色々な美容に関する豆知識!

スキンケアや美容に関する雑学です

美容に関する雑学記事一覧

悩んだことはないでしょうか。朝と夜のスキンケアはどちらを重視したらいいのか、ということです。できれば朝は数分でも長く寝ていたいという本音だってありますよね。ここで結論を言ってしまいますと、朝のスキンケアは簡単でも大丈夫です。極端な話、洗顔後、化粧水で肌を整えてから、UVカット効果のあるメイク下地だけというスキンケアでもいいのです。朝の慌ただしい時間のスキンケアで丁寧に行うべきなのは洗顔だけでもいい...

つい夜更かししてしまう習慣がついていませんか?また起きたときに爽快な気分からはほど遠く、なにか逆に疲れているように感じているなら、睡眠の質を疑ったほうがいいでしょう。睡眠の質が良くない、ということは、安眠できていないのです。肌のゴールデンタイムは深夜12時から深夜2時ということはご存知の方も多いものです。けれどもただ眠っているだけで、質の良い睡眠を得ていることが条件になります。そうなると早寝してい...

肌が刺激に弱い敏感肌の方はアンチエイジング効果が高い美容成分を使うと、刺激に負けてしまうことがあります。ビタミンCやレチノールはとてもアンチエイジング効果が高い美容成分ですが、難点は敏感肌にはちょっと刺激があることです。そこでおすすめの美容成分がナイアシン。ナイアシンはビタミンB3のことで、水溶性のビタミンの一種です。肌への刺激が少なく済みます。効果はと言えば、肌のコラーゲンを増やしたり、肌のうる...

メラニン色素が集中してしまい、さらにメラニン色素の工場であるメラノサイトが暴走している状態がシミです。うっすらとしているだけでも意外と目立ちますよね。だからあきらめる方も多いかもしれません。でもシミが濃くなる前であれば、きちんと美白化粧品で効果は出てくれます。だからあきらめることはないのです。色白の方は日焼けでシミになりやすいといデメリットがあります。シミ予防にはやはり紫外線対策をきちんと行うこと...

肌のお手入れに使用する基礎化粧品を選ぶ際に美容成分で迷うことはありませんか。特にアレルギーがある方にとっては大きな問題ですよね。現在、化粧品の成分表はアレルギーをお持ちの方が原因物質(アレルゲン)を避けて選べるように表示されています。そういう成分を避けて選ぶ際でも頼りになるといえる美容成分があります。それがビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。これらのビタミンは肌にとってありがたい効果を持ってい...

アンチエイジングというと、たるみやシワ、シミに関心が向かいがちです。ところがもっと深刻で、さらにアラサーから注意したいアンチエイジングのパーツは毛穴なのです。たるみ毛穴、毛穴詰まりは美肌の敵ですし、肌も老けて見せてしまいます。ですから毛穴ケアもアンチエイジングを考えたスキンケアでは欠かせません。実際に毛穴を目立たないようにお手入れしておくと、肌がすべすべに見えます。するとそのすべすべした質感で若々...

肌の衰えは気になってしまいます。そこでパックやマッサージと頑張ってみても、正直、結果を実感する前に疲れていき、スキンケアを放棄したくなってしまう…ということも多いものです。確かにパックもマッサージもアンチエイジングに効果的ですが、自分が疲れてしまうのではよくありません。いくつもの化粧品を使ってスキンケアすることが楽しいなら苦にもならないでしょう。でも目的が違う化粧品を毎日いくつも使うのは肌には負担...

敏感肌の方は肌が乾燥しています。敏感気味でも皮脂が多く出過ぎる…という方も実は肌が乾燥しているのです。水分不足で肌のバリア機能が弱っているから皮脂で必死に守ろうと働き、結果的に刺激に弱いまま、皮脂が増えるのです。皮脂も水分も不足している敏感肌の方も多いですよね。水分も皮脂も少ないため、肌を守りにくいから敏感肌になってしまうのです。刺激に弱く、トラブルを起こしやすい、どちらの敏感肌も肌のバリア機能の...

知っておくべきことはエステが自分ではお手入れしきれない、難しい肌のお手入れをしてくれる場所です。心地いいマッサージやゴマージュ、丁寧に行われるパックは基本的に肌のコンディションを好ましく整えてくれる施術です。よく宣伝されている脱毛に関してもエステは自己処理が楽になるように整えることが目的になっています。本当にリラックスしながら、肌を好ましい状態にしてもらう意味を考えておけば、高級な化粧品を惜しみな...

胸のときめきは女性にとても重要なことです。このときめくということは、いい意味でドキドキすることです。このドキドキは脳を刺激し、女性ホルモンの分泌を促すだけではなく、交感神経を刺激して身体の新陳代謝もアップさせます。さらに脳内ではPEAやドーパミンが放出されて、さらにイキイキ変わっていく効果を得られるのです。ドーパミンが放出されるのは短い期間ですが、その後は安心感を与えるβエンドルフィンやセロトニン...

今のトレンドはツヤ肌と抜け感のあるポイントメイクです。でも大人の女はメイク全部をトレンドにするのはちょっと不足です。そこで上手にトレンドを押さえつつ、旬の顔にしながら、大人の雰囲気を持たせるのが正解。ですから顔全部にツヤを与えるというのはちょっと子供っぽいともいえます。そのためひとひねりしましょう。まずメイク前に必ず使ってほしいのは日中用美容液です。紫外線対策も考えられていますし、保湿効果、ハリキ...

まず知っておくべきことは、レチノールとは何かということです。レチノールはビタミンAの一種で、人間の体内にもあります。ビタミンAの一種ということもあり、油溶性という性質があって、クリームや美容液に配合されることが多くあります。肌のターンオーバーを正常化させるだけではなく、肌の弾力性を支えるコラーゲンを増やす性質を持っていて、まさしくアンチエイジングのためにある美容成分といってもいいですね。肌をふっく...

ワセリンは多くの皮膚治療薬の基剤に使われている刺激の少ないクリームです。皮脂と近い油分なのですが、肌には浸透せず、表面を覆う形で保湿を行います。だから皮膚科での処方薬で使う理由は薬剤を肌に浸透させ、表面はワセリンで保護するという形を狙っているといってもいいですね。ドラッグストアなどでも気軽に入手できます。ワセリンは驚くほど安く、かなりお得感があります。肌に浸透しないためべたつくので、使い心地に好み...

