石油系界面活性剤 洗顔

石油系界面活性剤は高洗浄力!だけどバリア機能が破壊される?

 

【石油系界面活性剤って何?】

 

界面活性剤といってもその種類は、とても多く、天然、合成によって作られるものに区分されます。
中でも、石油系合成界面活性剤は、洗浄力がものすごく高いことから、

 

・濃いメイクが落ちる
・皮脂汚れがスッキリする
・さっぱりとした洗いごこち

 

などで人気を集めています。
さらに、石油系活性剤は、天然に比べて、比較的安価で大量生産ができるので、高洗浄力を維持しつつ、手軽に購入できる洗顔料として、多くの方に選ばれているのが現状です。

 

【危険!肌のバリア機能を破壊し続ける?】

 

コスメを少しでも安く購入したい、できればさっぱりと汚れを落としたい、という安易な気持から石油系界面活性剤配合の洗顔料を使用している方も多いようですが、それは、実は大変危険な行為なのです。

 

確かに洗浄力が高く、使い勝手のよい石油系界面活性剤ですが、肌の健康に必要な皮脂まで全部奪ってしまいます。
表面にラップのような膜をつくり、外部からの侵入、刺激をブロックしている皮脂がすべてなくなってしまうと、肌のバリア機能が少しずつ破壊されます。

 

バリア機能が破壊されると以下のような症状が・・・

 

・肌の水分がなくなり乾燥によるトラブルが発生
・神経が過敏になり肌がヒリヒリ・ピリピリする
・角質が破壊され毛穴の開き、キメの乱れが発生
・ターンオーバーが乱れシミ、くすみ、乾燥小じわが発生

 

などなど、症状を上げるとキリがありません。
しかも天然の界面活性剤は、水でさっと洗い流せば、問題ありませんが、石油系界面活性剤は、なかなか落ちない、という欠点があります。

 

そのため、何度も何度も顔をこすり洗ったり、W洗顔の必要や湯の温度が高くなるなど、肌に悪い影響を与える要因を多数作ってしまうのです。
メイク汚れや古い角質がさっぱりと落ちて、すっきりするかもしれませんが、バリア機能を破壊し、角質細胞をボロボロにしては、意味がありませんよね。

 

【美肌を維持するにはどんな洗顔成分がいいの?】

 

バリア機能を守りながら、汚れをしっかり落としたいなら、

 

・天然の洗浄成分配合のクレンジング
・石油系界面活性剤などケミカル成分無添加

 

のクレンジング、洗顔料を選ぶのが基本です。
例えば「マナラホットクレンジングゲル」などは、カプセル化されたパパイン酵素やオリーブ油などが、石油系界面活性剤の代役として、高い洗浄力を発揮します。

 

すべて天然の成分なので、バリア機能を破壊する危険性もまったくありません。
石油系界面活性剤以外にも、着色料や合成香料、鉱物油、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤などバリア機能を破壊する危険な成分無配合のものがベスト。

 

少しでも、肌に良い成分をチョイスしている洗顔料を選ぶように心がけてください。

page top