アルブチン効果

アルブチンには美白効果があるって本当?

 

 

アルブチンは、実は、かなり歴史のある成分で、1989年に厚生労働省が「美白に効果がある」と認めています。
その後、大手化粧品メーカーが美白美容液に配合したことで、一気に注目を集め、現在、美白には欠かせない成分として根強い人気があります。

 

アルブチンは、人気の美白成分「ハイドロキノン」にブドウ糖を結合した成分で、ハイドロキノン誘導体とも呼ばれ、ブドウ糖を結合させることで、刺激を抑え、安定的に肌にゆっくり浸透させることが出来ます。

 

【アルブチンの効果とメリット】

 

アルブチンは、

 

・江崎グリコが開発、国際特許取得の「α型」
・資生堂開発の「β型」

 

の2タイプがあります。
現在、アルブチンといえば、一般的には厚生労働省認可のβ型ですが、水やアルコールに溶けやすく美白効果がβ型の10倍のα型アルブチンが、より高い美白効果が期待できます。

 

しかし、成分表記載の「アルブチン」の殆どがβ型なので、α型を利用したい場合は、表記に「α型アルブチン」とはっきり記載されているものを選ぶ必要があります。

 

■メリット

 

アルブチンの美白作用といえいば、「チロシナーゼ」に対するアプローチです。
シミの原因となるメラニン色素は、肌を紫外線や炎症から守るためなくてはならない肌機能ですが、メラニン色素が肌内部に留まると、シミやくすみ、そばかすの原因になります。

 

アルブチンは、メラニン色素を合成する際に必要な「チロシナーゼ」に働き、メラニン色素の合成をブロック。
その結果、シミやくすみ、そばかすができにくい肌へと導きます。

 

そのため、「これから出来るシミ」に対し有効な美白成分です。

 

■デメリット

 

チロシナーゼの働きを阻害する事に優れたアルブチンですが、

 

・紫外線そのものを予防する
・すでにあるシミを排出させる

 

等の作用は殆ど着たい出来ません。
そのため、

 

・すでにあるシミを消したい
・シミを少しでも薄くしたい

 

といった、美白には効果が期待できません。
その場合は、「肌の漂白剤」との異名を持つハイドロキノンが有効。

 

ハイドロキノンは、アルブチンに比べ、かなり強力な美白作用を持ち、「すでに出来てしまったシミ、ニキビ跡」ケアにも最適です。
しかし、美白作用が高い分、肌への刺激が極めて強く、使い方や肌質によっては、白斑、ただれ、赤み、痒みなどの肌トラブルが起こる可能性も否定できません。

 

以上のことから、アルブチンは

 

・チロシナーゼに働き、シミが出来にくい肌にする
・肌への刺激が弱いため、敏感肌でも安心して美白ケアができる
・すでに出来てしまったシミには効果がない

 

等、メリットデメリットがある事を覚えておきましょう。

page top