50代化粧品

アラフィフ化粧品ランキング

 

加速が止まらない老化を食い止めるには肌質、目的にあった基礎化粧品選びが重要です!

 

今回は、50代アラフィフに最適な基礎化粧品お試しセットを紹介させて頂きします。

 

今お使いの基礎化粧品を見直すと驚くほど肌が変わるかもしれませんよ!

このページの目次

 

 

■王道十和子肌スタータセット

 

 

見た目年齢不詳の美肌になる!エイジング革命成分フラーレン配合化粧品。

 

>>君島十和子化粧品の公式サイトを見る

 

 

 

■ライースリペア

 

 

科学的に証明されたライスパワーエキス配合の50代にお勧め化粧品。

 

>>ライースリペアの公式サイトを見る

 

 

 

 

■アヤナス

 

 

敏感肌専門ブランドから誕生!ハリ弾力170%アップを実現する50代の化粧品。

 

>>アヤナスの公式サイトを見る

 

 

■透輝の滴

 

 

約7万人がノーファンデに激変!海洋深層水配合の50代からの美容液。

 

>>透輝の滴の公式サイトを見る

 

 

■コーセー米肌

 

 

最強の潤い成分セラミドを増やす“ライスパワーNo.11配合”化粧品。

 

>>コーセー米肌の公式サイトを見る

 

 

■アスタリフト

 

 

50代に必要な美容成分をナノ技術で配合した化粧品。

 

>>アスタリフトの公式サイトを見る

 

 

■リペアジェル

 

 

40代、50代の女性99%が実感!シミ、くすみを改善する美容液。

 

>>リペアジェルの公式サイトを見る

 

 

老化を止める!50代 基礎化粧品選びのポイント

 

50代の肌と老化

 

ちゃんとスキンケアしているのに肌トラブルが改善できない

 

シワやたるみ、くすみがひどくなっていく気がする
化粧品が肌に痛くて、思うようにスキンケアできない

 

年齢を重ねるごとに増える肌トラブルにホントうんざりしますよね。

 

ちゃんとケアしているのに

ちゃんとケアしているつもりなのに、なかなか老化が止まらない、というのは、年齢に適した成分をちゃんと使えてないのが原因です。

 

50代には、50代の肌質に必要な成分含む化粧品を上手に選び、正しく使う事をおススメします。

50代に必要な美肌成分って?何が不足しているの?

50代女性に必要な美容成分とは

 

みずみずしく、ハリ弾力に優れる20代をピークに、肌内部の美容成分は、次第に減少します。

 

その上、僅かに残された成分さえも形を変え、劣化する一方なので、内側から肌を支える力などほとんど残されていません。

 

そのため、30代、40代、50代と年齢に合わせて、肌内部で不足する美肌成分をきちんと補う必要があります。

 

例えば、ハリ弾力に欠かせない3つのファクター(コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン)は、20代を100%とすると、50代で、その半分以下の40%にまで低下します。

 

繊維芽細胞

 

これらの成分は、真皮に存在する「繊維芽細胞」という場所で作られるのですが、繊維芽細胞そのものの生成能力が衰えてしまうのです。

 

その結果、50代では、内側から肌を支える力がなく、シワやほうれい線、シミやくすみといったあらゆる年齢サインが目立ちます。

 

つまり、50代には

 

・コラーゲン
・エラスチン
・ヒアルロン酸

 

そして、これらを生成する

 

・繊維芽細胞

 

を助ける成分が必要なのです!

 

老化を止める!50代 基礎化粧品選びのポイントは2つ!!

50代女性の老化を止めるには

 

50代の「老化」を食い止めるには、肌内部で不足する「3つのファクター」+「繊維芽細胞」を活性化させる成分が必要です。

 

なので、これらの成分を配合する基礎化粧品を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

しかし、成分のサイズ、量、質によっては、肌の必要な箇所に届かず、思うような効果が実感できない、という場合もあるので、次のポイントに注意してください。

 

■「浸透する」ものを選ぶ

 

浸透力

 

どれだけスゴイ成分でも、肌表面だけに留まっては意味がありません。

 

特に50代の肌トラブルは、肌の深い部分で起こっているので、角質層の隅々にまで届く成分を選びましょう。

 

例えば、低分子、ナノ化など、分子のサイズを小さくしているタイプならOK!

