カフェイン 胃痛

浸透性、吸収性に優れた低分子化コラーゲン

 

コーヒーを飲みすぎると胃が痛くなる・・・そんな経験ありませんか?その他にも激しい嘔吐や、胃痛を繰り返すなどの症状は、コーヒーに含まれるカフェインが原因です。

 

コーヒーに含まれるカフェインには「胃酸分泌亢進」作用があります。その為、胃の分泌が活発になり、消化を促進しすぎるあまりに、胃を傷つけてしまう事があるのです。

 

胃がもともと弱かったり、ストレスや疲労で胃の機能が低下している状態での、コーヒーの飲みすぎには、注意をしましょう。

 

とはいえ、コーヒーが必ずしも健康に悪いという事ではありません。

 

コーヒーカフェインの「胃酸分泌亢進」作用は、時に胃液の分泌を活発にし消化を促進するため、ダイエット効果としても活用され、健康な方にとっては、プラスの効果が得られます。

 

しかしながら、1日に何杯もコーヒーを飲む、飲みすぎると胃が痛くなる、という症状がある場合は、1日の摂取量等を控えるなど対処しましょう。

 

それでも胃の痛みが改善されない場合は、コラーゲンドリンクの摂取をお勧めします。

 

胃の痛みを改善するには?

 

コラーゲンには、胃の粘膜を修復し、正常な機能を取り戻す作用があります。ただし、単なるコラーゲンではなく、「低分子化」されているものを選ぶようにしましょう。

 

一般的なコラーゲンに比べ、低分子化(ペプチド化)されたコラーゲン(コラーゲンペプチド)は、体内への浸透、吸収性が高く、胃の粘膜を修復し、活性化作用に優れています。

 

さらに、少ない量で効率よく体内に取り込めるので、胃痛で消化器官が低下し、食欲がない方にもお勧めです。

 

中でも「アスタリフトコラーゲンドリンク」は、一般的な低分子コラーゲンをさらにペプチド化した超極小サイズで、動物性のコラーゲン分子のおよそ500分1。

 

その為、消化器官で分解される時間が短く、体内にスーッと浸透し、胃痛を素早く改善します。

 

さらに「アスタリフトコラーゲンドリンク」は、ノンカフェインなのでコーヒーを1日に何杯も飲むという方には、すごく最適なドリンクですよね。

 

その他の胃痛の原因

 

もともと胃の機能が弱いという場合を除いては、日常生活に胃痛の原因があります。

 

中でも、暴飲暴食やストレスは、胃の消化システムと粘膜の防御システムを大きく阻害し、1日たったの1杯のコーヒーカフェインだけで、激しい胃痛に襲われる事もあります。

 

そんな方には、疲労回復、消化促進作用に優れた「オルニチン」が最適です。

 

肝機能の促進、向上に優れたオルニチンは、しじみに含まれている成分で「アスタリフトコラーゲンドリンク」にも、しじみ1100個分相当のオルニチンが配合されています。

 

飲みすぎ食べすぎが続いている、人間関係で日々ストレスを感じている、コーヒーを飲みすぎると胃痛がする、カフェインの摂り過ぎが気になる、などに心あたりがある方は、

 

ぜひ、コラーゲンペプチドと、オルニチン配合のW効果を一度に実感できる「アスタリフトコラーゲンドリンク」をお試しください。

 

ちなみに、「アスタリフトコラーゲンドリンク」は、カフェインによる胃痛の改善、美肌効果以外にも、年齢による体力の低下、慢性的な疲労回復、ホルモンバランスの乱れ、

 

それによる薄毛や抜け毛、代謝機能の低下による肥満改善効果も期待できるので、30代、40代からの健康維持にもお勧めです。

page top