コラーゲン 食べ物

1日に必要なコラーゲン量は10000mg

 

体内で生成されるコラーゲンは20歳をピークに減少・・・。

 

さらに、紫外線、ストレス、暴飲暴食などにより、1日2000mgほどのコラーゲンが失われている状況です。

 

コラーゲンは、肌細胞の弾力、ハリの維持や髪の毛、つめ、骨、ホルモンバランスなどの正常化に必要不可欠な物質なので不足するとみるみるおばさんになっちゃうというわけ。

 

それを回避するには、1日に5000mgほどのコラーゲンが必要です。

 

ただ、そのすべてが吸収されるとは限らないため、10000mgほどのコラーゲンを摂取することが望ましいといわれています。

 

以下に、コラーゲンを多く含む食材ベスト5を紹介します。

 

コラーゲンを多く含む食材ベスト5

 

・ベスト3:鶏の胸軟骨

 

低カロリー、高タンパク質でおなじみの鶏。その中でも鶏の胸軟骨は、コラーゲンを多く含み、その他、ビタミンやミネラル、カルシウムもたっぷり含まれるので、美肌維持だけでなく、ダイエットにも最適な食材です。

 

気になるコラーゲン量は、100g中4000mgなので、1日に250gほどの量が必要。ちなみに、鶏の胸軟骨は、生250gで150カロリーで、から揚げにすると400から500カロリーにまで跳ね上がるので、食べ過ぎには注意してね。

 

・ベスト2:うなぎの蒲焼

 

うなぎは皮に多くのコラーゲンが含まれているので、蒲焼などがもっとも効果的な食べ方です。それ以外では、身、内臓にも含まれていますが、1度に多くの量を摂取できないのが難点。

 

コラーゲン量は、100g中5500前後なので、1日に200gほどの蒲焼を毎日食べるのがお勧め。ただし、うなぎの蒲焼は、100g400カロリーほど、これは市販されている中サイズの蒲焼の大きさほど。

 

これに熱々のご飯を100gほど加えると600から700なる高カロリーになるので気をつけてね。

 

・ベスト1;ふかひれ

 

断トツの含有量がふかひれ。100g中9920mgほどのコラーゲンを含むので、できれば毎日でもふかひれを食べたいところ・・・。

 

しかし、高い!庶民が気軽に食べられるような代物じゃないよね・笑。

 

食べ物から補うのは現実的ではない?

 

上記で紹介した以外にも牛スジや豚足、スッポンなどコラーゲンを含む食べ物は、色々とあります。
しかし、食べ物からコラーゲンを取り入れるのは、現実的ではありません。

 

食材によっては、高カロリーになったり、栄養バランスの偏り、高価すぎて継続できないなどの問題以外にも、取り込んだすべてのコラーゲンが、コラーゲンとして吸収されるとは限りません。

 

コラーゲンを含む食材は、たんぱく質なのでたんぱく質としてそのまま吸収されることもあります。そこで、もっと効率よく摂取できるのが、「アスタリフトコラーゲンドリンク」のようなコラーゲン商品です。

 

アスタリフトコラーゲンドリンクなどは、低分子で高純度のマリンコラーゲンが30mlほどに凝縮、しかもコラーゲン含有量は、たっぷり10000mgと理想的。

 

ノンカフェインで、低カロリーなので、ダイエット中の方でもカロリーを気にする心配もありませんよ。

 

毎日の食事で補うのは、ちょっとね・・・と思う方は、コラーゲンドリンクを上手に活用してください。

page top