 

その他、各メーカー独自の「浸透技術」を駆使しているものも数多く誕生しているので「浸透」を詳しくチェックしてください。

 

■「エイジングケア」を選ぶ

 

50代の美容成分

 

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンそのものを補う事も重要ですが、

 

これらの成分をバックアップし、肌本来の力を引き出すエイジングケア成分も積極的に取り入れるようにしましょう。

 

その中でもプロ、ドクターが認める話題のエイジングケア成分ならさらにおススメです。

 

例えば、ビタミンCやコエンザイムQ10の数十倍から数百倍の抗酸化作用を持つことで注目のフラーレンやEGF等は、ノーベル賞受賞成分。

 

また米エキス「ライスパワー」や「フィト発酵エキス」などもエイジングケア成分として話題沸騰です。

 

美容皮膚科

 

美容皮膚科やクリニックなどでも取扱いが増えるなど、ホームケアでクリニック、サロン並みのスキンケア効果が実感できるのが嬉しいポイント。

 

浸透するもの
話題のエイジング成分

 

この2点に注意しながら、50代の肌質、目的に合った基礎化粧品をお選びください。

 

必要な成分をちゃんと補う事ができれば、肌は何歳からでもちゃんと応えてくれます。

 

50代のシミの原因はこれ!放置すると怖い「年齢肌炎症」って?

50代しみ

 

シミやくすみ、乾燥などを引き起こす「年齢肌炎症」を放置すると様々な加齢とともに深刻なトラブルの原因に。

 

50代の肌に差をつける「年齢肌炎症」の原因や症状、対策やおススメの成分などを詳しく説明します。

 

 

年齢肌炎症って何?どんな症状?

年齢肌炎症

 

年齢肌炎症とは、紫外線や摩擦、埃や花粉などの外的物質が原因となる肌の炎症。

 

小さな炎症が慢性的に発生することで、炎症物質「トリプターゼ」や「炎症性サイトカイン」などが発生し、肌細胞がボロボロに。

 

炎症物質による攻撃が長く続くと、

 

ターンオーバーの乱れ

 

・肌細胞の生まれ変わりターンオーバーの正常な機能を低下
・メラニンの生成を促進し、シミやくすみを発生
・コラーゲンを作る繊維芽細胞を破壊し、ハリたるみの原因に。

 

年齢肌炎症を改善するには?

 

トラネキサム酸の飲み薬もある

 

年齢肌炎症を改善する成分として、今、とても注目されているのが、「トラネキサム酸」です。

 

トラネキサム酸は、炎症性物質の「トリプターゼ」の働きをブロックする働きに優れた成分です。

 

化粧品には、医薬部外品に広く使用されているので、薬局薬点等でお求めできます。

 

またトラネキサム酸は、飲み薬としても服用可能で、体の内側、外側から年齢肌炎症の予防、改善が期待できます。

 

顔が赤い

・冬でもないのに顔が赤い
・肌全体が乾燥している
・頬骨を中心にシミが広がっている
・美白化粧品を使っているのに効果がない
・たるみ、ほうれい線が悪化している

 

という場合は、年齢肌炎症を疑い、トラネキサム酸配合の化粧品を是非お試しください。

 

普段の注意で年齢肌炎症を予防、改善するには?

 

年齢肌炎症は、紫外線等の外的要因以外にも次のことで発生します。

 

■洗顔やクレンジング

 

50代の洗顔はこすり過ぎに注意

 

洗顔時、肌を必要以上にゴシゴシと擦っていませんか?
洗顔やクレンジングは、毎日の事なので、洗い方一つで、肌細胞を大きく傷つける事になります。

 

ゴシゴシ洗いはもちろんですが、洗顔後のタオルドライの際も肌を決して擦ったりしないよう注意しましょう。

 

■コットン

 

化粧水をコットンでつけているという方は、コットンをどのように使っていますか?
肌に強く押し当て、肌をこすると細胞を傷つけ、これも年齢肌炎症の要因となります。

 

コットンを使う場合は、化粧水をたっぷりと付け、優しく肌につけるよう心がけましょう。

 

■目を擦る

 

年齢肌炎症と目のこすりすぎ

 

ドライアイなどの場合、目を無意識に擦る事があります。

 

目を擦る、という事は、肌細胞に過度のダメージを与え、年齢肌炎症の原因になる為、注意が必要です。

 

