過去の日焼け

新陳代謝正常化とハイドロキノンのW効果

 

過去の日焼けを後悔している方って、意外と多いですよね。
だって、出来てしまったシミって、なかなか厄介ですもんね。

 

シミが1つあるだけで、見た目年齢を大幅に引き上げてしまうし、年齢を気にする女性にとっては、すごく深刻な問題です。
だからといって、美白を諦めちゃダメ。

 

過去には戻れませんが、出来てしまったシミには、美白化粧品で十分ケアできます。
ただし、各美白成分によって作用が全く異なるので、過去の日焼けが原因によるシミ対策には、「すでに出来てしまったシミ」に効く成分を選ぶのがポイントです。

 

【そもそもシミってどうやってできるの?】

 

シミの原因は、メラニン色素の沈着。
そしてメラニン色素を活発にするのが紫外線です。

 

ダメージから肌を守ろうとするメラニン色素は、紫外線を浴びるほど活発になり、シミが出来やすい肌環境を作ります。
ただ、分泌されたメラニンは、肌の新陳代謝によって「垢」として排出されるので、シミになることはありません。

 

しかし、新陳代謝が乱れるとメラニンが排出されず、皮膚にとどまるため、シミとなって定着。
それがシミができるメカニズムです。

 

つまり、新陳代謝を正常に機能させながら、美白成分を上手に取り入れることで、完璧なシミ対策が実現できます。

 

【シミ対策その1・新陳代謝の正常化】

 

肌の新陳代謝を正常に整える方法でもっとも簡単に出来る方法を紹介します。
それは食べ物です。

 

食生活を意識するだけで、肌の新陳代謝を高めることは可能です。
皮膚を修復し、代謝機能を促進させるのに必要なビタミンA、ビタミンB郡は、かぼちゃや人参等の緑黄色野菜にうなぎや鶏、豚肉、豆類などに多く含まれています。

 

さらに抗酸化作用が高く、メラニン色素の精製を抑制するビタミンCやビタミンEもすごくおススメで、女性に人気のアボガドやナッツ類に多く含まれているので、積極的に取り入れるようにしましょう。

 

【シミ対策その2・出来てしまったシミに効く美白成分】

 

美白化粧品選びで重要なのは、どんなシミに効くのか、がポイントです。
例えば、アルブチンやビタミンC誘導体は、メラニンを作る過程で発生する酵素に対して有効で、皮膚への刺激も少なく安定した美白効果が得られるのが特徴です。

 

ただし、一度出来てしまったメラニンには効果が及ばないため、過去の日焼けによるシミ対策としては、残念ながら十分な効果は期待できません。
一方、ハイドロキノンは、アルブチンとビタミンC誘導体の効果に加え、出来てしまったシミにも有効です。

 

効果が強い分、皮膚科医だけに使用制限がかかっていましたが、現在は低濃度であれば化粧品への配合も認められています。
そのためハイドロキノン配合の化粧品も数多く誕生し、中でも人気なのが「アンプルール」です。

 

アンプルールは、メラニンの生成を抑える力が一般的な美白成分のおよそ100倍のハイドロキノンを安定化させ、皮膚への刺激を徹底的になくしているので、美白ケアが難しい敏感肌、乾燥肌の方でも安心して利用できます。

 

過去の日焼けを後悔している、何をやってもシミが消えない、と悩んでいる方は、上記2つのシミ対策を試してください。

page top