乾燥をケアして角質肥厚を改善しよう!

 

 

最近、肌にこんな悩みありませんか?

 

・肌にできた傷がなかなか治らない
・季節の変わり目にすぐ肌が乾燥する
・年中身体が冷えている
・生活習慣はとても乱れている
・ストレスを抱えている
・運動はほとんどしない

 

このような生活をつづけていると、肌の新陳代謝「ターンオーバー」は大きく乱れます。
特に40代は、加齢による影響もあって、ターンオーバーは28日という正常なサイクルから大きく乱れ、40日、45日と長くなります。

 

すると、肌表面には古い角質や傷ついた細胞がいつまでも残りやがて定着し

 

・バリア機能が弱くなる
・毛穴が目立つ
・シミやくすみが濃くなる
・些細な刺激に弱い

 

等のトラブルが発生。
これは、角質層のバリア機能が弱まることで、肌内部の水分がぐんぐん失われている状態。

 

いわゆるインナードライが発生しているのです。
この時、肌は、「外的刺激から肌を守らなきゃ」と必死に抵抗するため、過剰なまでの皮脂を分泌。

 

その結果、肌表面はべたついているのに、内側はまるで砂漠のように乾燥している状態なんです。
これが続くと肌は、次第に表面がゴワついて硬くなり、さらに角質は古い角質で分厚くなる「角質肥厚」に陥ります。

 

角質肥厚は、スキンケア成分の浸透を受け付けない状態なので、早めに角質肥厚を改善しましょう。

 

【乾燥による角質肥厚は「攻める」保湿で改善する!】

 

乾燥による角質肥厚改善法が、ただ一つ「攻めの保湿」です。
表面に化粧水をパシャパシャとつけているような保湿では無意味。

 

角質層の隅々に有効成分をしっかりと届けてこそ、正真正銘の保湿ケアです。
でも、角質が分厚く硬くなっている「角質肥厚」の肌にどうやって成分を浸透させればいいのか!

 

・ステップ1「肌を柔らかくする」

 

まずは、硬く分厚くなった角質を柔らかくほぐすところからはじめましょう。
それには、肌に負担のかからないピーリング剤などを使って、古い角質を浮かせて落とす、という方法も有効です。

 

その他にも、水分と油分のバランスを整える作用に優れた水溶性保湿成分「ウィルブライド」で肌を柔らかくしながら、成分が浸透する道を系形成するなども最適。
肌が柔らかくなれば、保湿成分や美容成分が必要な場所にしっかり届いて作用するので、肌内部の乾燥ケアが実現できます。

 

・ステップ2「保湿成分セラミド」 

 

最強の保湿成分といえば、セラミド。
乾燥対策には、欠かせない成分です。

 

方法1で、柔らかくほぐれた肌にセラミドを補充できれば、肌表面、そして、内側の保水量が高まり、乾燥が緩和されます。
肌が潤うと、ターンオーバーの正常に機能するので、次第に肌は自ら柔らかくふんわり、みずみずしい肌へと変わります。