コンタクトやマスカラ、マツエクなどを使用している方は、特に無意識に目を擦ることが多いので気をつけましょう。

50代とマツエク

 

年齢肌炎症は、日々の何気ない癖や行動が積み重なり、加齢とともにエイジングサインをひどく目立たせる要因となります。

 

微弱な炎症を少しでも減らし、50代の肌を美しくハリ弾力のある状態に保つためにも、早めに年齢肌炎症の原因を知り、正しく対処するようにしましょう。

 

またすでにある年齢肌炎症については、有効成分トラネキサム酸を活用し、少しずつ年齢肌炎症を除去し、健康な肌を取り戻してください。

諦めるのはまだ早い!50代のほうれい線も必ず消える3ステップ

50代ほうれい線

 

50代のほうれい線もこちらで紹介する方法なら、ホームケアでも目だなく、薄くすることが出来ます。

 

「美は1日にしてならず」続けることで、確実に肌を若返らせる事ができるので、毎日コツコツと続けて-5歳を実現しましょう!

 

ヒアルロン酸注射は高い

1つ1万円以上もする化粧品を使っているのに。
ヒアルロン酸注射を何回もしたのに。
もう50歳だし、諦めるしかないかも。

 

そんな方に是非実践して欲しいのが、50歳からでも全然間に合う3つのほうれい線対策です。

 

私が実際に行い、確実にほうれい線が薄く目立たなくなっている方法なので、やってみる価値は大いにありますよ。

 

ただし、1日や2日そこらで効果が得られるものではありません。

 

が、1回の施術に数十万もかかる美容整形よりもはるかに安く、高級美容液よりも確かな効果が得られる方法なので、是非お試しください。

 

では、早速その方法を紹介しますね。

 

ステップ1「しつこいほどの保湿をしよう!」

50代のほうれい線は保湿が重要

 

保湿は、美肌の基本です。

 

肌は乾燥すると、紫外線や埃、刺激や加齢に対する抵抗力を失い、たちまちシワやたるみ、くすみや毛穴の開きといったエイジングサインが目立つ肌になります。

 

特に、美肌に不可欠な女性ホルモンが激減する50代では、肌本来持つ保水力もかなり低下している状態なので、いつも以上にしつこい保湿ケアが必要です。

 

しつこいほどの保湿ケアとは

 

1、洗顔後、いつも使っている化粧水で保湿する
この時、手のひらで、肌を優しく押す感じで、化粧水を肌内部に押し込む

 

2、最初の保湿から5分後、さらに保湿する
化粧水が肌になじんだな、と感じたら、再び保湿します。
これを繰り返し3回行ないましょう。

 

3、スキンチェッカーで測定しながら保湿する

 

日中は、測定器を使って、水分量を確認しながら2時間おきにスプレー保湿しましょう。
水分量50%、油分量30%に維持できるように心がける

 

ステップ2「1日3分の顔体操を実践する」

ほうれい線と顔体操

 

50代は、表情筋の衰えで、表情が暗く、なんとなくいつも不機嫌そうな印象になります。
そこで実践したいのが、顔体操。

 

「あ、い、う、え、お」と、口と目を大きく開きながら動かすのもよし。

 

また、口に空気をためこみながら、口の中の空気をぐるぐると左右に10回ずつ動かす事もおススメ。

 

とにかく、1日3分間だけは、表情を上下、左右前後にめいいっぱい動かす体操を取り入れてください。

 

この時の注意点としては、必ず、保湿後に行なう事です。

 

ステップ3「たくさん寝る」

ほうれい線には睡眠が大切

 

私たちの肌は、寝ることで、ダメージを修復したり、新しい細胞を作り出したりしています。

 

そのため、みずみずしくハリ弾力、バリア機能に優れた肌細胞を生み出すためにも、たっぷり質の良い睡眠をとる事は大事です。

 

ただ、何かと忙しい50代ですから、計画的に就寝する事は難しいと思います。
そこでおススメしたいのが、睡眠の質を高める事。

 

寝具などを自分の身体に適したものを選ぶのはもちろん、コラーゲンドリンクなど睡眠中の体内サイクルを正常に整えるなどのアイテムも最適。

 

リラックスも大切

 

その他、肌を休めるためのリラックス成分や繊維芽細胞を活性化させる成分等配合の化粧水等を活用することで、短時間の睡眠でも肌のターンオーバーを正常に整える事が出来ます。

 

上記3ステップを取り入れることで、最短で3ヶ月目には、50歳からでも「肌が変わった!」と必ず実感できます。

50代の目元のたるみって改善できる?50代も間に合うアイケア

 

50代目元

50代のたるんだ皮膚は、元に戻らない!と思われがちですが、諦めるのはまだ早い!

