顎周り にきび

毎日のちょっとした見直しがニキビレス肌へ

 

顎周りのニキビの主な原因は4つです。

 

・ストレス

 

人間関係や生活環境等のストレスを感じると、男性ホルモンが大量に分泌されます。男性ホルモンとは、ヒゲなどに象徴されるように、口周りの皮脂分泌が活発になるため、ニキビの原因となるアクネ菌を大量に発生させます。

 

・内臓機能の低下

 

飲酒や喫煙、油っこい食事を好む、暴飲暴食など、内臓が疲れてしまうような食生活は、当然美肌機能は低下します。特に胃や小腸の機能が弱くなると、顎周りや口周りに影響を及ぼすので、大量のニキビが発生します。

 

・ビタミン不足

 

中でもビタミンBが不足すると、顎周りのニキビだけでなく、顔全体のニキビへと繋がります。ビタミンBは、体内の糖質や脂質、タンパク質の代謝を促進する作用があります。しかし、コンビニ食、外食、など偏った食生活では、ビタミンBの摂取は難しく治りづらい顎周りのニキビを発生させます。

 

・間違ったスキンケア

 

顎周りのニキビが治らないのは、「脂っぽい肌のせいだ」と思い込んでいる方も多く、さっぱりとした化粧品を好んで使っている方が多いようです。また「さっぱりとした」テクスチャーの化粧品や薬品が大量に含まれている化粧品などを活用する方もいるようですが、それはNG。

 

繰り返すニキビの原因は、乾燥によるバリア機能の低下です。バリア機能が低下すると肌内部のバランスが崩れ、自らベタつくような皮脂が大量に分泌し、顎周りのニキビを作ります。

 

顎周りのニキビケアに必要な方法

 

上記の原因をふまえた上で、顎周りのニキビを改善する方法を紹介します。

 

1・生活習慣の見直し

 

ストレスを溜め込まないためにも適度な運動や入浴等で、リフレッシュをはかりましょう。また規則正しい食生活で、内臓機能の低下やビタミン不足を補う事が出来ます。

 

さらに女性の場合、冷えが内蔵機能の低下の原因となることもあるので、身体を温める食材を積極的に取り入れるのもおススメです。

 

2・スキンケアの見直し

 

なかなか治らない顎周りのニキビを改善するには、バリア機能の破壊による乾燥肌ケアが必要です。さっぱりとしたテクスチャーのコスメは、アルコール分等刺激成分が大量に含まれている危険性も高く、さらにニキビが治らない状況を作ります。

 

一方「琉白」のように100%オーガニック成分と海洋深層水ベースで作られたコスメは、丈夫で強いバリア機能を育みながら、肌に十分な栄養を与えるので、顎周りのニキビケアに最適。

 

しかも、ビタミンBたっぷりの天然植物由来の成分を豊富に含有しているので、肌からも不足しがちなビタミンB群を補う事が出来ます。

 

顎周りのニキビは、大人肌トラブルの代表格です。たった1つあるだけで、「外出したくない」「だれにも会いたくない」と思うほど、メンタルにも悪い影響を及ぼします。

 

また一度出来ると繰り返し発生するため、次第に肌そのものが老化し、シミやくすみ、シワなどの取り返しのつかないトラブルへと発展します。

 

今出来ることから少しずつ見直し、顎周りのニキビのないつるつるの肌になるよう努力してください。

page top