マスカラや口紅は滲みにくくなっていますよね。滅多にポイントメイクが崩れて大惨事ということもなくなっています。逆に考えれば、クレンジングで落としにくくなっていると言えます。特にマスカラは機能的に優秀であればあるほど落ちにくいのです。カールさせたり、長さを出したり、ボリュームを出したりとマスカラはアイメイクで欠かせません。そのマスカラをきちんと落とさないと、まつげにダメージが出てしまいます。口紅でも同...

最近では食習慣や生活習慣、それにスキンケアのメソッドが完成して、肌を若々しくキープできる年齢が延びていると言ってもいいですね。つまり「25歳はお肌の曲がり角」という言葉はすでに古くなった言葉なのです。ですから30代に入っても、健やかで若々しい美肌を維持できるし、肌のうるおいも充実しています。だからみずみずしい肌でいられるのです。ところが今まで通りのスキンケアでは肌の乾燥が治まらなくなっていくのがア...

ドキッとするのは、手指で年齢がわかるという話です。首よりも手指のほうが実は年齢は出やすい理由は常に使っているパーツだからです。しかも顔や首は紫外線対策をしていても、手指は怠りがち。それでは衰えていきます。確かに良く働いた手は美しいのですが、爪から手、指先まで若々しさを保ちたいですよね。ネイルカラーもガサガサに荒れている手では哀しくなります。だからハンド&ネイルケアも気を配りましょう。ネイルカラーを...

年齢に負けず、元気でつやつやの肌を手に入れるエイジングケアの方法は、3つ。とはいえ、決して難しいことでも、特別な事でもありません。つやつや美肌をキープするのは、実は、意外と簡単でシンプルな事なんですよ。ただ、継続できなければ意味がありません。なので、今日から早速、無理のない範囲で楽しく続けられるように努力してくださいね。方法その1・正しいスキンケアつやつやの肌を失ってしまう原因、それは、間違ったス...

高い化粧品を使っているのに、なかなか肌がキレイにならない、自分の肌がものすごく嫌い、という方は、その考えそのものを改めなければいけません。なぜなら、脳が美肌をコントロールしているからです。脳と肌は一体化!?脳細胞と肌細胞は、同じ構造を持つため、さまざまな影響がダイレクトに伝わりやすいといわれています。例えば、脳が疲れると、ふきでもの、ニキビ、毛穴の開きやたるみ等のトラブルとして影響を及ぼします。逆...

人間の肌は、表面にある「表皮」、その下の「真皮」、そして一番奥にある「皮下組織」の3つの層で構成せれ、さらに表皮は、「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層に分かれています。そして、肌は一番下の基底層で誕生し、有棘層、顆粒層、角質層を押し上げ、肌表面に現れます。生まれたての肌は、みずみずしく、弾力に満ち溢れ、透明度が高いのが特徴です。肌が新しく生まれ変わるこの状況の事を「肌再生」といいま...

「肌断食」や「シンプルスキンケア」といえば、ピンとくる方は多いかもしれませんね。いつも使っているスキンケアラインを一切使用せず、洗顔後、すっぴんのままで過ごすという、実にシンプルな美容法です。これまで色々な化粧品を肌につけていた方にとっては、大胆かつ、恐ろしい行為にも思われるかもしれません。だって、洗顔後、素肌のままで放置するなんて・・・考えただけでも怖いですよね。乾燥、外的要因による刺激等、色々...

以下の4つの方法で、あなたもきっと美肌美人になれますよ。本気で肌を綺麗にしたいなら、諦めず、努力あるのみです。その1・洗顔スキンケアの基本、それは、洗顔です。高級で有名な化粧水や美容液を使っても、洗顔がダメなら、ダメ。なぜなら、汚れやメイク、油分や角質などで、毛穴を塞ぎ、美容成分の浸透を妨げるからです。さらに、新しい肌細胞を作るターンオーバーの乱れが発生し、シミやくすみ、シワの原因を作ります。正し...

アラフィフといえば、これまでの生き方、生活習慣、食事、など全部が顔に表れますよね。すごく若く見える人もいれば、ものすごく老けて見える人など、大きな差が生じてしまうのが現実。ただ、どっちにしろ、1歳でも若くみられたいのがホンネ。でも、どうあがいても、綺麗になるのはもう難しいのかな?と、諦めてはダメ。若さとは、自分が諦めた瞬間から一気に、失われてしまうのです。アラフィフでも「絶対に綺麗になりたい」「ず...

ちゃんとメイクしているのに、血色が悪く、不健康に見られたり「顔色悪いよ」「怒っているの?」と指摘される事も・・・。そんな方におススメ!!「血色の悪い顔を改善する方法」を3つのタイプ別に紹介します。タイプ1・血色が「青白い」血色が悪く、顔が青白い場合は、「冷え性」「低体温」が原因です。冷えは、血液の流れを悪化させ、身体中の正常な機能を奪います。中でも、お腹を触ったときに「冷たい」と感じる場合は、内臓...

人間の身体には、不調を整える機能が備わっています。疲れた身体を整える「疲労回復」、紫外線やホコリ、メイク汚れで傷ついた肌を修復する「肌再生」等がありまが、その機能が発揮されるのが「睡眠中」です。特に、肌の修復機能は、睡眠中こそが、最大限のパワーが引き出される時なので、年齢肌などのトラブルに打ち勝つには、「睡眠」という環境を万全に整える必要があります。寝ている間に若返るって本当?肌の奥深いところで誕...

肌の生まれ変わりの事のことターンオーバーといいます。肌が多少傷ついていも、1ヶ月、2ヶ月そこらで、元通りの綺麗な肌に戻りますよね。子供なら、きっと数日足らずで、つるつるの肌に戻っているはず・・・。それは、ターンオーバーが成せる技なんです。肌は、基底層と呼ばれるもっとも奥深い場所で生まれます。生まれたばかりの肌は、セラミドなどを蓄えながら、肌を構成する3つの層を押し上げ、肌の表面近くに姿を現します。...

