肌を柔らかくする化粧品TOP3

 

 

1.天使のララ

 

 

古い角質がたまって硬くなる「角質肥厚」コラーゲン配合の導入美容液が、柔らかい肌へ導きます!

 

 

 

 

2.コディナ

 

 

柔らか肌にアルガンオイルの「CODINA」シリーズ!

 

 

 

3.ナチュラルオーケストラ

 

 

日本でたった一つ!2つの機関から認められた最高品質のホホバオイルです!

 

 

 

4.日本盛

 

 

マシュマロみたいな、やわらかい肌へ!自然由来成分配合の肌を柔らかくする化粧水。
日本酒酵母エキス、乳酸菌などの力をギュッと閉じ込めてあります!

 

 

 

5.メディプラスゲル

 

メディプラスゲル

 

洗顔後の1ステップで潤い持続!逃さず貯めこむオールインワンゲル。
従来の17倍の密着型ヒアルロン酸と2種コラーゲン、高浸透型セラミドやアミノ酸14種配合。
美肌の湯玉造温泉水ベースで角質層の奥までヒタヒタにして肌を柔らかくします。

 

 

 

 

肌が硬くなるのはなぜ?原因は?

 

 

肌が硬くなるのは、何も加齢だけが原因ではありません。
正しくケアするため、肌を硬くする原因をこの機会に理解しておきましょう。

 

・原因1「乾燥」

 

肌内部の水分が失われると、最表層の角質が高くなります。
しかも、角質は、爪と同じ素材なので、水分が失われると驚くほど硬くゴワツキます。

 

そして、肌を乾燥させる最大の原因が「紫外線」です。
お洗濯物を思い出してください。

 

風は、それほど吹いていないのに数時間足らずで、お洗濯物がバリバリに乾きますよね。
それは、太陽から届く、紫外線によって、洗濯物の水分がグーッと奪われているからなのです。

 

このような事が肌でも起こっていると、考えるとなんだか怖いですね。

 

・原因2「間違ったスキンケア」

 

 

肌がごわついている、ブツブツ汚れが気になるから、といって、肌をこするような洗顔をしたり、ピーリングを毎日行なう、なんてスキンケアしていませんか?
また、洗顔後、タオルで肌をゴシゴシこすったり、目をこすったり。

 

私たちの角質層は、わずか0.02mmほどの厚さしかありません。
ラップのような極薄の角質層は、肌表面を覆い、外部刺激から肌を守ってくれています。

 

しかし、間違ったスキンケアで、大事な角質層が破壊されると、紫外線やほこり、菌などの侵入を簡単に許すだけでなく、肌内部の水分や皮脂をグングン逃がしてしまう結果に。

 

すると、肌がたちまち乾燥して、ターンオーバーが乱れ、古い角質が表面に定着し、肌は硬くごわついてしまいます。
上記原因に心当りのある方は、今すぐスキンケアを見直してください。

 

肌を柔らかくする化粧水の成分

 

 

では、すでに硬く、ごわついた肌を柔らかくするにはどうしたらいいか?
それは、失われた水分や皮脂、コラーゲンなどを補い、肌内部に潤いを与える事です。

 

ただ、硬くなった肌はまるでブロックのように強固で、美肌成分の浸透を阻んでいることから、硬くなった表面を柔らかくほぐす成分も不可欠。
そこで、以下に肌を柔らかくする化粧品の代表成分をいくつか紹介します。

 

・セラミド
超保湿成分「セラミド」は、脱・乾燥肌に不可欠。
細かいキメ、丈夫なバリア機能を支える細胞間脂質の保湿成分。

 

・アミノ酸
天然保湿因子NMFは、外気の水分を肌に取り込む保湿成分。

 

・ヒアルロン酸
1g約1リットルもの水を保持できる保湿成分。

 

・コラーゲン、エラスチン
肌弾力をサポート。

 

・レチノール
コラーゲンの働きをパワーアップ。

 

・リンゴ果実培養細胞エキ
ターンオーバー促進成分で、古い角質を剥がし柔らかく新しい肌細胞を作り出す。

 

・レスベラトロール
ポリフェノールの一種で、紫外線による肌ダメージを抑制。

 

・成長因子
増殖因子とも呼ばれ、細胞の成長を促進し肌をみずみずしく保つ。
オリゴペプチドなど。

 

以上の成分をふまえ、次に、肌を柔らかくする化粧品選びのポイントを紹介します。

 

肌を柔らかくする化粧水の選び方

 

 

●「浸透性」

 

すでに硬く厚く、ゴワツク、角質層の隅々に成分を届けるには、「浸透力」に優れていなければいけません。
例えば、世界的浸透技術キューソームで、レチノールを配合する「ビーグレン」は、コラーゲン産生への直接アプローチが期待できます。

 

さらに、お米由来の成分ライスパワーNo.11は、低分子高浸透型で唯一肌の水分保持能の改善が認められた成分として注目。
「ライスフォース」や「米肌」、「日本盛」、「ビューティーブーケ」などに配合。

 

また、化粧水のベースとなる水を美肌の湯玉造温泉水の源泉を使用した「Coyori」や「メディプラスゲル」は、角質層の奥をヒタヒタにすることで、次に使う美容液の浸透を高めることが出来ます。

 

●「ドクターズコスメ」

 

乾燥がゴワついた肌は、バリア機能が破壊されている状態。
なので、化粧水がしみるなど、些細な刺激に敏感になっています。

 

そんな超デリケートな肌タイプには、医師や製薬会社開発、監修の「ドクターズコスメ」が最適。
肌を知り尽くしたプロだからこその安心感と実感力が違います。

 

美容皮膚科医開発の「アンプルール」には、成長因子や植物幹細胞が配合。
製薬会社開発の「ブライトエイジ」と「ヒフミド」は、超保湿成分低分子セラミドをはじめ、アミノ酸やトラネキサム酸などの美白有効成分などもバランスよく含まれ、敏感、乾燥肌の保湿、美白を優しくサポート。

 

●「サポート成分」

 

 

さらに、ワンランク上の極上の肌になりたい、という方には、一緒に配合されるサポート成分にもチェックしたいところ。
「アナヤス」には、通常の4倍もの浸透力を誇る「セラミドナノフィス」をはじめ、美しい角質形成に高い能力を発揮する「海藻エキス」が贅沢に配合。

 

「アスタリフト」には、ハリケアの王様、高浸透型レスベラトロールをナノ技術で配合し、短期間で、柔らかく吸い付く肌へと改善。
さらに、サクラエキスやオウレンエキスを配合した「モイスティシモ」は、50代、60代以降の深刻な乾燥肌に高い効果を発揮。

 

 

紹介した3つのポイントを参考に肌質にマッチした「肌を柔らかくする化粧水」を選んでください。
ごわついた硬い肌は、加齢が大きな要因といえます。

 

しかし、毎日のスキンケアを見直すことで、少しずつ理想的な肌を目指す事も不可能ではありません。。
諦めず、まずは、今出来ることから始めましょう。

 

 

関連記事

>>肌固い原因って?柔らかくふっくら肌をキープするコツを教えて!