ビタミンC誘導体 効果

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット

 

 

ここでは、

 

・ビタミンC誘導体って何?
・種類やそれぞれのメリット・デメリット

 

について、分かりやすく説明します。

 

【ビタミンC誘導体って何?】

 

簡単に言えば、ビタミンCのダメな部分を改良したのが「ビタミンC誘導体」。
そのため、従来のビタミンCよりも美肌パワーは圧倒的に高くなっています。

 

しかし、ビタミンC誘導体といってもさらに、細かくタイプが分かれており、各々で、肌への浸透、働き方等が異なります。
それぞれの特徴が分からなければ、美肌どころか逆効果になる事もあるので、この機会にタイプと特徴、メリットやデメリットを理解しておきましょう。

 

【ビタミンC誘導体の種類とメリット・デメリット】

 

ビタミンC誘導体は、大きく3つのタイプがあります。

 

■タイプ1「水溶性」

 

・メリット

 

リン酸アスコルビン酸3Na、リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMgなどの「リン酸型」に代表される水溶性は、皮膚内の酵素により最も多くビタミンCに変換されるのが特徴。

 

そのため表皮での即効性が高く、メラニンの排出、ターンオーバーの促進に効果が期待できます。
またサラッとした使用感で、ニキビ肌、オイリー肌、毛穴のづまり解消にも最適。

 

・デメリット

 

水溶性には、その他「グルコシド型」「硫酸型」も存在。
しかし、この2種は、ビタミンCに変換する酵素がとても少ないため、肌に塗っても思うような効果は期待できません。

 

その他水溶性全般に次のような欠点があります。

 

「即効性はあるものの、持続が短い」
「高濃度で使用するとく表皮で酸化し、シミやくすみの原因になることも」
「表皮のみで、真皮には浸透しない」

 

以上のことから、

 

・グルコシド型を選ぶ
・塗布後、紫外線にあたらない
・クリームやジェルなどの保湿ケアも一緒に行なう

 

など、工夫しながら利用するのがポイント。

 

■タイプ2「油溶性」

 

・メリット

 

油溶性には、「パルミチン酸」「ジパルミチン酸」「ステアリン酸」「イソパルミチン酸」の4タイプがあります。
中でも「イソパルミチン酸」は、浸透、安定性に優れ、皮膚科での使用率も高いのが特徴。

 

また、「表皮」メラニンの生成を抑制、「真皮」で、コラーゲンの生成や新陳代謝をサポートするなど、表皮、真皮いずれのケアにも有効。
ゆっくり浸透するので、シミやシワ、たるみやニキビ跡などの改善に期待できる。

 

・デメリット

 

水溶性に比べ、持続性はあるものの、吸収に時間がかかるのが難点。
また、油に混ざっているため、使用感のベタツキ、毛穴の詰り等のリスクも。

 

■タイプ3「高浸透型」

 

・メリット

 

新型、ハイブリットとも呼ばれるタイプで、水溶性、油溶性いずれの特徴も持ち合わせています。
そのため、表皮、真皮いずれにも作用し、肌全体の活性化に最適。

 

また、油溶性に比べ、浸透、吸収力に優れている上、低刺激なので、敏感肌にも安心。

 

・デメリット

 

水溶性のベースに粉末で配合するため、酸化劣化のスピードが早く、消費期限が限られているのがデメリット。
開封後、速やかに使用するのがベスト。

 

また高濃度配合の場合、若干の泡立ち、ニオイ、ピリッとした刺激を稀に感じることも。
以上それぞれの特徴を理解し、目的に合わせてお選びください。

 

 

page top