肌が弱い方の多くは、乾燥による肌のバリア機能が損なわれていると考えられます。バリア機能の低下は、外的要因から肌を守る事ができず、刺激によるトラブルを受けやすい状態にあるのです。そのため、化粧水がピリピリとしみたり、髪の毛が肌に少し触れるだけでも、かゆみやかぶれなどを引き起こしたりと、さまざまな炎症を引き起こします。中には、化粧品に含まれているアルコールや合成香料、合成着色料などの添加物で、深刻な肌...

同年齢よりもいつも年上に見られてしまう・・・。1歳でもいいから若く見られたい・・・。そんな悩みを抱えている方って、とても多いですよね。年齢相応ならまだしも、1歳でも老けて見られると、かなりのショックを受けるものです。いろいろな努力をしている”つもり”なのに、なぜ、ここまで見た目の印象に差が生じてしまうのか、と頭を抱えている方も多いでしょう。そこで、今回は、実年齢より老けて見られる方と、若く見られる...

汗がダラダラと流れ落ちる「夏」は、脂で肌は常にベタついて嫌だ・・・そんなイメージがありませんか?しかし、意外かもしれませんが、夏でも肌は、乾燥します。いや、夏こそ保湿に十分気をつけなければならない程、肌が乾燥します。肌のベタつきやニキビ、くすみにシワ、たるみ等の肌トラブルに悩まされている方は、間違った夏のスキンケアが原因と考えられます。今回は、その原因と対策を紹介します。ところで肌が乾燥するとなぜ...

仕事が忙しくなると、ニキビや吹き出物などの肌トラブルが発生する、という経験ありませんか?色々な方法で、なんとか対応しているものの、一向に改善しない、という場合は仕事の「ストレス」が原因かもしれません。「ストレス」の場合、根本的な原因を取り除き、その時の肌質に適したスキンケアを行なわなければ、後の肌状態に深刻な影響を及ぼす危険性も・・・。今回は、仕事のストレスでの肌荒れの原因と、正しいスキンケアの方...

「季節の変わり目に肌の調子が悪いな〜」と感じても、その症状は個々によって異なります。その中でも、具体的にどのような症状が現れるのか紹介しましょう。・肌の乾燥、粉っぽくなる・眉間や目元、頬がかゆくなる・髪の毛が触れただけでかゆみが発生する・ニキビができる・脂っぽくなる・赤くなってピリピリと痛い等の症状です。生活習慣やホルモンバランスが極端に変わった、最近化粧品を変えたばかりだ、などに心当たりがない場...

・保湿クリームを塗っても肌はガサガサ・皮膚がポロポロ落ちる・かゆみがある・化粧水や美容液が滲みる・乾燥肌なのに、脂っぽく化粧崩れがひどい以上のような悩みを抱えている方は、今すぐこれまでのスキンケアのやり方を改めなければ、この先いくら保湿しても、粉を吹く肌質を変えることは難しいでしょう。なぜなら、肌表面だけでなく、真皮細胞の奥深くから水分が失われ、肌を育む機能はすべてストップ。そこは、まるで、砂漠の...

目元、口元にできる小じわって、本当に嫌ですよね。鏡で小じわを見つけるたびに、「わたしも歳とったな〜」って、ため息ばかりの毎日です。そんな風に感じている方って、多いですよね。小じわは、見た目年齢をグッと引き上げる大変危険な肌トラブルで、ほうれい線にいたっては、5歳以上も実年齢にプラスされます。ここでは、乾燥肌のせいで小じわが目立つ、という悩みを抱えている方に最適なスキンケアの方法を紹介しますので、参...

疲れているの?疲れ顔だね!と指摘されて、ハッとした経験ありませんか?本当に疲れいてるならまだしも、スキンケアもしっかりメイクもしているのに、そんな風に言われたら、すごくショックですよね。だけどそれって、肌のくすみやしみ、たるみが原因かもしれませんよ。このままだと疲れ顔がいつしか、老け顔になる危険性も高いので、今のうちになんとかしましょう。ここでは、疲れ顔だと指摘されるいくつかの原因をピックアップし...

顔の肌のごわごを何とかしたい!と思うなら、角質ケアをはじめましょう。手に触れるあの嫌な感触は、ずばり、古い角質です。角質って何だ?角質とは、肌表面の外側にあるタンパク質で、実はすでに死んだ細胞のこと。「なら全部取っちゃえばいいじゃん!」と思いがちですが、それはNG。皮膚は、表皮と真皮の2重構造で、外部と直接触れる部分が角質層。角質層は、およそ0.03mmという薄い膜がレンガブロックのように重なって...

1歳でも若く見られたい方は、以下の方法を早速取り入れてください。【方法その1・角質対策】実年齢よりも老けて見られる方の特徴として、ターンオーバーの乱れ、があります。ターンオーバーとは通常28日プラス14日かけて、新しい肌細胞を誕生させ、古い角質を肌表面から剥がす。この繰り返しが、バリア機能に優れ、みずみずしいハリ、弾力に溢れた肌を維持するための条件です。しかし、肌表面に古い角質が、いつまでもしつこ...

30代後半からなんだか季節の変わり目に肌トラブルがひどい、些細な事で、肌に赤みやかゆみが発生する、化粧品が滲みて痛い、など深刻な肌トラブルに悩まされているなら、バリア機能の低下が心配ですね。バリア機能は、肌をあらゆる外的要因から守ったり、肌内部の水分量をキープするのに、とても重要な役割を担っています。そのため、バリア機能の低下は、肌老化を進行させ、しみやシワ、ほうれい線などの肌老化を早めてしまうの...

肌のくすみの原因は色々とあります。例えば、肌がグレーっぽくなるくすみは、乾燥や摩擦などが原因です。一方、肌が黄色っぽく、「黄ぐすみ」と呼ばれる黄褐色系になるのは、「糖化」が原因です。糖化対策は、一般的な基礎化粧品や外からのスキンケアでは、十分な対策が取れないため、食事、運動、生活習慣等のすべてを見直す必要があります。【糖化が進む原因って?】糖化の原因は「糖」の摂りすぎです。糖は、身体に活力を与える...

ニコっと笑ったときに出来る口元のほうれい線・・・。なんか年齢よりも老けたように見えて、すごく嫌いって方多いですよね。その線が日に日に深く、はっきりとしてきた、と感じる方は、今のうちになんとかしなければ、実年齢よりもさらに5歳も10歳も老けて見られますよ。口元のほうれい線が怖いのは、将来的に、アゴの辺りまで線を延ばし「マリオネットライン」や「ブルドック顔」などと呼ばれる世にも恐ろしい老け顔を作ってし...

