分で、中でもバストアップに最適。ただ、ボロンは熱に弱いので、生で食べるのがポイント。

 

■ビタミンU

 

アミノ酸の一種で、胃腸の粘膜を保護したり、傷ついた部分を修復したり、胃酸の分泌を正常に保つ作用に優れています。

 

お薬屋さんで「キャベ2」とか「キャベジン」って薬を目にしたことがあると思いますが、これらは、キャベツに含まれる成分が胃の働きに高い効果があることからつけられたみたいですよ。

 

その他、二日酔いの予防やがん予防、脂肪肝予防にも優れており、食べ過ぎた後や飲みすぎた後などの胃腸を整えるときにキャベツを取り入れるといいかもしれません。

 

■ビタミンC

 

ビタミンCの1日の推奨摂取量は、50mg。
キャベツ100g中に44mg含まれているので、サラダでちょちょっと食べるだけで1日分がしっかり補えます。

 

ビタミンCといえば、コラーゲンの生成、メラニンの生成を抑制する作用に優れ、アンチエイジング、ニキビや肌荒れ予防には絶対に欠かせませんよね。

 

ちなみに、キャベツに含まれるビタミンCは内側の柔らかい葉よりも、外側の青々しい葉が濃いビタミンCを含んでいるので、外側の葉を捨てているって方は、美容のために、外側の葉を積極的に食べるのがおススメ。

 

■カロテン

 

キャベツの青々しい外側の葉には、多くのカロテンが含有。カロテンは体内に取り込まれた後、ビタミンAに変換され、抗酸化物質として働くので、老化防止に最適。シミやシワ、たるみ対策におススメだよ。

 

キャベツの美容効果を美味しく頂くおススメレシピ

 

■キャベツスムージー

 

朝におススメなのが、キャベツスムージー。グレープフルーツとミックスすると代謝促進、食欲抑制効果も高いので、ダイエットにも最適。

 

■キャベツトマトスープ

 

キャベツのざく切りに、カットトマト、セロリ、鶏肉などを一緒に煮込むと、新陳代謝アップに最適なスープの出来上がり。

 

冷え性やむくみ、肌荒れやお腹ぽっこり解消にも最適で、食べるだけでぷるんぷるんの美肌と抜群のスタイルが維持できます。

 

■キャベツキムチ納豆

 

某有名人のダイエットでも紹介されていたキャベツ納豆。美肌効果、ダイエット効果、便秘解消といいこと尽くめのメニューで、夜に取り入れるとさらに効果はてきめん。

 

キャベツ1玉200円から300円前後。しかも季節問わず、手軽に購入できて、継続しやすい食材なので、体の内側から綺麗を目指したい方にキャベツの美容効果はおススメです。

 

ただし、キャベツの栄養成分は熱に弱いものばかりなので、できれば、生で食べるのがおススメですよ。

page top