 

深刻な老いが襲う50代の目元のたるみも効果的なアイケアで、すっきり改善できます。

 

 

加齢とともに、皮膚が重力に支えきれずたるむのは仕方ありません。

 

しかし、ちょっとしたケアや心がけで、これ以上たるみが悪化することも、また50代以降もずっと若々しい印象を作ることもできるので、こちらで紹介する方法を是非お試しください。

 

50代 目元のたるみをこれ以上悪化させないためには?

 

・その1「洗顔をしすぎない」 

 

ファンデの厚塗りはやめよう

 

たるみやシワが目立つ50代は、ついついファンデーションを厚塗りする傾向にあります。

 

ファンデーションを濃く厚塗りすると、どうしても、洗浄力の強いメイク落しや洗顔を選んでしまいますよね。

 

またゴシゴシと強く肌を擦ることもあるでしょう。

 

それでは、ますます老化が加速して、目元のたるみはひどくなる一方です。

 

そこで、今すぐ洗顔のしすぎを見直しましょう。

 

そのためには、ファンデーションを濃く使うのではなく、できるだけナチュラルに、そして普通の洗顔でもサッと落とせるタイプを選ぶようにしましょう。

 

その他、メイク落しを見直すのもおススメ。

 

例えば、保湿や美容成分をたっぷり配合したものや、自然由来の成分で作られた肌に優しいメイク落しなら50代の肌にも安心です。

 

・その2「こすらない」

 

疲れ目やドライアイ、つけまつ毛やアイメイクなどで目が乾燥すると無意識に目元周辺を擦ることがあります

 

 

毎日のちょっとした摩擦が積み重なると肌は、年齢肌炎症を引き起こし、加齢とともに深刻なたるみとなります。

 

目に負担をかける習慣に心当りのある方は、今すぐ改善を。

 

・その3「アイケアをしていない」

 

若い肌なら特別アイケアをする必要はありません。

 

しかし50代ともなれば、目元だけを集中的にケアする事はとても大事です。

 

顔全体はしているけど、目元だけ、というのは特別なにも、という方は今日から早速アイケアをスタートさせましょう。

 

50代の目元たるみはこれが効く!おススメアイケア3つ

 

50代のアイケア3つのポイント

 

たるんだ皮膚を完璧に元に戻す事は正直難しいですが、今よりは、ずっと若くハリのある目元にすることは出来ます。

 

その方法が、次の3つのアイケア!

 

・「保湿」

 

なんといってもハリ弾力に「保湿」は欠かせません。

 

肌は、たっぷりの水分を蓄えることにより、内側から張り返す弾力が復活します。

 

しかし、硬くごわついた50代の肌は、保湿成分を簡単には受け入れてくれません。

 

そこで注目したいのが、「高浸透型」の保湿成分です。

 

ごわついた肌にもぐいぐいと入り込む高保湿型なら、角質層のすみずみ、そしてその奥の真皮まで有効成分が届いて効きます。

 

・「温める」

 

目元を温める

 

いつものアイケアや保湿の効きが悪い、今日は特別目がたるんでいる気がする、という時は、目元周辺を温めてからいつものアイケアを行ないましょう。

 

目元周辺を温めることで、血行が促進され、有効成分が角質の隅々に届きやすくなります。

 

またごわついた肌が柔らかくなり、浸透も促進されるので、いつもよりも効きが良いと感じられるでしょう。

 

・「マッサージ」

 

50代の目元マッサージ

 

アイケア専用の美容クリームを塗布後、目元を軽くマッサージすることで、より効果が実感しやすくなります。

 

目頭から目尻に向けて、指腹で軽くなでるように流す。

 

目元周辺を指圧する、眉かしらから眉尻にむかって押し流すなど様々なマッサージ方法があるので、自分に適した方法を取り入れてください。

 

上記方法を続けることで、一度たるんだ50代の目元の必ず今以上に若くハリ弾力に溢れる目元に改善できますよ。

約172倍?革命的成分「フラーレン」が50代の肌を変える!?

