美肌菌 効果

わずか1ヶ月で保湿機能を回復する美肌菌!

 

肌には、目に見えないたくさんの「菌」が存在しています。
でも「菌」と聞くと、なんとなく汚いイメージがありますよね。

 

でも、美肌を維持するには、絶対に必要なのです。
ただ、その中には、ニキビの原因となるアクネ菌や、毛穴を化膿させて肌荒れの原因となる黄色ブドウ球菌などもあるので、十分な注意が必要ですよ。

 

【「美肌菌」とは「表皮ブドウ球菌」のこと!】

 

今話題の「美肌菌」とは、表皮ブドウ球菌のことで、肌表面に弱酸性の膜を形成して、外から侵入して悪事を働く(にきびや酸化、シミやくすみなど)病原菌の増殖を防ぐ働きがあります。

 

また老化の原因となる「活性酸素の除去・消去」等にも深く関与しているので、ものすご〜〜く重要な菌となります。
表皮部ブドウ球菌が「美肌菌」と呼ばれる理由は他にもあります。

 

例えば、毛穴から分泌された皮脂を分解し、保湿成分グリセリンを作る働きがあります。
グリセリンは肌表面だけでなく、角質細胞をたっぷりの潤いで満たしてくれるので、もっちり透明でふんわりした肌にしてくれます。

 

肌が常時、最高の環境で保たれると、その他の保湿成分セラミドなどの生産力も高まるので、赤ちゃんのような生まれたてのみずみずしい弾力肌が形成されます。

 

美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ球菌が増えると、わずか1ヶ月程度では、保湿機能が回復したというデータもあるので、増やすべき「菌」なのです。

 

【美肌菌はどうやって増やすの?】

 

方法は、いくつかあります。
例えば、徹底的に「乾燥対策をする」という方法があります。

 

エアコンや間違ったスキンケア、等は、当然肌の乾燥を悪化させるので、避けなければならないポイント。
その他にも、美肌菌の栄養源は皮脂と汗なので、適度な運動で、代謝を高めるのも必要です。

 

そして、コスメ選びも重要なポイント。
防腐剤や保存料は絶対にNGですが、できれば、美肌菌を増やすコスメを上手に活用したいですよね。

 

例えば「HANAオーガニック」などは、国産オーガニックスキンケア化粧品で肌ダメージを及ぼす成分は一切配合していません。
それに、肌の健康を復活させる美肌菌のエサとなるローズマリーやバイオエコリアなどの美容成分配合なので、使い続けるほどに美肌菌がドンドン増殖します。

 

どうせ使うなら、話題の美肌菌が増えるコスメを上手に選びたいところです。
以上、あなたの肌の美肌菌も上手に育てて、自らの肌が潤いで満ち溢れた強い肌を維持できるようにしてください。

 

page top