顔の皮むけ 対策

バリア機能と乾燥に良い3つの対策って?

 

顔の顔むけの原因は2つあります。一つは、脂漏性皮膚炎、そしてもう一つが乾燥です。

 

前者の場合は、大量に分泌された皮脂にカビが発生し、雑菌によって顔の皮向けが発生しているので、殺菌作用の高い薬を処方してもらうためにもすぐ皮膚科へGOしましょう。

 

乾燥の場合は、肌内部の水分がすっかりと失われバリア機能が低下したことで、正常なタイミング以外で角質がボロボロと破壊されているのが原因です。

 

その場合は、角質内に水分をたっぷりと取り込み、バリア機能を強化するるコスメを使うことで劇的に改善します。ここでは、後者、乾燥による顔むけ対策を紹介しますので、それを参考にぴったりのコスメを見つけてください。

 

対策1・ノンケミカル処方

 

バリア機能を破壊し、角質層の乾燥を著しく悪化させるのが、石油系合成界面活性剤や合成ポリマー、アルコールに合成香料、防腐剤やナノ化成分などのケミカル成分です。

 

一般的な化粧品に含まれている美容成分の浸透を高めるためにこれらケミカル成分は必要です。しかし、ケミカル成分配合のコスメを使い続けることで、肌本来の機能を破壊し、バリア機能は低下します。

 

すると角質層の水分バランスが崩れ、顔の皮むけが発生します。この対策には、「琉白」等のノンケミカル処方のコスメを選ぶのがポイントです。

 

対策2・海洋深層水

 

ケミカル成分は、美容成分の浸透を高めるために必要ですが、肌本来の機能を破壊するため、顔の乾燥による皮向け対策には不向きです。

 

それに変わる成分として今注目されているのが、海洋深層水です。

 

豊富なミネラルを含有し、人間の体液に近い成分なので、肌への浸透力が高いのが特徴です。そのため、ノンケミカル処方を実現しつつ、美容成分の浸透をより強力にするので、顔の皮向け対策には、最適です。

 

中でも「琉白」は、月桃をはじめとして20種類以上の植物の力とノンケミカル処方で、沖縄産海洋深層水がベースになったコスメなので、バリア機能の強化と乾燥対策にはおススメです。

 

対策3・オーガニック

 

オーガニックコスメは、顔の乾燥による皮むけ対策には、抜群の効果を発揮します。しかし、オーガニックといっても認定基準が統一していないため、各メーカーによって品質に差があるのも事実です。

 

そのためネーミングだけで飛びつくのは禁物。そこで絶対に失敗しないためにも、「エコサート」を取得しているものを選びましょう。

 

エコサートとは、フランスに拠点を置く世界最大規模の有機製品認証期間で、厳しい審査基準が設けられていることでも有名です。

 

なんと95%以上が自然原料でなければこの「エコサート」マークを表示できないんだそうです。

 

日本でもこのマークを取得するコスメは、数に限りがありますが、顔の皮向け対策に最適なのが「琉白」です。エコサート取得と表示はもちろんですが、上記で紹介した海洋深層水がベースになっており、ノンケミカル処方なので、敏感肌、乾燥肌の方のスキンケアにすごく安心です。

 

以上の対策で乾燥で、ボロボロと剥がれる顔の皮むけを1日でも早く改善できるようにしてくださいね。

page top