50代とノーベル賞受賞成分

 

「フラーレン」って知っていますか?これを発見した方はノーベル賞を受賞!

 

その後エイジングケア革命的成分として、美容業界で話題に!

 

50代の頑固な年齢肌サインも劇的に改善できる「フラーレン」について説明します。

 

 

肌が変わる!と話題の「フラーレン」って何?

 

ダイアモンドとフラーレン

 

フラーレンとはダイヤモンドと同じ「炭素だけで構成される物質」で発見者は、ノーベル化学賞を受賞するなど注目の成分です。

 

フラーレンの魅力はなんといっても抗酸化力。

 

その力は、ビタミンCのおよそ172倍とも言われており、老化の原因となる活性酸酸素を取り除く働きが期待できます。

 

その優れた効果は、美容業界でも注目され、現在1000を超える美容系クリニックで採用、さらには、医療用途としても研究開発が進められています。

 

「フラーレン」ってどんな美肌効果が期待できる?

 

フラーレンは老化も防ぐ

 

・活性酸素の無害化

 

活性酸素とは肌の酸化を引き起こす成分で、つまりは肌老化の原因です。

 

肌が酸化するとシミやシワ、たるみが発生するので、活性酸素を肌から取り除くことが効果的なエイジング方法です。

 

現在、アスタキサンチンやコエンザイムなどたくさんの抗酸化成分がありますが、

 

肌を守る

 

そのほとんどが、自分自身が身代わりになり酸化されることで、活性酸素から肌を守る事が出来ます。

 

しかし、フラーレンは、活性酸素そのものを吸着して酸化を防ぎ、さらにはその効果が11時間も持続。

 

その上、紫外線に対しとても強いため、壊れず安定的に肌を酸化から守る事が出来ます。

 

・小顔効果

 

小顔効果も

 

フラーレンには、なんと、小顔効果もあります。

 

年齢とともに顔がヨコに広がり、なんだか大きくなった気がする、という方いますよね。

 

それは、肌内部に蓄積し、大きく肥大した脂肪が原因です。

 

フラーレンには、脂肪の蓄積を防ぐ働きもあるので、50代以降の顔の広がりを予防できます。

 

フラーレン化粧品の選び方は?

 

フラー連化粧品の選び方

 

■認定ロゴのチェック!

 

フラーレン化粧品を選ぶ場合には、まず認定のロゴが入っているものを選びましょう。

 

・角質上部に働く水溶性フラーレン「R.S」・・・化粧水や美容クリーム

 

・持続性に優れる抗酸化力が特徴の油溶性のフラーレン「L.F」・・・美容オイルや美容液

 

・角質より深い部分にアプローチするモイストフラーレン「M.F」・・・美容液やクリーム

 

・パウダータイプのヴェールフラーレン「V.F」・・・ファンデーションやメイク用品

 

・紫外線対策用サンガードフラーレン「S.F」・・・UVケアなど

 

■サポート成分

 

フラーレンの効果をさらに高めてくれる成分として

 

・ビタミンC誘導体
コラーゲンの生成、合成、増量に最適。

 

・プラセンタ
肌のターンオーバー、美白に最適。

 

・アスタキサンチン
アンチエイジングケアに最適。

50代の乾燥肌は保湿ではなく「保水」が大事?

50代の保水

 

乾燥肌がひどくハリ弾力、バリア機能の低下によりたるみやシワがひどくなる50代には保湿はもちろん、皮脂を補う事も重要です。

 

水分と油分バランスを整えられる50代の乾燥肌に最適なスキンケアとは?

 

 

 

女性ホルモンの激減により美肌維持が難しくなる50代は、乾燥肌による様々なトラブルが目立ちます。

 

しかも、水分量だけでなく、皮脂量も減るので、両方を補える乾燥肌ケアが必要です。

 

50代の乾燥肌ケアは「水分」「油分」を補う”保水”が大事!

 

50代に保水力を

 

50代の乾燥肌ケアのポイントは、保湿ではなく「保水」です。

 

「保水力」とは、肌の水分量をキープする肌力のことで、20代以降に衰える力です。

 

そのため、50代の肌は、いくら保湿してもすぐに乾いてしまうという状況に。

 

それを改善する方法は2つ。

 

一つが、角質層内にあるセラミドを中心とする細胞間脂質や天然保湿因子を増やしたり、活性化させるのがポイントです。

 

そしてもう一つが、補った角質層内の保湿成分を長時間キープする事。

 

それには、皮脂です。

 

天然由来のオイル等で補う事もできますが、肌本来の保水力を養う成分などを活用することで、水分と油分バランスを整えることも期待できます。

 

50代の乾燥肌を改善する成分は?