【アトピー性皮膚炎って?】ギリシャ語で「奇妙な」「不思議な」という意味を持つ「アトピー」。つまり、医学の進化が目覚しい現段階でも、アトピー性皮膚炎の”これ”といった原因は、究明されていないのが現状なんです。ただ、肌が外的刺激等にすごく敏感に反応する「敏感肌」である事は間違いありません。症状も個々によって異なりますが、主な症状としては、乾燥によるかゆみ、赤み、皮膚がボロボロと落ちる、引っかき傷で化膿...

ひょっとしてあなたは今、顔だけ真っ白なおばさんになっていませんか?若いころは綺麗だったのに加齢とともにスキンケアを手抜きしてそれを隠すためにファンデーションの厚塗り、、、5年前までの私の事です(汗)ほうれい線やシワ、頬のたるみにくすみ、シミやニキビ跡・・・。これらの肌トラブルが一つでも消す事ができれば、どれだけ幸せか。そこで手放せないのが、ファンデーションです。ひと塗りで、肌トラブルを素早く隠して...

もしも私が、肌がワントーン明かるくなるだけで「人生まで変わってしまう」と言ったら信じられますか?肌が色が白く、明るいだけで、性格までなんだか「良い人」に見えちゃいますよね。逆に、シミやクマ等でくすんでいるだけで、実年齢よりも老けたり、なんとなく、「不機嫌?」「怒っている?」と思われちゃう事ってありませんか?なんだか、理不尽にも思えますが、これが現実なんですよね。「色白は七難隠す」というように、肌が...

最近ノーファンデを好む人って多くなっていますね。女性だけでなく、「自分の彼女には出来ればすっぴん美人でいてほしい」なんて、希望する男性も増えているとか。ファンデーションには、シミやシワ、たるみなどを一瞬にしてカバーできるだけの魔法があります。しかし、毎日使い続けることは、肌へのストレスが強く、さまざまなトラブルの原因になってしまうのも問題。でもノーファンデといっても、化粧品やUVケアを全くしない、...

毛穴やシミ、くすみがなく、つるつるの卵肌を保つには「ターンオーバーの正常化」が必要です。ターンオーバーという言葉はくらいは知っていますよね?ターンオーバーが乱れると?卵肌キープに必要な「ターンオーバー」とは、肌の生まれか変わりのことです。4つの層から構成される肌は、新しい細胞が基底層で誕生し、肌表面に押し上げられ、新しい細胞が肌表面に出現するという構造になっています。そのとき、古い細胞は垢となって...

アスタキサンチンの持つ「抗酸化力」は、カロテノイドの中でも群を抜いていることから、美容業界で今最も注目されています。たるみやシワ、くすみやほうれい線などの年齢肌トラブルを抱える女性にとって「抗酸化力」は、なくてはならない成分。だれにでも訪れ、避けては通れない加齢・・・ですが、アスタキサンチンを上手に取り入れれば、加齢にストップをかけることは不可能ではありませんよ。【ビタミンEの約1000倍、βカロ...

緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種で脂溶性の赤い色素が「リコピン」。食品では、トマト(ミニトマト)が圧倒的に多く、可食部分100g中8.1mg含有。次いで、スイカのやグレープフルーツの3.2mg、柿、ピーマンやナス、パパイヤにさくらんぼなどに含まれています。ちなみに西洋では、トマトを「医者要らず」と呼ぶほど優れた栄養や効能があることでも有名ですが、中でも注目すべきが「リコピン」なんです。医者を...

骨には骨の動きに適したコラーゲンがあるように、美肌には、真皮細胞の構造に必要なコラーゲンが存在し、それぞれで役割、効能、働き方が異なります。逆に、骨に適したコラーゲンを美肌維持目的で大量に取り入れても、全く意味が無い、という事。現在、確認されているコラーゲンの数は、30種以上。「コラーゲンの効果を実感できない」「飲んでも意味が無い」と感じている方は、本来の目的に適したコラーゲンを摂取できてないのが...

一度ついたらなかなか消えないマスクのゴムの後って本当にやっかいですよね。出先に着用したら、帰宅時まで簡単に外せない、って方多いのではないでしょうか。「でも、それって、みんな同じでしょ!」と思ったら大間違い!長時間のマスクでも、全くゴム後がつかない人もいるのですよ。その違いは、一体なんだと思いますか?その原因を知り、早くなんとかしなければ今後深刻な肌トラブルが出現します。ゴム後に心あたりのある方は以...

化粧品などに入っているセラミドは、4種類に分かれます【タイプ1・天然セラミド】「ビオセラミド」「セレブロシド」動物の脊髄や脳から抽出。ちなみに、馬から抽出されたセラミドは、存在する7種のセラミドをすべて含有し、浸透性、親和性に優れているのが特徴的。使い続けることで肌内部のセラミド産生量を増加、活性化させる効果も期待できます。しかし、少量では、効果を実感しにくく、十分な量を確保するには、価格が高くな...

身近に数多く存在するミネラル。生命維持に欠かす事のできない必須ミネラルは、多くの食品に含まれています。例えば、ミネラルウォーターや海洋深層水、魚介類や納豆にピーナッツ、などがあります。海洋深層水のミネラルは「透輝の滴」などの基礎化粧品のベースにも使われていますよね。健康だけでなく、美肌、アンチエイジング効果も高いと注目される「ミネラル」。でも、具体的に、どのような成分なのか、そして美肌にどのような...

出産前後頬に現れる影。その原因は、女性ホルモンの乱れです。腰痛や肩こり、背中の痛みと同じくらい出産前後の多くの女性を悩ませているトラブルの一つです。【なぜ?女性ホルモンが乱れると頬の影が濃くなるの?】エストロゲンは、女性らしい身体のためには無くてはならない女性ホルモンです。ふっくらとした肌、上向きのバストやヒップ、そして、肌の弾力やハリに必要なコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成等に深く関わ...

