キムチ 美容効果

キムチと納豆の最強タッグで手軽に美しく!

 

白菜等さまざまなお野菜を塩漬けにして、お好みで唐辛子や魚介類、にんにくに果物などを一緒に漬け込んだものがキムチ。

 

市販でも手軽に購入できますが、各家庭オリジナルの組み合わせで代々受け継がれた”味”もあるでしょう。

 

材料を発酵させることで、うまみを引き出すキムチには、驚きの美容効果が凝縮されています。代表的な美容成分は以下のとおりです。

 

■乳酸菌

 

キムチといえば、乳酸菌。腸年齢が若いほど、寿命が長く、いつまでも若く元気で過ごせる、という事から、近年「腸活」も流行りましたよね。

 

それに欠かせないのが乳酸菌。しかも、キムチの乳酸菌は、なんとヨーグルトの100倍とも言われているんですよ。

 

■ビタミン類

 

意外に思う方も多いようですが、キムチ100g中になんとビタミンCが15mg前後も含まれています。それ以外にもビタミンAやビタミンB1、B2、B12、Kなどが豊富に含有されています。

 

・ビタミンC
コラーゲンの生成やメラニンの生成予防に最適。

 

・ビタミンA
皮膚の粘膜に働き、ニキビの悪化、細菌による感染を予防

 

・ビタミンB1

 

糖質をエネルギーに変える作用に優れて、肌の糖化対策に最適。また脳に栄養を送り正常に機能するサポートがあるため、いらいら、集中力の欠如ケアにもおススメ。

 

・ビタミンB2
脂質と糖質を効率よく分解し、代謝機能を高める太りにくい体質を整える。また、ターンオーバーを正常に整え、細胞の再生に必要。

 

・ビタミンB12
DNAの合成に必要な成分で、めまいや貧血予防に最適。

 

・ビタミンK

 

骨のたんぱく質を活性化し、骨の形成促進に必要。そのため、女性に多い骨粗しょう症予防に積極的に取り入れたい成分。

 

■カプサイシン

 

代謝機能を活発にし、血行促進効果が高いことで有名なカプサイシンは、唐辛子などに含まれる成分です。

 

体をぽかぽか温め、免疫機能を高めたり強いからだ作りに最適。

 

さらに脂肪燃焼効果も高く、1gの唐辛子に含まれるカプサイシンは、30分の運動と同じダイエット効果があると言われています。ただし、過剰摂取はNG。

 

キムチ美容の美味しい取り入れ方!

 

キムチの美容効果を美味しく続けるためには、効率よく取り入れるのがポイント。おススメの方法は、キムチとの相性が抜群の「納豆」

 

発酵食品を組み合わせることで、キムチの美肌成分をさらに高めることが出来ます。その中でも、簡単で、コスパにも優れているのが納豆。

 

納豆にただキムチを投入するだけ。納豆キムチと熱々のご飯を食べるもよし、キャベツの千切りに納豆キムチを投入してサラダにするもよし、お豆腐の上にトッピングするもよしで、毎日飽きずに続けられます。

 

さらに、夜食べることで納豆に含まれる「アルギニン」が成長ホルモンを活発にサポートするので、アンチエイジングにも抜群の効果が期待できますよ。

 

お好みの方法で、早速キムチ美容効果を試してみてね!

 

page top