 

50代の乾燥肌

 

水分と油分の両方をしっかり補いながら、50代の乾燥肌をケアするには

 

・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・エラスチン

 

等の保湿成分が不可欠。

 

中でもセラミドは、細胞間脂質の半分以上を占める成分なので、乾燥肌ケアには欠かせません。

 

また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、セラミドの働きをサポートするので、これらの成分がバランスよく配合するスキンケア化粧品を選ぶようにしましょう。

 

さらに、皮脂量を補うには

 

・ホホバオイル
・スクワラン
・ローズオイル

 

等の天然由来のオイルが最適です。

 

ローズオイル

 

中でもダマスクローズから抽出されるローズオイルは、天然のポリフェノールが豊富に含有され、エイジング効果も期待できます。

 

また、ローズオイルには女性ホルモンの乱れによる肌ストレスを軽減する働きも高いため、女性ホルモンエストロゲンの減少が著しい50代の乾燥肌をマルチにカバーできます。

 

その他、肌の保水力の改善が唯一認められた成分として近年注目されているのが「米」抽出の成分

 

50代にお米の成分

 

・ライスパワーNo.11

 

です。
ライスパワーNo.11は、セラミドの生成促進作用も高いので、セラミドを生成する力が衰える50代の乾燥肌ケアにとてもおススメです。

 

ちなみにライスパワーには、その他数多くの種類があり、乾燥肌ケア以外に美白、毛穴ケアなど悩みに合わせて選ぶことも可能です。

 

50代の乾燥肌を根本から解決したいなら、単なる保湿ではなく、肌自ら持つ保水力を高められる攻めの保湿ケアを実現してください。

50代から肌が若返る!ビタミンc生命体とビタミンcの違いは?

50代の肌にもビタミンC

 

ビタミンCの力をパワーアップさせたビタミンC生命体が注目されています。

 

諦めていた50代のシワやたるみ、くすみやシミもすべてカバーしてくれる魅力的な美肌成分です。

 

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いって?

 

ビタミンcの違い

 

とても優れた美容効果でおなじみのビタミンCですが、弱点があります。

 

それは、酸化しやすく不安定という事。

 

酸化したビタミンCは、浸透性が悪い上、肌に悪い影響を与えることも。

 

そこで誕生したのが、ビタミンC誘導体です。

 

ビタミンCの弱点をみごとカバーし、安定的に肌に効果を届ける事が出来ます。

 

しかし、ビタミンC誘導体にも残念ながら弱点があります。

 

 

それは、肌に浸透してもビタミンCとして分解されにくいという点です。

 

化粧水に配合されるビタミンC誘導体には、アスコルビン酸グルコシドという成分があります。

 

この成分は、人間の皮膚に取り入れも分解されにくいため、ビタミンCの持つ効果を最大限に引き出す事は難しいのです。

 

ビタミンC誘導体の弱点をオールカバ!ビタミンC生命体!

 

50代の素肌にパワーマックス

 

そこで誕生したのが、ビタミンC生命体です。

 

フレッシュなビタミンCなので、安定性、浸透性に優れているため、ビタミンC誘導体化する必要もありません。

 

もちろん、肌内部で分解する必要もないため、ビタミンC本来のパワーを最大限に引き出せます。

 

■生命体って?

 

植物本来のチカラ

 

生命体とは、植物本来の生きる力を活用するため、発酵菌などを利用しビタミンCの長期安定を実現させたものです。

 

ビタミンC誘導体のように化学的な力を必要としないため、敏感肌や乾燥肌などデリケートな肌質でも安心して利用できます。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品は、肌にピリッと痛い、しみる、乾燥する、というケースも多いので、もしもそのような悩みを抱えている方は、ビタミンC生命体を選ぶといいでしょう。

 

ビタミンC生命体と相性の良い成分は?

