赤ちゃん肌の秘密

赤ちゃんの肌がきれいなのは、、、

 

 

赤ちゃんの肌ってすごく綺麗ですよね

 

ついさわってしまいたくなるほど

 

皆最初は赤ちゃん肌だったんですよ!

 

スキンケアを怠るからオバ肌になっていくんです

 

赤ちゃん肌を手に入れたいなら今日にでもスキンケアを見直した方が良いです

 

 

「もう歳だし」と諦めている方もまだ大丈夫です

 

ラメラ構造着目の「コンシダーマル」なら理想的なベビー肌へ!

 

【赤ちゃんの肌がきれいな理由は?】

 

 

その1・水分と油分バランスが絶妙

 

赤ちゃんの肌は、水分量、皮下脂肪量ともにとても多く、体内の水分は体重の80%を占めるともいわれています。
これは、大人の15%ほども多い計算なんですよ。

 

中でもセラミドなどの細胞間脂質の水分量は、断トツで、それこそが、

 

「毛穴はどこ?」

 

とガン見しちゃうほど、きめ細かく内側から押し返すようなぷるんぷるん肌の秘密。

 

その2・美肌構成成分が豊富

 

肌の潤いや角質層のバランスをキープするには、適度な皮脂やハリ弾力の素となるエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸、角質細胞に含まれるアミノ酸、ミネラルなどのNMF、セラミドなどは不可欠。

 

赤ちゃん肌には、これらの成分が、「これでもかっ!」と驚くほど、バランスよく存在します。
しかし、年齢を重ねるごとに肌構成成分は激減。

 

 

20代をピークに減少すると言われるので、この差が赤ちゃん肌とオバ肌の違いかも。

 

その3・新陳代謝が活発

 

生後直後の赤ちゃんは、なんと1週間というサイクルで新しい肌へと生まれ変わっています。
そのため、多少の傷は、すぐに治っちゃう、さらには、肌表面に余計なものが沈着しにくい、というすばらしい働きを持ちます。

 

ただ、角質層のバリア機能が未熟なため、とてもデリケートで注意は必要。
一方、年齢を重ねるごとに、新陳代謝機能が低下し、40代では、なんと30日から40日という、それはそれは長い時間をかけ、ようやく新しい肌細胞が誕生するため、肌表面のシミやくすみが定着しちゃて、なかなかはがれない、という事態に・・・。

 

以上のことからも分かるとおり赤ちゃん肌は

 

・肌の水分、油分量が豊富
・美肌構成成分が充実
・新陳代謝が活発

 

と、理想的なラメラ構造100%実現のための条件が、まさに整っているという好環境!!

 

【まだ間に合う?赤ちゃん肌に近づくには?】

 

 

残念ながら、赤ちゃん肌のようなすばらしい機能を取り戻すのは、簡単ではありません。
ただ、不可能でもありません。

 

目覚しい美容業界の進歩のおかげで、「コンシダーマル」のようなラメラ構造に着目したコスメが数多く誕生しています。
次世代型のスキンケアアイテムを取り入れることで、年齢に関係なく、憧れの赤ちゃん肌に一歩、二歩と近づく事は、可能かも。

 

ただし、ダメージが大きければ、そしてスタートするタイミングが遅くなればその分、赤ちゃん肌への道も遠のいてしまいますので、早めに効果的なスキンケアを実現してくださいね。

 

関連記事

恋愛をあきらめていませんか?赤ちゃん肌になってモテまくろう!

 

page top