シミって本当に嫌ですよね。知っていますか?シミが一つあるだけで、なんと実年齢がプラス5歳も上乗せされて見えるんですって・・・。なんだかすごくショックですよね。しかも、一度出来てしまったシミは、もうどうする事もできない・・・なんて諦めていませんか?でも、美白成分の働きを良く知り、上手に活用できれば出来てしまったシミも、これから出来るシミもちゃんとケア出来ますよ。【シミはなぜ出来る?】シミの原因は、メ...

過去の日焼けを後悔している方って、意外と多いですよね。だって、出来てしまったシミって、なかなか厄介ですもんね。シミが1つあるだけで、見た目年齢を大幅に引き上げてしまうし、年齢を気にする女性にとっては、すごく深刻な問題です。だからといって、美白を諦めちゃダメ。過去には戻れませんが、出来てしまったシミには、美白化粧品で十分ケアできます。ただし、各美白成分によって作用が全く異なるので、過去の日焼けが原因...

色白になりたいなら、一つでもシミを増やさないようにするのがポイント。そこで、今回は、おススメのシミ対策を紹介しますので、肌の生まれ変わりの目安1ヶ月から1ヶ月半を目標に続けてみてくださいね。根気強く続けると、1ヵ月後あなたのファンデーションのカラーが、ワントーン明るめになっているかも!【方法1・紫外線対策】色白をキープするには、紫外線対策は基本中の基本です。紫外線は、2月から徐々に増え始め、8月の...

最近シミが急に増えた・・・。なんだかシミが日に日に濃くなっていく・・・。一週間後の同窓会までなんとか消したい!。と悩んでいませんか?そんなシミには、ピンポイントでケアできる「ハイドロキノン」がおススメ。【ハイドロキノンって何?】一般的な美白成分のおよそ100倍もの美白作用をもつ「ハイドロキノン」は、究極の美白成分「お肌の漂白剤」の異名を持ち、注目されています。あまりにも美白効果が強くいため、以前は...

毎朝微妙に仕上がりが異なるメイク。完璧に出来れば、問題はないのですが、どんなに工夫をしても化粧のノリが悪い時ってありますよね。そんな1日は、朝から気分が滅入って、仕事も休みたくなっちゃいますよね。化粧のノリが悪い朝は、メイク崩れも早く、仕事中に何度もトイレに駆け込んでは、化粧をやり直すものの、最終的には、「ファンデーションお化け」のように見るも無残な仕上がりになっている・・・なんて経験ありませんか...

【原因1・洗顔、クレンジング】他の部位に比べとても薄い顔の皮膚は、刺激、摩擦に弱く、些細な事でトラブルを引き起こします。中でも毎日最低1回から2回は行う洗顔、クレンジングによる刺激は深刻。間違った方法で何年も何十年も肌にダメージを与えると当然肌はガサガサになります。例えば、入浴中シャワーの湯を直接顔に当てる方、風呂の湯と同じ温度で顔を洗う方、必要以上にゴシゴシと肌を擦る方、洗顔後化粧水だけのスキン...

【1・米ぬかって何?】玄米を精米するときに出てくる薄茶色の粉、これが「米ぬか」です。玄米の表皮と胚芽が含まれていて、玄米の持つ栄養分の9割以上がこの「米ぬか」に含まれているといわれるほど栄養豊富なものなんですよね。しかもそれだけじゃなくって、ビタミンB1が白米の約20倍、食物繊維がほうれん草の10倍、ミネラルも豊富で、実は白米よりも「米ぬか」を食べたほうが栄養が豊富に取れちゃうっという真実が・・・...

肌が固くなる原因って何だろう?お米を想像してください。炊き上がりのご飯は水分をたっぷりと含んでいるので一粒一粒が弾力やツヤがあってふっくら輝いて見えますよね。炊飯器の中のお米が、見事に立っているので、キメの細かく、びっしりしているのがはっきりと分かります。しかし少しずつ水分が抜けてくるとお米の表面が固くなり、弾力を失い次第に黄色くごつごつした状態になります。すると、お米の表面に隙間が出来てキメは荒...

すごく便利なエアコンですが、それによる代償は、たくさんあります。中でも女性が特に気になるのが、肌の乾燥です。乾燥は、シワやたるみ、ほうれい線やブルドックライン、マリオネットラインといったトラブルの原因なので、エアコンから肌乾燥を守る対策を今すぐ行いましょう。【対策その1・こまめな保湿】こまめな保湿対策は必要ですが、年齢に適した保湿対策でなければ意味がありません。なぜなら、25歳をピークに肌の水分量...

【美容業界で大注目の美容泥「マリンシルト」】マリンシルトとは、海に体積した泥のことで、今、美容業界でも大注目される成分です。海洋動植物が海底に埋没体積し、微生物の働きによって分解、代謝、合成などを繰り返し、作られた海泥のことで、豊富なミネラルが含まれています。髪の毛の16分の1以下ほどのとても細かい微粒子のマリンシルトは、電気を帯び、イオンを発生させているという特徴があります。そのため、人間の肌の...

「どろあわわ」の成分としてよく耳にする「ベントナイト」は、クレンジング剤やバック、化粧品やシャンプーなどさまざまな商品にも配合されていますよね。吸着性が高くて、なんとなく汚れケアに良い成分であることは分かるけど・・・実際のところどうなの?と思っている方も多いと思います。そこで「ベントナイト」の驚くべく効果を紹介します。【ベントナイトとは】海底や湖の底などに堆積した火山灰や溶岩が変質したものが「ベン...

泥洗顔は泥洗顔が効果的心して利用できると評判です何を使っても肌のざらつきが改善できない、スクラブで肌を傷つけたくない、毛穴のブツブツから解放されたい、と悩んでいる方に特におススメです。【泥洗顔って何?】泥洗顔とは、その名のとおり「泥」を使った洗顔のことです。でも「泥」と聞くと、公園で小さな子供が遊んでいるあの「泥んこ」のことをイメージする方もいるようですが、それは違います。現在人気の「どろあわわ」...

【泥パックのやり方について】泥といっても、その種類はとても豊富で、世界中で採取されています。原産地によって、さまざまなミネラル成分を含み、それぞれに美肌効果が異なります。泥は、インターネットから比較的簡単に入手出来るので、オリジナルの泥パックが作ることも出来ますが、どろあわわのように美容成分をバランスよく配合した商品も数多く誕生していますので、面倒な手間をかけたくない方は、そちらの利用をおススメし...

