ニキビにシワ、ダブル洗顔がもたらす悪影響

 

ダブル洗顔とは、「クレンジング」と「洗顔」の両方で顔を洗うことを意味します

 

●「クレンジング」は、ウォータープルーフ等の油分の多いメイク汚れを落とし
●「洗顔」では、皮脂汚れや角質、さらにはクレンジングの油分を落とす

 

など、それぞれの働きを上手に使い分けるのが一般的です。
にもかからず、なぜダブル洗顔がダメだ!と言われるのか、不思議ですよね。

 

そこでなぜ「ダブル洗顔がダメ」なのかいろいろと調べてみました。

 

【ダブル洗顔による肌ダメージ】

 

正直ダブル洗顔には賛否あります。
しかも、肌質によっては、ダブル洗顔が必要な場合もあるのも事実です。

 

しかしながら、ダブル洗顔を長期にわたり続けていると、確実に肌へのダメージは深刻で、肌荒れを引き起こすのは避けられません。
その理由はいくつかあります。

 

1・石油系界面活性剤

 

殆どのクレンジングに「石油系界面活性剤」が含まれています。
これは、油性のメイクを落とすには、なくてはならない成分の一つです。

 

しかし、石油系界面活性剤は、美肌に必要な皮脂膜まで落としてしまうため、乾燥や過剰な皮脂分泌という肌トラブルの原因を作ります。
さらに、この成分は肌についたらなかなか落ちにくいという性質を持ち、洗い残しが発生するリスクが高くなります。

 

そのため、肌表面が酸化し角質細胞が破壊され、バリア機能が低下による肌荒れが起こります。
そのため、ダブル洗顔は避けられないのが現状。

 

2・肌への摩擦による老化

 

ダブル洗顔とは、文字通り2回に渡り、洗顔をする必要があります。
最初のクレンジングで、濃いメイクをしっかり落としたあと、再び、洗浄成分の高い石けんで肌をゴシゴし洗うことから、皮脂膜だけでなく、水分保持に必要なセラミドまで失います。

 

そのため、乾燥で肌がボロボロになり、肌荒れは避けられません。

 

【ダブル洗顔をしない方が良い肌タイプって?】

 

特に次のような肌質の方は、ダブル洗顔はあまりおススメできません。

 

・肌が乾燥している
・洗顔で肌がピリピリする
・洗顔しているのにべたつく
・ニキビを繰り返す

 

では、このような肌質の方は、どうしたらいいの?
それは、「マナラホットクレンジングゲル」のようにW洗顔不要でありながら、メイク汚れも皮脂汚れもしっかり落とすゲルを使用すること。

 

W洗顔不要のクレンジングゲルは、石油系界面活性剤に代わって、酵素やオリーブ油、メドウファーム油などで構成された温感ゲルが、毛穴のメイク汚れも皮脂汚れも溶かして、浮かせて取り除くので、1度の洗顔で全ての汚れが除去できます。

 

しかも、洗顔によって失われた水分と油分をすばやく補給するための保湿成分もたっぷり配合されているので、乾燥によるトラブルも回避できます。
もちろんたった1回の洗顔で完了するので、摩擦によるダメージも軽減できますよね。

 

ダブル洗顔による肌荒れが気になる方、特に乾燥肌で悩んでいる方は、ぜひ「マナラホットクレンジングゲル」のようにW洗顔不要のクレンジングを利用するようにしてください。