米ぬか 美容法

抗酸化、血行促進、疲労回復驚きの美肌作用

 

【1・米ぬかって何?】

 

玄米を精米するときに出てくる薄茶色の粉、これが「米ぬか」です。
玄米の表皮と胚芽が含まれていて、玄米の持つ栄養分の9割以上がこの「米ぬか」に含まれているといわれるほど栄養豊富なものなんですよね。

 

しかもそれだけじゃなくって、ビタミンB1が白米の約20倍、食物繊維がほうれん草の10倍、ミネラルも豊富で、実は白米よりも「米ぬか」を食べたほうが栄養が豊富に取れちゃうっという真実が・・・なんかもったいないよね。

 

でもそのまま食べるのは、ちょっと・・・ということで影の存在になってしまった「米ぬか」。
とはいっても、やっぱり栄養が豊富なので、できれば上手に美肌に活用したいよね。

 

そこで今注目されているのが「米ぬか」美容法です。

 

【2・米ぬか美容法って?】

 

米ぬか美方法は、今に始まった事ではなく、ずーっと昔、今のように化粧品などが揃っていない時代のスキンケア用品として活用されていたみたいですね。
米ぬかのエキスには、抗酸化作用、美肌疲労回復効果の高いアミノ酸や、肌のシミ、シワ予防、血行促進、アンチエイジング作用の高いビタミンE、ビタミンB、皮膚の弾力を保ち代謝を促進する鉄などが豊富。

 

しかも浸透性がすごく高く毛穴の奥深くに入り込んで、汚れや古い角質除去、栄養補給にも最適なんです。
ただ、米ぬかは、とにかくまずいので、直接口から取り入れるのはむずかしいかもしれません。

 

少量を料理に入れて取り入れる方もいるようですが、それよりも直接肌に塗布する方法がおススメです。
方法はいたって簡単です。

 

まず、スプーン1杯ほどの米ぬかを適量の水でよく混ぜて、粘りをつけたら、そのまま肌につけて、軽くマッサージをしながら洗顔として活用します。
その他、米ぬかと小麦やヨーグルトを混ぜて、米ぬかパックを作り顔全体にまんべんなく伸ばして利用する方法もおススメです。

 

米ぬかは、お米屋さんなどで販売されており、価格は1Kg300円前後と安価で入手しやすいのも嬉しいですよね。

 

【3・注意点】

 

でも一つ注意点が・・・。
米の種類によっては、残留農薬が大量に蓄積されている事もあります。

 

素人がそれを見分けるのは凄く難しいので、お米屋さんに相談するなりの対策は必要ですね。
でも肌に直接使うものだからやっぱり心配という方には基礎化粧品「ライスフォース」がおススメです。

 

「ライスフォース」は、米由来の成分を美肌ケア専用に抽出しているコスメなので、米ぬか美容法が手軽に導入できます。
しかも、厳選された国内米を原料にし、さらに3ヶ月じっくり熟成発酵してお米の美容成分を高濃度で抽出しているので、一般的な米ぬかに含まれる成分よりもはるかに高い美肌成分が利用できます。

 

これなら残留農薬を心配する必要もないですよね。
今話題の「米ぬか美容法」が気になる方は、ぜひ参考にしてください。

 

page top