美魔女 化粧品

肌を強くする秘訣は2つ!今すぐ実践しよう

 

肌が弱い方の多くは、乾燥による肌のバリア機能が損なわれていると考えられます。バリア機能の低下は、外的要因から肌を守る事ができず、刺激によるトラブルを受けやすい状態にあるのです。

 

そのため、化粧水がピリピリとしみたり、髪の毛が肌に少し触れるだけでも、かゆみやかぶれなどを引き起こしたりと、さまざまな炎症を引き起こします。中には、化粧品に含まれているアルコールや合成香料、合成着色料などの添加物で、深刻な肌トラブルに陥るケースもめずらしくありません。

 

しかし、肌の弱い人は、意外と身近な事に気をつければ、ちゃんと改善でます。ここでは、肌を少しでも丈夫にして、美肌を手に入れたい方におススメの原因や注意点、予防法等を紹介します。

 

肌を弱くする原因その1・「スキンケア」

 

あなたのスキンケアは、本当に正しいですか?洗顔やクレンジングの際、肌をゴシゴシと擦ったり、お湯の温度が高いなどの心当たりはありませんか?

 

汚れや皮脂は、ぬるま湯だけでも十分洗い流せます。とはいえ、油分の強いメイクをちゃんと落とせなければ、酸化による老化を進行させてしまう事も。

 

そこで、弱い肌を傷つけず、ちゃんと汚れを落とすために必要なのは、低刺激、無添加処方、ドクターズコスメ、天然由来等の選び、正しい方法で洗顔を行なうことです。その他、肌や年齢トラブルにマッチしない基礎化粧品やアルコールや油分、合成剤入りの化粧品を使っていると、弱い肌がさらに傷つき、さまざまなトラブルに見舞われてしまう事も。

 

1日でも早く、丈夫な肌へと改善したいなら、今すぐお使いの洗浄剤や化粧品の見直し、スキンケアのやり方を改めるなどの対策をとりましょう。

 

肌を弱くする原因その2・「食生活」

 

肌の弱い人は、食生活にも気をつけなければなりません。改善に必要な事は、肌に悪い影響を与える食べ物、生活を改め、肌が喜ぶ食生活を行なう事です。

 

肌に悪い食べ物とは、パンや麺類、お菓子やスナック、アルコールに喫煙、などです。適度な量で楽しむ分には、問題ありませんが、特にスナック菓子、パン類、麺類の過剰摂取は、肌の糖化による老化を進行させます。

 

また、冷たい食べ物、飲み物ばかりを摂取し続けると、身体が内部から冷え、血行不良によるバリア機能の低下を発生させるケースも少なくありません。一方、肌が喜ぶ食べ物は、良質なタンパク質、温かい食べ物、セラミドなどです。

 

タンパク質は皮膚を構成する大切な栄養素です。肉、魚、乳製品などは毎日必ず摂りいれるようにしてください。

 

さらに細胞と細胞の間に入り、肌の弾力、みずみずしさを与えるセラミドは、バリア機能改善になくてはならない栄養素です。食事から摂取する事はとても難しいですが、毎日意識して、コツコツと続けることで、確実に弱い肌を改善できます。

 

セラミド配合の食品は、こんにゃく、ひじき、わかめ、ごぼう、雑穀等です。以上が、肌を丈夫に改善する方法です。

 

毎日のちょっとした心がけで、肌の弱さは、十分改善できます。諦めずに、できる事から早速はじめてください。

page top