美魔女 化粧品

セラミドよりもヒト型、よりもナノスフィア

 

 

30代後半からなんだか季節の変わり目に肌トラブルがひどい、些細な事で、肌に赤みやかゆみが発生する、化粧品が滲みて痛い、など

 

深刻な肌トラブルに悩まされているなら、バリア機能の低下が心配ですね。

 

バリア機能は、肌をあらゆる外的要因から守ったり、肌内部の水分量をキープするのに、とても重要な役割を担っています。そのため、

 

バリア機能の低下は、肌老化を進行させ、しみやシワ、ほうれい線などの肌老化を早めてしまうので早めに対処しなければなりません。

 

なぜバリア機能が低下するの?

 

バリア機能低下の原因は、ずばりターンオーバーの乱れです。

 

ターンオーバーとは、「新しい肌を作り、古い肌を剥がす」そのサイクルの事を言います。

 

正常なターンオーバーの場合、28日周期で新しい肌細胞が肌表面に押しあがり、さらに14日かけて古い肌細胞を剥がします。

 

この繰り返しを行なう事によって、肌は常にみずみずしく弾力に溢れた状態が維持できるのです。

 

そして、生まれたての肌は、バリア機能が高く紫外線、ほこり、汚れや細菌等から肌をしっかりガードしてくれます。

 

しかし、ターンオーバーが乱れると、新しい細胞が誕生しずらく、さらに古い細胞が剥がれにくいといった状況が発生します。

 

古い細胞がいつまでも肌表面に残ってしまうと角質肥厚という状態になり、

 

肌のごわつきやざらつき、くすみにシワ、たるみやバリア機能の低下、などあらゆる肌トラブルを引き起こします。

 

ターンオーバーの乱れは、不規則な生活習慣や食生活の乱れ、間違ったスキンケア、加齢が原因です。

 

肌のバリア機能を高めるには、生活習慣を見直し、さらに今使っている化粧品の見直しも急務です。

 

バリア機能を高めるにはどんな成分がおススメ?

 

20代の頃からずっと同じコスメを愛用している方も多いと思いますが、残念ながらそれでは、バリア機能の低下はとめられません。

 

なぜなら、肌は加齢とともに変化しているからです。

 

年齢に適した基礎化粧品を使用しなければ、バリア機能を高め、美肌を維持する事は不可能なんです。

 

特に、最近化粧品が滲みる、年齢肌トラブルが改善しない、などの悩みを抱えている方は、すぐに基礎化粧品の見直しを行ないましょう。

 

バリア機能を高めるには、保湿成分に注目しましょう。

 

さまざまな保湿成分がありますが、その中でも肌への浸透性が高く、保湿力が断トツ、そして持続性に優れているのが

 

「ヒト型セラミド」です。通常のセラミドのおよそ3倍以上の保湿力を持つほか、肌にスーッと吸い込まれるようになじむので、即効性が高く、

 

朝肌になじませると夕方まで、みずみずしさを持続できるのが特徴です。

 

ヒト型セラミド配合の基礎化粧品は、たくさん誕生していますが、「トリプルリペアシステム」という特許応用技術でさらに浸透効果を高めたのが「アナヤス」です。

 

最新テクノロジーで改良した「セラミドナノスフィア」は、、弱ったバリア機能を徹底的にサポートし、乱れたターンオーバーを正常に整えます。

 

アナヤスは、10日間のお試しセットも準備されていますので、肌のバリア機能を高め、年齢肌トラブルを改善したい方は、一度試してみるといいでしょう。

 

その他気をつけたいこと

 

ただ、肌のバリア機能を高める優れた成分を使ったとしても、以下のようなスキンケアを改めなければ、意味がありません。

 

例えば、ゴシゴシと顔を洗う、油分が強く、石油系のクレンジングを使っている、メイク道具(スポンジやブラシ)を手入れしていない、等です。

 

バリア機能を高めるための成分を正しく補えても、間違ったスキンケアを続けていては、せっかくの効果が台無しになるのでもう一度スキンケアの見直しも行ってくださいね。

page top