清潔に、潤し、守るの三原則で脱アトピー肌

 

【アトピー性皮膚炎って?】

 

ギリシャ語で「奇妙な」「不思議な」という意味を持つ「アトピー」。
つまり、医学の進化が目覚しい現段階でも、アトピー性皮膚炎の”これ”といった原因は、究明されていないのが現状なんです。

 

ただ、肌が外的刺激等にすごく敏感に反応する「敏感肌」である事は間違いありません。
症状も個々によって異なりますが、主な症状としては、乾燥によるかゆみ、赤み、皮膚がボロボロと落ちる、引っかき傷で化膿する、腫れるなどがあります。

 

症状が悪化すると、皮膚科医のもとでの治療が必要となるため、女性らしいメイクを楽しむことも難しくなるでしょう。
そうならないためにも、アトピー肌のスキンケアのポイントをしっかりと抑えておくといいでしょう。

 

【アトピー肌スキンケア3原則】

 

ポイントは3つです。
まず、肌はとにかく清潔に保つ事が重要。

 

とはいえ、洗浄成分の強い洗顔、メイク落しはNG。
敏感肌や乾燥肌の方でも安心して利用できる無添加処方、植物由来の成分や美容成分が配合されている洗顔料を選ぶようにしてください。

 

また乾燥の原因となる過剰な洗顔、長時間の入浴はさけるようにしましょう。
次に、正しい保湿です。

 

保湿とは、ただ単に肌に塗る、だけではダメ。
「肌の奥深くの真皮細胞にしっかりと届けて、内部で水分をしっかりキャッチ、閉じ込める」までを完璧に行なってこそ「正しい保湿」です。

 

しかもアトピー肌や乾燥、敏感肌の方は、角質層がボロボロになり、保湿成分が入りにくい状態なので、高浸透技術に優れた基礎化粧品を選ぶのがポイント。
アトピー専門のドクターズコスメもおススメですが、新技術採用の「アナヤス」もアトピー肌の基礎化粧品として高く評価されています。

 

無添加処方、植物由来成分である事はもちろんですが、高浸透に優れたヒト型ナノセラミドは、脂質間細胞の間にしっかり入り込み、水分を逃さずしっかりキャッチ、閉じ込める3つの作用に優れているだけでなく、長時間持続するようカプセル化にしているため、保湿効果がずっと続きます。

 

三つ目は、外部刺激から肌を守るです。
それには、紫外線対策や十分な睡眠、食生活対策などが必要不可欠で、少しでもアトピー要因を日常生活から取り除く努力をしましょう。

 

ちなみに「アナヤス」には、外部刺激で起きた肌のゆらぎを抑制するコウキエキスや、ストレスを癒すハーブ由来の成分もバランスよく配合されているのでアトピー肌を内側からも外からもちゃんと守ってくれます。

 

肌トラブルの中でももっともやっかいで、改善が難しいアトピー肌ですが、この3つの対策をしっかりと行なうことで、今よりも綺麗な肌質を取り戻す事は十分可能なので、諦めずにコツコツと続けてみてくださいね。