美魔女 化粧品

眠るだけで美肌になれるってホント?

 

人間の身体には、不調を整える機能が備わっています。疲れた身体を整える「疲労回復」、紫外線やホコリ、メイク汚れで傷ついた肌を修復する「肌再生」等がありまが、その機能が発揮されるのが「睡眠中」です。

 

特に、肌の修復機能は、睡眠中こそが、最大限のパワーが引き出される時なので、年齢肌などのトラブルに打ち勝つには、「睡眠」という環境を万全に整える必要があります。

 

寝ている間に若返るって本当?

 

肌の奥深いところで誕生した肌は、約4週間かけて古い細胞をはがし、新しい肌として出現します。この一連の流れをターンオーバーといい、みずみずしく弾力のある肌を維持します。

 

そしてこのターンオーバーに必要不可欠なのが「成長ホルモン」です。成長ホルモンは、脳から分泌され「ターンオーバーを開始してください」という指令を出す役割を担っています。

 

睡眠中にもっとも多く分泌されることが、近年の研究で明らかにされているので、ターンオーバーの正常化には、十分な睡眠は必要不可欠です。

 

「深く」「3時間」が美肌のカギ

 

睡眠中の成長ホルモンが、美肌に必要不可欠なことは、理解できましたか?しかし、たくさん寝れば良いという事ではありません。

 

なぜなら成長ホルモンは、睡眠中ずっと分泌されるわけではないからです。分泌の目安は、深い眠りに入ったおよそ3時間程度。

 

起床時に向かうにつれ、眠りは徐々に浅く、成長ホルモンの分泌は激減します。例えば、夜3時に寝て、起床6時の予定の場合、寝付くまで1時間、深く質の良い眠りは、およそ1時間程度・・・それでは、成長ホルモンの十分な分泌は難しいですよね。

 

理想は夜10時、それが難しいなら12時、いや最低でも1時には、眠りの準備を始めるようにしましょう。

 

良質な睡眠に必要な事とは

 

深く良質な睡眠を得るためには、まず、眠る環境を整えるのがポイント。睡眠の直前までスマホやPC、テレビなど強い光に当たっている方は、なかなか寝付けず、深く良質な睡眠は確保できません。

 

睡眠の2時間前までに、これらの機能から遠ざかり、脳を休め、睡眠モードを作りましょう。リラックス効果のある音楽、アロマ、軽めのストレッチは、とてもおススメです。

 

その他、トーンの低めのランプを足元に置く事で、睡眠モードに切り替えやすくなります。次に、飲食です。

 

カフェインやアルコールは、交感神経を刺激し、睡眠を妨げるので、トリプトファン、グリシンなど脳のリラックス効果を促す飲み物にしましょう。ホットミルクやココア、カモミール、など温かい飲み物がおススメです。

 

睡眠中の成長ホルモンが十分に分泌されれば、肌は確実に綺麗になります。年齢肌トラブルを抱えている方は、今一度睡眠と肌との関係をよく理解し、良質で深い眠りを確保できるようにしてください。

page top