肌の水分と油分

洗顔の見直しだけで「水分と油分」が整う!

 

加齢やストレスなど、肌の水分と油分のバランスを崩す原因は、いろいろとあります。
しかし、中でも最も影響力が高いのが、「毎日の洗顔」です。

 

少なくとも朝と夜の2回は、洗顔しますよね。
メイク落としが必要となる夜に関しては、洗浄力の強いクレンジングと洗顔料とのW使いで、顔を丁寧に洗う人も多いはずです。

 

しかし、

 

・メイクが濃い(ウォータープルーフなど)
・肌がべたつく(オイリー肌、混合肌)

 

からといって、過剰に洗顔したり、強めのクレンジング剤を使い続けていては大変危険です。
なぜなら、皮脂の分泌量、つまり肌内部から分泌される油分は、皮脂膜によって分泌がコントロールされているからです。

 

皮脂膜とは、肌表面をラップのように覆っている膜で、外部からの刺激、侵入をブロックし、肌細胞が破壊されるのを防ぐ役割りがあります。
しかし、洗浄力の高い洗顔料やクレンジングで、過剰に洗顔することによって、大事な皮脂膜を失ってしまいます。

 

皮脂膜を失った肌内部では、

 

「大変だ!皮脂膜が足りない、急いで皮脂を作らなきゃ!」

 

と間違った信号が送られ、大量の皮脂が分泌されます。
これが肌のベタツキの原因です。

 

さらに、洗顔による過度の摩擦も加わり、水分を保つ細胞脂質間(セラミド)も皮脂膜と一緒に洗い流してしまうので今度は、乾燥を引き起こします。
「ベタついているのに、乾燥で肌がボロボロ」というなんともいえない肌の乱れた状態は、この過剰な「洗顔・クレンジング」が原因です。

 

【肌の水分と油分のバランスを整えるには?】

 

洗顔によって、失われる水分と油分のバランスを整えるには、

 

・洗顔、クレンジングを急いで見直す!
・肌に必要以上の摩擦を与えない!(W洗顔やゴシゴし洗い)
・保湿をしっかり行う(乾燥対策)

 

の3つです。

 

例えば、石油系界面活性剤は、強い洗浄力が期待できますが、大事な皮脂膜まではがし落とし、しまいにはバリア機能も破壊するので、乾燥やベタツキ、肌のピリピリ感といったトラブルが発生します。

 

それを回避するには、「マナラホットクレンジングゲル」のような無添加クレンジングゲルなどの肌に優しい洗顔・クレンジングを選びましょう。
「マナラホットクレンジングゲル」なら、W洗顔も不要で肌に対する摩擦の回数も少なく、また美容液のような贅沢な保湿成分も含まれているので、洗顔によって大事な組織を失う心配はありません。

 

特に、最近次のような肌トラブルで悩んでいる方は、すでに水分と油分のバランスが大きく崩れている可能性が高いので、早めに対策を取りましょう。

 

・しっかり洗顔しているのに、数時間後に肌がべたつく
・部分的に乾燥している
・肌がピリピリ痛い
・W洗顔している
・洗顔後、肌がつっぱる

 

肌の水分と油分のバランスを整えることができれば、バリア機能が向上し、自然と強く美しい肌を育むことができますよ。
洗顔・クレンジングを選ぶポイントは、以下の通りです。

 

・W洗顔不使用
・ケミカル成分不使用
・保湿成分配合
・天然成分使用

 

「マナラホットクレンジングゲル」のように使い続けることによって、潤い感が使用前よりも150%アップする洗顔料・クレンジングゲルが数多く誕生しているので、この機会にぜひ、洗顔の見直しを行ってください。

page top