【豆乳って?そんなにすごい効果があるの?】赤ちゃんの肌にも安心して利用できるほど、肌に優しい豆乳石鹸は、畑のお肉「大豆」が原料です。現在多くの豆乳石鹸製品が誕生していますが、中でも「どろあわわ」は、使うほどにワントーン明るい肌になると評判で、多くの方に選ばれています。豆乳石鹸の原料になる大豆には保湿や美白、ハリツヤアップに最適なサポニンやレシチン、ビタミンEなどの美容成分豊富に含有され、メラニン色...

季節の変わり目になると・・・ニキビが大量に発生する、肌が乾燥して掻いてしまう、化粧品がしみてヒリヒリする。等、季節の変わり目に肌荒れを起こす人って多いですよね。そのため、化粧品を色々と変えては試し、そのたびに肌荒れが悪化する・・・なんて辛い経験を繰り返している方もいるのでは?この時期だからこそ、化粧品を次から次へと変える、という安易な行動は禁物。今使っている化粧品で、特に肌荒れの被害がないのであれ...

知っていますか?バリア機能の破壊は、実は自らが招いているって事を!もちろん20代をピークに私たちの肌内部では、弾力やハリを担っていた美容成分が減少します。これは、避けることはできない老化現象です。しかし、老化のスピードは個々によって異なり、だれよりも早く老化を進行させてしまうのは、自分自身なのです。そして、最も大きな要因として考えられるのが、「間違ったスキンケア」です。【間違ったスキンケアって?】...

顎周りのニキビの主な原因は4つです。・ストレス人間関係や生活環境等のストレスを感じると、男性ホルモンが大量に分泌されます。男性ホルモンとは、ヒゲなどに象徴されるように、口周りの皮脂分泌が活発になるため、ニキビの原因となるアクネ菌を大量に発生させます。・内臓機能の低下飲酒や喫煙、油っこい食事を好む、暴飲暴食など、内臓が疲れてしまうような食生活は、当然美肌機能は低下します。特に胃や小腸の機能が弱くなる...

顔の顔むけの原因は2つあります。一つは、脂漏性皮膚炎、そしてもう一つが乾燥です。前者の場合は、大量に分泌された皮脂にカビが発生し、雑菌によって顔の皮向けが発生しているので、殺菌作用の高い薬を処方してもらうためにもすぐ皮膚科へGOしましょう。乾燥の場合は、肌内部の水分がすっかりと失われバリア機能が低下したことで、正常なタイミング以外で角質がボロボロと破壊されているのが原因です。その場合は、角質内に水...

そもそも「オルニチン」って何?オルニチンとは、アミノ酸の一種で、以下のような効果があります。・成長ホルモンの分泌促進効果若返りホルモンと呼ばれ、傷ついた肌を修復し、肌のハリ、弾力、顔色、ニキビや吹き出物改善に最適。さらに、筋肉の増強を促進し、基礎代謝を高めるので、ダイエット効果も期待できます。・細胞の分裂の活性化促進肌の生まれかわり、ターンオーバーを正常に整え、古い肌を除去、新しい肌を誕生させる作...

そもそもコラーゲンって何?皮膚はもちろん、骨、血管、臓器に至るまで体を構成するたんぱく質の一種が「コラーゲン」です。現在分かっているものだけで、およそ30種類ものコラーゲンが存在し、3つに分類されます。体内にもっとも多く存在するのが、T型で骨や皮膚の健康維持に必要不可欠。さらに皮膚のコラーゲンの90%をT型が占めています。ちなみにU型が軟骨に存在し、V型は、血管、子宮に多く存在し、女性にはなくては...

コーヒーを飲みすぎると胃が痛くなる・・・そんな経験ありませんか?その他にも激しい嘔吐や、胃痛を繰り返すなどの症状は、コーヒーに含まれるカフェインが原因です。コーヒーに含まれるカフェインには「胃酸分泌亢進」作用があります。その為、胃の分泌が活発になり、消化を促進しすぎるあまりに、胃を傷つけてしまう事があるのです。胃がもともと弱かったり、ストレスや疲労で胃の機能が低下している状態での、コーヒーの飲みす...

体内で生成されるコラーゲンは20歳をピークに減少・・・。さらに、紫外線、ストレス、暴飲暴食などにより、1日2000mgほどのコラーゲンが失われている状況です。コラーゲンは、肌細胞の弾力、ハリの維持や髪の毛、つめ、骨、ホルモンバランスなどの正常化に必要不可欠な物質なので不足するとみるみるおばさんになっちゃうというわけ。それを回避するには、1日に5000mgほどのコラーゲンが必要です。ただ、そのすべて...

お肌の曲がり角・・・この言葉をすでにしみじみ感じていませんか?20代、30代と、「お肌の曲がり角」を何度、急下降で曲がってきたことか・・・。もう何をやっても、みずみずしい肌には引き戻せないのではないか、と諦めている方も多いでしょう。しかし、女性の肌が美しくなる”術”を完全に失ったわけではないので、大丈夫ですよ。曲がり角を曲がりすぎた肌の救世主となるのが、・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの3つ...

チョコレートの美容効果って?■エイジング効果チョコレートの代表的な成分といえば、「カカオポリフェノール」肌老化の原因となる活性酸素を除去や、ストレス緩和作用に優れているため、アンチエイジングには欠かせない成分です。しかもチョコレートに含まれるポリフェノールは、なんと赤ワインやりんごポリフェノールのおよそ2倍!!美味しいのに、老化も防げるなんて、うれしいよね。■代謝活性化カカオには「エビカテキン」と...

アーモンドの美容効果■若返りのビタミンEを豊富に含有アーモンド100g中にビタミンEが31mgも含有。1日の推奨量が成人で6gから7g程度なので、20粒程度で十分補うことができます。ビタミンEは、細胞膜の酸化を防ぎ、血液をサラサラにする効果に優れいてるので、シミやくすみ、たるみ等の美肌対策にはもちろん、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞など成人病予防対策にも最適。■便秘、肥満予防に最適な食物繊維ごぼうの約...