 

ビタミンC生命体相性

 

50代のごわついた肌でも効果的に浸透することで注目されるビタミンC生命体配合の化粧品は、現在、数多く誕生しています。

 

それぞれに使用感や効果、価格に違いはありますが、50代のエイジングケアにとてもおススメです。

 

また、ビタミンC生命体の効果をさらに引き出す成分として、アミノ酸誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸などが最適です。

 

短期間で、肌がみるみる変わる!を実感できます。

 

現在、様々なエイジングケア化粧品を使っているけど、これといった効果が実感できない、50代の老肌を諦めている、という方は、この機会にビタミンC生命体配合の化粧品をお試しください。

 

ただし、肌質によっては、ビタミンC生命体が合わない事もあるので、お得な初回トライアルやスターターキットを上手に活用するのがおススメです。

アスタキサンチンっての美肌作用って?50代の肌が若返る赤の力

 

50代の肌にアスタキサンチンのパワー

 

赤の力でおなじみのアスタキサンチンは、とても凄い美容パワーが秘めた成分です。

 

特に肌の老化を防ぐ抗酸化作用が高く、50代以降の深刻なエイジングにも強力に働きます。

 

アスタキサンチンの美容効果について説明します。

 

 

トマトやニンジン、パプリカなど真っ赤なボディの食材は、とても健康に良いとされています。

 

これら赤い成分ベータカロテンは、カロテノイドと呼ばれる天然色素。

 

そして、今美容業界でも大変人気のアスタキサンチンもカロテノイドの仲間なんです。

 

アスタキサンチンの美容効果って?

 

酸化に負けない50代の肌へ

 

アスタキサンチンの特徴は、なんといっても抗酸化作用です。

 

抗酸化とは、肌がサビするのを防ぐという意味があり例えば、屋外にある鉄を何年も放置するとサビてボロボロになりますよね。

 

あれは、紫外線や風、雨といった外的刺激により鉄そのものが錆、朽ちている状態です。

 

このような状態が、肌でも全く同じように起こっているのです。

 

抗酸化とは、このように肌などが、外的刺激により錆びてしまうのを防ぐ働きがあり、アスタキサンチンは、その点で美容業界でとても人気の成分なんです。

 

アスタキサンチン以外にも抗酸化作用に優れる成分はあります。

 

例えば、コエンザイムやビタミンEなども抗酸化作用が高く多くの化粧品に配合されています。

 

アスタキサンチンとビタミンE

 

しかし、アスタキサンチンの抗酸化作用は、コエンザイムQ10のおよそ800倍、ビタミンEの1000倍とも言われています。

 

さらに、美肌作りに欠かせないビタミンCの6000倍と驚きの抗酸化作用なんです。

 

また、他の抗酸化成分は、細胞の中もしくは外だけにしか存在できませんが、アスタキサンチンは、細胞膜を通って存在する特徴を持つので、肌細胞全体を活性酸素(肌を錆びさせる物質)から守る力に優れています。

 

アスタキサンチン配合の化粧品選びのポイント

 

アスタキサンチンは鮭いくらに豊富

 

アスタキサンチンは、鮭やたらこ、いくらなどの食材に含まれていますが、食材から摂りいれるのは難しいのでサプリメントなどで補うのがベスト。

 

またアスタキサンチン配合の化粧品も数多く誕生しているため、内外から肌が錆びるのを守るコトが出来ます

 

 

アスタキサンチン配合の化粧品を選び際には、濃度や分子サイズ、サポート成分に注目。

 

アスタキサンチンは、油にしか溶けず、光や熱に弱いという弱点があるので、それをカバーする独自技術で高濃度に配合されているかを確認してください。

 

また保湿成分との相性も抜群なので、セラミドやコラーゲンなどとともに低分子で配合する化粧品がおススメです。

 

赤い力アスタキサンチンで50代の肌が白く張り弾力肌に

 

弾力のある50代の肌を手に入れよう

 

抗酸化作用に優れるアスタキサンチンをスキンケアに摂りいれることで、肌の老化原因となる活性酸素が除去できるため、老化が止まります。

 

さらに、肌細胞を元気にするため、内側から弾むようなハリ弾力が復活します。

 

肌本来の水分を抱える力と紫外線や埃等の外的刺激から肌を守るバリア機能が高まることで、20代のようなみずみずしく透明度の高い肌へと育む事が出来ます

50代のシミやくすみも改善できる?効果的な美白習慣のススメ!

 

50代のシミくすみ

 

これまでの紫外線や摩擦ダメージが一気に肌表面に現れる50代のシミやくすみは、とても深刻!

