角質肥厚の原因ってなんだ?

 

不要な角質が何層にも積み重なり、肌をゴワゴワにする角質肥厚は、美容成分の浸透を阻み、肌老化を加速させる要因に。
またせっかく高い化粧品を使っても、有効成分が必要な場所に全然届かないので、お金も時間も無駄になってしまいます。

 

さらに、角質肥厚は、毛穴の塞いだり、逆に開きっぱなしの状態にするため、バリア機能の低下、キメの粗さ、ニキビやシミ、くすみ、たるみなど様々な肌トラブルを発生させます。

 

1日でも早く解決したい角質肥厚の原因は、次の通りです。

 

【角質肥厚の原因って?】

 

・角質肥厚の原因1「紫外線、刺激、摩擦」

 

肌のもっとも表側にある表皮は、0.03mmほどの厚さしかないといわれています。
そのため、些細な刺激でダメージを受けやすく、とても繊細です。

 

それなのに、無意識に肌を擦ったり、洗顔の度に摩擦を与えたりしていませんか?
その他にもUVケアをしっかりと行なわず、紫外線によるダメージに肌をさらしてはいませんか?

 

以上に心当りのある方は、肌内部の水分がみるみる失われ、肌はカラカラの状態に。
すると肌は、極度の乾燥状態となり、角質肥厚となります。

 

・角質肥厚の原因2「乾燥」

 

ターンオーバーにより古くなった角質は、本来剥がれ落ち、新しい細胞が表皮に誕生します。
この時、たんぱく質分解酵素が必要なのですが、肌が乾燥すると古い角質を剥がすたんぱく質分解酵素の働きが悪く、上手に角質を取り除く事が出来ません。

 

すると、古い角質がいつまでも表面に残り、やがて毛穴を詰らせ、ニキビやシミ、くすみ、ターンオーバーの乱れとなり、角質肥厚を引き起こします。

 

・角質肥厚の原因3「ライフスタイルの乱れ」

 

美の基本となる生活習慣が乱れると、途端に肌は角質肥厚に陥ります。
例えば、食生活の乱れは、肌に十分な栄養が届かず、ターンオーバーが乱れ、肌は乾燥し、古い角質をいつまでも剥がし落とすことは出来ません。

 

また、肌の修復、ターンオーバー等の働きに不可欠な成長ホルモンは、睡眠中に分泌されています。
睡眠を十分に確保できない生活では、成長ホルモンが不足し、角質肥厚の原因となります。

 

・角質肥厚の原因「ストレス」

 

ストレスを抱えると交感神経が優位になり、血液の流れを妨げ、肌の生まれ代わり機能を阻害。
すると、ターンオーバーの正常な機能は失われ、角質肥厚が起こります。

 

【角質肥厚を改善するには?】

 

上記、角質肥厚の原因に心当りのある方は、速やかにその原因を取り除くようにしてください。

 

・正しいスキンケアを心がける

 

肌への刺激、摩擦を必要以上に与えないよう、正しい洗顔の仕方、スキンケアのやり方をもう一度見直しましょう。
特に、洗顔やメイク落しは、毎日の事なので、できる限り肌に負担の少ない洗顔法、洗顔料、クレンジング剤などの見直しを行ないましょう。

 

・紫外線対策を行なう

 

紫外線によるダメージを軽減するには、徹底したUVケアが不可欠です。
特に、ここ数年は、1年を通して紫外線量が多く、屋内外問わずそして、お天気に限らず毎日UVケアが必要です。

 

最近では、洗顔のみで落とせる肌に優しいUVケア用品もたくさん誕生しているので、自分の肌に適したUVケアを是非徹底してください。

 

・規則正しい生活を心がける

 

美は、体の中、そして、規則正しい生活習慣が基本です。
そのためには、外食やスナック菓子、加工品などを控え、和食中心の食事を積極的に取り入れましょう。

 

その他、美肌は、睡眠中に作られる、と言われるとおり、質の高い睡眠は美肌維持に欠かせません。
ただ、どうしてもたっぷりの睡眠時間が確保しずらいという場合は、短時間でも質の高い睡眠が得られるよう就寝前に美容系のドリンクやサプリを取り入れたり、寝具を変えてみたりと工夫してみるのもおススメです。