身近な「あんな事」がガサガサ肌の原因!?

 

【原因1・洗顔、クレンジング】

 

他の部位に比べとても薄い顔の皮膚は、刺激、摩擦に弱く、些細な事でトラブルを引き起こします。
中でも毎日最低1回から2回は行う洗顔、クレンジングによる刺激は深刻。

 

間違った方法で何年も何十年も肌にダメージを与えると当然肌はガサガサになります。
例えば、入浴中シャワーの湯を直接顔に当てる方、風呂の湯と同じ温度で顔を洗う方、必要以上にゴシゴシと肌を擦る方、洗顔後化粧水だけのスキンケアで終了する方などは、肌のガサガサを治す事は難しく、それどころか、同じ年の方と比べても、肌老化が深刻な状態になります。

 

【対策】

 

洗顔、クレンジングによる刺激、摩擦を予防し、肌のガサガサを改善するには、正しい洗顔・クレンジングの方法を取り入れる事がポイント。
まず、洗顔に最適な水温は、26度から30度前後。

 

これだけで十分顔の汚れ、皮脂を落とす事は出来ますが、メイク汚れをしっかり落としたい場合は、天然由来の成分等肌に優しいクレンジングを導入し「浮かして洗う」など肌に摩擦を与えないよう気をつけてください。

 

また洗顔後は、面倒でも徹底した保湿ケアは必要です。
「ライスフォース」など高保湿成分配合のコスメなら、手間要らずで、本格的な保湿乾燥対策が実現できますので、洗顔後時間をかけたくない方はご利用ください。

 

【原因2・紫外線】

 

洗濯物を思い出してください。
水分をたっぷり含んだ衣類がものの数時間でパサパサに乾燥しちゃう・・・あれと同じ事が肌にも起こっているんです。

 

若く健康な肌であれば、紫外線の影響を跳ね除けてしまう力も多少はあるのですが、年齢とともにその力も衰え、屋内にいる時でさえも紫外線の影響を受けてしまうのです。
そのため紫外線対策は、年中、そして屋内外問わずしっかり行う必要があります。

 

【対策】

 

ただ、単なるUVケアだけでは、肌のガサガサは改善できません。
ポイントは、保湿も出来る紫外線対策です。

 

若い肌が紫外線に強いのは、肌内部の水分量が豊富で、表面のキメが細かいからです。
逆に歳を取るとキメが乱れ、その隙間から水分が蒸発し、さらに紫外線の影響を受けやすくガサガサ肌を作ります。

 

ですから、紫外線対策で重要なのは、肌のキメを整える保湿を徹底的に行いながら、紫外線をブロックする事です。
最近では、「ライスフォース」のように保湿や美白しながら紫外線対策ができるコスメもたくさん誕生しているので、上手に選んでお使いください。

 

そのほかにも、外食やコンビニ食、スナック菓子など乱れた食生活、睡眠不足や飲酒喫煙など美肌に悪い影響を与える不規則な生活など、私たちのすごく身近なところに肌をガサガサにする原因はたくさんあります。

 

ガサガサ肌は、深刻な肌老化を加速させ、実年齢よりも5歳も10歳も老けた印象になります。
取り返しのつかない状況に陥る前に、できる対策からはじめてください。