いちご 美容効果

1日6粒で美白もダイエットも実現できる?

 

真っ赤でみずみずしいイチゴ。でもね、実は、イチゴって日本の農学上では、お野菜に分類されているんですよ!

 

それだけでも、ちょっと驚きですよね。そんな真っ赤でかわいらしいイチゴには、すごくうれしい美容効果が秘められています。

 

イチゴの主な美容効果

 

・美白・整肌効果

 

イチゴの栄養で突出しているのは、なんといってもビタミンC。ビタミンCは、メラニン色素の抑制やコラーゲンの生成に必要な栄養素なので、できれば、積極的に摂り入れたいよね。

 

さらにイチゴに含まれるポリフェノールは、近年美容業界で注目の成分で、メラニン色素の生成を抑制したり、抗酸化作用などアンチエイジングにも最適です。

 

ビタミンCとの相性も抜群で、それを一度に摂取できるイチゴは、シミやそばかす、肌のくすみ等の美白、たるみやシワ対策に期待大です。

 

・便秘、むくみ、ダイエット効果

 

赤血球を作るのに必要な鉄分、葉酸やデトックス効果の高いカリウムを多く含むので、冷え性やむくみ改善に最適。

 

体に溜まる悪いものがすべて排出されるので、むくみ対策だけでなく、ダイエットやニキビ、肌荒れ改善効果も期待できます。

 

その他にもペクチンなどの食物繊維が豊富で、血糖値の上昇を抑制し、腸内環境を正常に整えます。
その結果、便秘を解消し、痩せやすい体質へと改善できます。

 

イチゴの美容効果を美味しくUPする方法

 

イチゴに含まれるビタミンCは熱に弱いので、生で食べるのが一番のおススメ。100g中にビタミンCが62mg前後含まれるので、中サイズのイチゴを1日に6.7個食べるのがベスト。

 

さらにヨーグルトとの相性が抜群で、ヨーグルトの上澄み「乳清」ごとイチゴにかけ、善玉菌のえさとなるオリゴ糖やハチミツなどをトッピングすると、より腸内環境の正常化効果が高まります。

 

ちなみにイチゴ100g(6,7個)カロリーは30前後、ヨーグルト100g60カロリー前後、オリゴ糖大さじ1杯30カロリーで計120カロリーと、とってもヘルシーでダイエット中の甘いも対策にも活用できちゃうよね。

 

調理するのが面倒だ!という方は、そのまま食べるだけでも十分ですが、最近流行のデトックスウォーターとして活用するのもおススメ。

 

お好みのミネラルウォーターにただイチゴを投入するだけで、簡単に作れます。

 

見た目にも可愛いし、甘くイチゴフレーバーの香りで癒されること間違いなし。メイソンジャーに入れ、ランチのお供にするだけでも、毎日のお弁当タイムが楽しくなっちゃいそうだよね。

 

イチゴの選び方

 

八百屋さんやスーパーでも手軽に購入できるイチゴですが、できれば、新鮮なものを選ぶようにしましょう。
見た目に鮮やかで、ボディがみずみずしいものがベスト。

 

また葉に元気があるものが新鮮の証。楽しく、おしゃれにイチゴの美容効果をたっぷり取り入れたい方は、早速試してみてね!

page top