ハチミツの美容効果■優れた保湿効果はちみつを直接肌につけると、皮膚表面を優しくコーティングして、肌内部の水分の蒸発を防いでくれます。さらに、空気中にある水分も集めて、肌に取り込んでくれるので、優れた「保湿効果」が実感できます!しかも皮脂分泌のバランスを整えてくれる作用も高いため、肌質を選ばず利用できます。■ニキビ・吹き出物対策ビタミンB、C類を豊富に含有するはちみつ直接肌に塗布すると、肌を整え、抗...

医者いらいず、という言葉で例えられるほど、栄養価の高いトマト。真っ赤なあのボディには、美肌を考える上でなくてはならない魅力的な美容成分がたっぷりと凝縮されていました。では、実際にどのような美容効果があるのかを紹介します。トマトの真っ赤な成分「リコピン」■抗酸化作用トマトといえば、「リコピン」強力な抗酸化力を持ち、老化の原因となる活性酸素を除去する機能に優れています。その効果は、ベータカロテンの2倍...

そもそもヨーグルトの美容成分って何?なんとなく体や肌に良さそう〜という気持ちだけで、ヨーグルトを毎日食べているって方も多いはず。しかし、ヨーグルトには「なんとなく」ではなく、ちゃんと肌に良い成分がたっぷりと含まれているんですよ。■「フルーツ酸」その中でも注目なのが「フルーツ酸】エステのピーリングとしても利用される成分で、古い角質層を柔らかく取り除き、ターンオーバーの正常化に最適。ヨーグルトのフルー...

白菜等さまざまなお野菜を塩漬けにして、お好みで唐辛子や魚介類、にんにくに果物などを一緒に漬け込んだものがキムチ。市販でも手軽に購入できますが、各家庭オリジナルの組み合わせで代々受け継がれた”味”もあるでしょう。材料を発酵させることで、うまみを引き出すキムチには、驚きの美容効果が凝縮されています。代表的な美容成分は以下のとおりです。■乳酸菌キムチといえば、乳酸菌。腸年齢が若いほど、寿命が長く、いつま...

キャベツといっても、60種類以上の品種があるといわれています。そのため、季節問わず、スーパーで目にしない日はない!という程、手軽に美味しく頂けるキャベツ。ヘルシーで、いろいろな料理に活用できることから、ダイエットに愛用中って方も多いのでは?でもね、キャベツは、ダイエット効果に優れているだけではないのですよ。見た目と食感のあっさり感からは想像できないほどの美容効果が秘められています。注目!キャベツの...

真っ赤でみずみずしいイチゴ。でもね、実は、イチゴって日本の農学上では、お野菜に分類されているんですよ!それだけでも、ちょっと驚きですよね。そんな真っ赤でかわいらしいイチゴには、すごくうれしい美容効果が秘められています。イチゴの主な美容効果・美白・整肌効果イチゴの栄養で突出しているのは、なんといってもビタミンC。ビタミンCは、メラニン色素の抑制やコラーゲンの生成に必要な栄養素なので、できれば、積極的...

めかぶって何?一応食べたことはあるけど・・・海藻ってことは知っているけど、そもそもめかぶって何者なんだ!?って思っていませんか?あの独特の粘り、病み付きになる食感、いろいろな料理にも使える万能食材の正体は、わかめの一部なんです。以前は、処理が難しいことから処分されていたようですが、近年の研究によって、驚くべく美容や健康効果が評価され、養殖されるまでに・・・。めかぶの美容効果とはモデルや女優さん、美...

手軽に美容に活用できるとして人気のお茶ですが、とても種類が多く、それぞれに美容効果が異なります。以下に種類別の美容効果を紹介しますので、参考にして下さいね!1・緑茶(日本茶)緑茶といえば、ビタミンC。しかも、緑茶に含まれるビタミンは熱に強く80度の湯でも壊れない優れもの。ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、メラニン色素の合成を抑制するので、美白作用に最適。またカロテンが豊富で、粘膜細胞を強く丈夫に...

すごく優しい味わいが人気のマッコリは、どちらかと言うと日本の「甘酒」に似ていますよね。蒸した米に麹と水を加え、発酵し濾しただけのマッコリには、なんと、びっくりするほどの美容成分が含まれていたんです。マッコリに含まれる美容成分■ガンの発生を抑制する成分「スクアレン」まず、有名なのが、抗がん作用を持つ成分「スクアレン」や「ファルネソール」わずかな量でも、がん細胞をやっつける作用を持つこれらの成分がマッ...

大豆を原料とする豆乳には、以下のような成分が含まれています。・大豆イソフラボン女性ホルモンエストロゲンととてもよく似た化学構造を持つ成分で、女性特有のトラブル対策に最適。特にエストロゲンの減少が著しい30代以降に目立つ、冷え性、肩こり、更年期障害、肌のシワ、たるみやくすみ、肥満、イライラ、骨粗しょう症などの予防、改善に注目されています。・レシチン血管壁にこびりついたコレステロールや血液の中性脂肪を...

女性に人気の食材アボガドは、メキシコを原産とし、主に熱帯、亜熱帯で生育します。不飽和脂肪酸を豊富に含むことからも「フルーツバター」や「森のバター」と呼ばれることもあります。アボガドの美容効果って?・血液サラサラ効果果実のほとんどが善玉脂質と呼ばれる不飽和脂肪酸で構成されるアボガドは、血液中の悪玉コレステロールを下げる働きがあります。そのため脂質異常や動脈硬化、さらに冷え性や脂肪燃焼効果がアップする...

酒粕ってなんだ!?酒粕(さけかす)とは、日本酒を造るときに出る残りかすです。しか〜し、残り”かす”とはいえ、ただの”かす”じゃないんです。そんじゃそこらの美容液や化粧水、サプリメントに匹敵するほどの美容成分がその”かす”含まれている、とある専門家が評価するほど高い美容効果で注目されています。気になる美容成分とは・葉酸・ビタミンB1、B2、B5、B6・亜鉛・マグネシウム・乳酸菌、酵母菌・アミノ酸・た...

オリーブオイルの美容効って?美容効果がすごい!と評判のオリーブオイル美容が、人気の理由は以下のとおりです。■抗酸化作用の高い「オレイン酸」が豊富!良質なオリーブオイルの6割から7割を「オレイン酸」が占めています。オレイン酸とは、脂肪酸の一つで、酸化しにくく、活性酸素と結びついて作られる過酸化脂質の発生を予防します。過酸化脂質とは、細胞を錆びつかせ、老化の進行を促進する美容の大敵です。■肌への親和性...

