ファンデーション 呼吸

呼吸を妨げるではなく、肌環境を悪くする?

 

 

女性なら、ほぼ毎日行っているメイク。
メイクをすることで、肌がきれいになるし、何より自分に自信が持てるから、嬉しいものですよね。

 

でもちまたには「ファンデーションが肌の呼吸を妨げる?」というなんとも恐ろしい噂が・・・。
もし、その情報が真実なら、すでに多くの女性の肌は窒息して、ボロボロの状態になっているはず。

 

【ファンデーションが肌の呼吸を妨げる?は、誤解!!!】

 

いろいろと調べてみると、ファンデーションが肌の呼吸を妨げるのは、なにやら誤解のようです。
ただ、それは、解釈に問題がある、ということであって、肌機能が低下して、老化を引き起こす要因になる事は確かです。

 

そのため、
・毎日のメイクが欠かせない
・成分をチェックせず、ファンデーションを選んでいる
・オイルクレンジングでゴシゴシ洗っている

 

方は、ちょっと危険かも知れません。
なぜなら、ファンデーションの種類によっては、毛穴を詰まらせて、本来の機能を阻害している可能性が高いからです。

 

例えば油分が多いファンデーションは、毛穴の凹凸に入り込んで、なかなか落とせないのが一般的。
またオイリー肌など、他の人と比べて、皮脂分泌が多い方は、油分の多いファンデーションと皮脂のW作用で、余計に毛穴に詰まってしまいますよね。

 

つまり、
・油分の多いファンデーション
・皮脂分泌の多い人

 

は、ファンデーション選びを間違ってしまうと、毛穴のつまりによる年齢肌トラブルが多発するかも知れません。
次に、ファンデーションに肌に悪い成分が含まれていると、バリア機能を破壊する要因となります。

 

バリア機能が外的要因から肌を守るラップのような役割りがあるので、それが失われると老化が早まります。

 

【ではどんなファンデーションがいいの?】

 

近年販売されているファンデーションは、粒が細かいので、肌呼吸を妨げる心配はありませんが、上記のようなファンデーションだと、毛穴を詰まらせたり、古い角質や汚れがこびりついたり、バリア機能を破壊したりと、とても心配な要因が含まれています。

 

なので、できるだけ、肌に優しいファンデーション選びが重要です。
例えば、オーガニックコスメは、天然由来の成分だけをこだわって使っているので、原料には、とにかく安心です。

 

また、バリア機能を破壊するどころか、強化し、肌本来の機能を引き出す作用も高いので、できる限りオーガニックコスメを取り入れるようにしましょう。
「HANAオーガニック」ファーでーションは、皮脂の過剰分泌を抑え、余分な皮脂を吸着するピュアミネラル成分なので、オイリー肌の方にも安心です。

 

一緒に天然オイルと美容クリームから作られたクレンジングを使うと、肌に負担をかけることなく、しっかりメイクのファンデーションも落とすことができます。

 

毎日使用するものだから、少しでも肌に優しい天然由来で作られたファンーデーションを選ぶようにしてくださいね。
ちまたに流れる「ファンデーションが肌の呼吸を妨げる」は、半分は誤解かもしれませんが、肌の状態を悪くするという意味では、本当なので、これを機会にファンデーションを見直してみてくださいね。

page top