 

そのため、美白はもう無理かも・・・と諦めている方も多いはず。

 

でも大丈夫、50代からでも今よりもっと明るい肌を目指すことは出来ます。

 

 

若い肌のシミやくすみと違い、50代は、長年の積み重ねでそのダメージが真皮にまで及んでいる可能性があります。

 

そのため、50代からの美白は、簡単ではありません。

 

しかし、不可能でもありません。

 

今あるシミやくすみを薄く、目立たなくする事が可能で、さらには、今よりもワントーン明るい肌に仕上げる事はできます。

 

50代のシミやくすみの原因って?

 

50代の肌と紫外線

 

■紫外線

 

もっとも多いのが、紫外線による影響です。

 

肌老化の8割以上が光老化と呼ばれるもので、その原因は紫外線です。

 

中でも波長の長いA波は、雲、カーテン、窓ガラスなどを尽きぬけ、肌の真皮層に届くので、1年中UVケアは必要です。

 

もちろん、屋内外、曇りの日に限らず、しっかりとしたUVケアを行ないましょう。

 

■摩擦

 

毎日の洗顔、タオルドライ、目をこする、といった何気ない行動は私たちの肌を傷つけ、真皮層のダメージへと影響が及んでいます。

 

肌はわずか0.03mmほどの厚さしかないといわれているので、50代の肌がいかに傷ついているか理解できますよね。

 

無意識に肌をこするようなことがある方は、今すぐ改善してください。

 

■生活習慣

 

50代の生活習慣が大切

 

私たちの肌は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって、修復し、新しい細胞を作っています。

 

しかし、睡眠が十分に取れず、不規則な生活習慣を続けると肌は、いつまでも傷を癒せず、ボロボロの状態に。

 

傷ついた肌細胞は、バリア機能が弱く、外的刺激を受けやすく、ますますくすみやシミが目立つことに。

 

さらに、食生活が乱れていると肌に必要な栄養が足りず、丈夫な肌を育てる事はできません。

 

上記原因に心当たりがある方は、直ちに改善してください。

 

50代の美白を効果的に行なうには?

 

■敏感肌にも嬉しいUVケア

 

50代のUVケア

 

50代の肌はとてもデリケート。

 

そのため肌にしみる、ピリピリと痛い、という理由から刺激の強いUVケアを怠っている方も多いでしょう。

 

しかし肌老化の8割を占める紫外線対策を怠ってはいけません。

 

そこで、50代のデリケートな肌にも嬉しいのが、無添加、天然由来、オーガニック系のUVケアです。

 

赤ちゃんの肌にも使えるほど優しい成分で、しかもいつもの石鹸でオフできるから、50代の敏感肌、乾燥肌にも1年中使えます。

 

■炎症性のくすみやシミにはトラネキサム酸

 

製薬会社の成分

 

顔全体に広がるようなしみやくすみは、長年の摩擦による肌のダメージが原因です。
それには、トラネキサム酸が有効です。

 

トラネキサム酸は、製薬会社オリジナルの成分で現在医薬部外品の美白化粧品に幅広く使用されています。
シミやくすみの原因となる炎症性物質をブロックして、炎症を沈め、健康な肌を育む事が出来ます。

 

美白化粧品が全然効かない、という場合は、トラネキサンム酸配合の化粧品を是非お試しください。

 

■質の高い睡眠、栄養を!

 

50代の肌でも治癒能力があります

 

万が一紫外線や摩擦で肌が傷ついても、人間には”治癒能力”という力が備わっているので心配要りません。
しかし、その機能は、年齢とともに低下。

 

さらには、不規則な生活習慣によっても次第に力が失われていくので、特に、50代以降は、質の高い睡眠、バランスの取れた食生活を意識する事は大事です。

 

また、睡眠中の肌再生機能を十分に発揮するため、コラーゲンやプラセンタドリンクを摂りいれるのもいいでしょう。

 

50代とエストロゲン

 

その他、女性ホルモンの減少が著しい50代は、エストロゲンに変わる成分を大豆製品やサプリで上手に補うことも必要です。

 

これらの方法を積極的に取り入れることで、50代の深刻なくすみやシミも、少しずつ薄く目立たなくする事は可能です。

 

諦めずに、早速今日から、ワントーン明るい肌を目指した美白習慣をスタートさせてください。

 

page top