年齢に限らず、常に「笑顔」の人って、なんだかすごく「美人」に見えませんか?それだけでなく、性格や人格まで「綺麗」に見えてしまうことってありますよね。「笑顔」には、その人そのものを美しくするだけでなく、周囲の人間までも魅了する力があります。そんな笑顔に隠されている美容効果ややり方などをまとめてみました。笑顔がもたらす美容効果って?およそ30種類ほどの筋肉で支えらる顔の表情は、筋肉の衰えとともに乏しく...

明日やめよう・・・。これが最後の1本・・・。そんな風に自分と日々戦っている方は多いと思います。でもね。やめられない日が明日、あさって、1ヶ月と長引くほど、あなたの肌は、ものすごく危険な状態へと突き進んでいるのです。大好きなタバコが吸えるなら美容なんて、ぜんぜんかまわないと覚悟があるなら別ですが、いつまでも若く女性らしくあり続けたい、と思うなら、今すぐ禁煙をすべきですよ。【タバコがもたらす悪影響】・...

注目すべき黒酢の成分は、「アミノ酸」と「酢酸」です。【黒酢の「アミノ酸」と「酢酸」の効果】・アミノ酸BCAAと呼ばれる筋肉のたんぱく質を構成するバリン、ロイシン、イソロイシンと呼ばれる重要な3つのアミノ酸を含有。これらのアミノ酸は、質の高い筋肉を作り、疲労物質乳酸を分解して、ダイエット効果が高いことでも有名です。さらに、天然保湿成分プロリ含有され、肌に一定の潤いを与えるので、乾燥による肌のシワ、ハ...

最近歩いたことがない!バスや電車、車での移動がほとんど!という方は、歩く機会が少なく、運動不足を感じていませんか?運動不足は、肥満だけでなく、足腰の力を衰えさせるだけでなく、実は美肌、美髪維持にもものぐそく悪い影響を与えることが分かっています。一方、運動が苦手な人でもすぐにスタートできるウォーキングは、ダイエット効果だけでなく、美肌、美スタイル、美髪などさまざまな美容効果があることで注目されていま...

ココアの美容効果■カカオポリフェノールココアなどに含まれるカカオポリフェノールの最大の特徴は、抗酸化作用です。ニキビ、シミ、くすみにたるみなど肌トラブルの原因となる活性酸素を除去し、アンチエイジングに大活躍する成分です。カカオポリフェノールを安定してとり続けることで、紫外線などのダメージから肌を回復する作用が高く、年齢問わず、美肌、美白が維持しやすいことでも注目されています。その他、カカオポリフェ...

ドライサウナにミストサウナ、スチームサウナに低温サウナ、など今はいろいろな種類が誕生し、目的に合わせて利用しやすいのが特徴です。また会社帰りに気軽に利用できる施設も誕生するなど、以前と比べて若い女性にも人気が高くなっています。老若男女に人気のサウナですが、新陳代謝を活発にし、美肌、ダイエット、デトックスなどさまな美容効果が期待できます。では、具体的にどのような美容効果があるか紹介しましょう。サウナ...

白湯(さゆ)って何?白湯とは、50度前後に温めた湯のことを言います。え?単なる熱い水でしょ!と驚く方も多いでしょう。しかし、「50度前後の湯」という所が最大のポイントなんです。では、具体的な白湯(さゆ)の美容効果を紹介します。白湯(さゆ)の美容効果■痩せやすい体質を作る!白湯を飲むことで内臓を温め、体温が1度上昇します。体温が1度上がると基礎代謝が10から12%アップし、痩せ易い体質へと改善できま...

白ワインの美容効果とは■デトックスダイエットに優れた「カリウム」白ワインの最大の美容効果は、デトックスによるダイエット効果です。ミネラル成分カリウムは、体内に蓄積した不要なナトリウムを排出し、血液の流れを促進。それによって、血糖値の上昇を抑制し、脂肪燃焼効果をアップ。さらに、ミネラル成分マグネシウムが、ダイエット時のイライラを抑制し、スムーズなダイエットをサポートします。■便秘解消抜群の「有機酸」...

肌をボロボロにする酸化は、紫外線の影響ばかりではありません。加齢や不規則な生活習慣、間違ったスキンケアなど、実に多くの要因が酸化を引き起こし、肌の老化を進行させています。そのため、あらゆる角度から酸化に対応できるスキンケアが必要です。そこで、話題の「抗酸化」物質「セサミン」の登場です。セサミンって?ゴマに含まれ、強い抗酸化作用を持つことで注目。ビタミンEとの相性が抜群で、さらに肝臓内に到達する力に...

引越しや、年越し、長寿祝いにご近所づきあいなどなど、あらゆるシーンで大活躍の蕎麦。古くから日本人の食文化を支えている食べ物といっても過言ではありませんね。炭水化物の中では、断トツの低GI食品としても注目され、ダイエットアイテムとしても人気です。美味しくて、ダイエットにも最適な蕎麦には、次のような美容効果があります。蕎麦の美容効果について・ルチンポリフェノールの一種で、強力な抗酸化作用を持ちます。さ...

【玉ねぎの美容効果について】・血液サラサラ、血糖値の上昇を抑制「硫黄プロピル」ピリっとした玉ねぎの刺激成分で、特に切りたての玉ねぎに多く含まれています。血中に含まれる糖の代謝を促進し、血糖値の上昇を抑制するため、中性脂肪対策に最適。また、毛細血管を広げ、血液の流れをスムーズにするので冷え性やむくみ改善、代謝アップ効果が期待できます。・疲労回復・不眠症解消「アリシン」疲労回復成分と呼ばれるビタミンB...

【鉄分の美容効果・効能】鉄分による美容効果は以下のとおりです。・ターンオーバーターンオーバーとは、新しい細胞を生み、古い細胞(シミやシワで傷ついた細胞)を押し出す、肌の生まれ変わりの機能を言います。理想的な周期は28日。しかし、加齢によって30日、40日と周期が長く、60代では20代のおよそ2倍の60日と長くなります。周期が長くなるにつれ、シミやシワの表皮への沈着が深刻で、老化の速度も速くなります...