泥パック 効果

泥の種類、肌質に合わせて調整しよう!

 

【泥パックのやり方について】

 

泥といっても、その種類はとても豊富で、世界中で採取されています。原産地によって、さまざまなミネラル成分を含み、それぞれに美肌効果が異なります。

 

泥は、インターネットから比較的簡単に入手出来るので、オリジナルの泥パックが作ることも出来ますが、どろあわわのように美容成分をバランスよく配合した商品も数多く誕生していますので、面倒な手間をかけたくない方は、そちらの利用をおススメします。

 

やり方は、とても簡単です。まず泥パックを行う前に、肌の汚れはしっかりと洗い流しましょう。

 

肌をキレイな状態に保ったら、水気を取り除き、泥を肌全体に伸ばします。泥パックの時間は、各泥の種類のによって異なりますが、例えば「どろあわわ」の場合は、美肌成分がたくさん含まれているので約1分から1分30秒程度が泥パックの目安。

 

泥単体でパックを行う場合は、さらに短い30秒程度がおススメです。泥パック完了後は、ぬるま湯でしっかりと洗い流し、その後のケアも大切です。

 

泥パックは、毛穴の奥深くの汚れ、皮脂がすっかり除去されているので、通常の洗顔後に比べ、乾燥しやすい状況です。そのため泥パック後の保湿はとても重要。

 

いつも以上にたっぷりの化粧水や乳液等で肌の保湿を丁寧に行いましょう。ちなみに「どろあわわ」には、沖縄産マリンシルトと石川産のベントナイトのW泥に加え、国産大豆豆乳発酵液とコラーゲン、ヒアルロン酸等の保湿成分が豊富に配合されているので、簡単なケアだけで、肌の保湿は十分キープできます。

 

オリジナルの泥パックでは、色々と心配だし、手間もかかって面倒そう・・・。と思っている方には、泥のクレンジングどろあわわがおススメです。

 

【泥パックによる効果は?毎日やっても大丈夫?】

 

泥パックを継続すると毛穴の詰まりを解消し、美容成分の浸透を高めてくれるので、今お使いのコスメの有効成分の効果を最大限引き出す事が出来ます。また、肌はワントーン明るくなり、ターンオーバーの機能も活性化されるので、みずみずしく元気な肌へと導かれます。

 

ただし、泥パックは、高吸着力と殺菌力が強いため、使う頻度によっては、逆効果になる危険性も高いので、注意が必要です。美容成分を豊富に配合している「どろあわわ」については、毎日使用しても問題ありませんが、それ以外の手作りの泥パックについては、肌質に合わせて使用頻度の調整を行いましょう。

 

刺激の強い泥を単体で使用する場合や、超乾燥肌、ニキビ肌の場合は、週に1回から2回のペースで使うのがおススメです。泥パックの時間も30秒から1分程度に抑えるようにし、泥パック後の乾燥が気になる方は、パック前後に化粧水で肌を整えるなどの工夫も必要です。

page top