美魔女 化粧品

肌のターンオーバーとは

 

肌の生まれ変わりの事のことターンオーバーといいます。肌が多少傷ついていも、1ヶ月、2ヶ月そこらで、元通りの綺麗な肌に戻りますよね。

 

子供なら、きっと数日足らずで、つるつるの肌に戻っているはず・・・。それは、ターンオーバーが成せる技なんです。

 

肌は、基底層と呼ばれるもっとも奥深い場所で生まれます。生まれたばかりの肌は、セラミドなどを蓄えながら、肌を構成する3つの層を押し上げ、肌の表面近くに姿を現します。

 

そして、新しい肌は、最終的に古い肌をゆっくりと剥がし、ようやく真の表皮として君臨します。基底層で誕生した肌は、28日かけて表面に押しあがり、その後14日かけて古い細胞を剥がしターンオーバーが完了します。

 

もっとも理想的な28日というサイクルで、ターンオーバーが完了するのは、10代、20代で、年齢を重ねるごとに期間が長くなります。30代、40代で40日前後、50代、60代では、50日、60日を超えることもめずらしくありません。

 

ターンオーバーのサイクルが長くなると、古い細胞が肌表面に残される期間が長くなります。古い細胞は、紫外線やホコリ、メイク汚れや皮脂によって、酸化しやすく、肌そのものを老化させる原因となるのです。

 

さらに、古い細胞が長く居座ることで、肌の硬化、毛穴のつまりが発生し、後から押しあがる、新しい細胞誕生の妨げにもなるのです。ただ、ターンオーバーは、28日よりも早すぎてもダメ。

 

なぜなら、生まれたばかりの肌は、まだまだ未熟で、みずみずしさ弾力には程遠い構成となっています。そのため、早くに表皮に現れてしまうと、乾燥や敏感に弱い肌になってしまい、さまざまなトラブルの原因になります。

 

なぜターンオーバーは「夜」なのか

 

正常かつ活発なターンオーバーを促すには「夜」の時間を大事にしなければいけません。なぜなら、ターンオーバーに必要不可欠なホルモンが夜のみ分泌されるからです。

 

それは「成長ホルモン」と呼ばれる物質で、深い眠りのときに分泌されます。しかし深い眠りにつくには、一定のリズムが必要で、不規則、寝不足という状況では、難しいのが現状。

 

専門家の間で推奨されている時間が、夜10時から深夜2時。この間に深く質の良い眠りを確保できれば、ターンオーバーに必要な成長ホルモンが十分に分泌され、美肌、ストレス解消、自律神経の調整等、美容や健康維持に最適だと言われています。

 

時間については諸説ありますが、この時間帯に就寝が難しいという場合は、以下の方法で、良質な睡眠を得られるよう努力してください。

 

良質な睡眠に必要な事

 

ベッドに入ってすぐに深い眠りにつく方法を紹介します。それは、夜のお風呂の時間を調整する事です。

 

最適な時間は、就寝1時間前です。身体を芯から温めると、リラックスモードに切り替える副交感神経が優位に働きます。

 

さらに、上昇した体温は、1時間程で、徐々に温度が下がります。体温が1度下がった状態が、深く質の高い眠りが得られると分かっているので、ベッドに入ってすぐに寝落ちしたい方は、早速試してください。

 

以上のように、美肌に必要なターンオーバーは、夜がカギです。年齢に負けず、いつまでも生まれたての肌を維持するためにも、深く良質な夜の眠りを確保してください。

page top