授乳寝不足イライラ

 

授乳の度にイライラしてしまう・・・。
おっぱいを吸われると無性にイライラする・・・。
産後の寝不足で気分が冴えない。
疲れているのに十分に眠れずイライラが・・・。

 

出産後、ママを悩ます様々な「イライラ」にお困りではありませんか?

 

この状態、一体いつまで続くの?

 

と思うと、ますます不安とイライラが高まるなど魔のスパイラルに陥ることも。
その結果、産後うつという危険な症状になることもあるので、寝不足や授乳で感じるイライラを安易に判断してはいけません。

 

今回は、産後のママが抱える授乳や寝不足などで生じる「イライラ」の原因や対策などを紹介しますね。

 

【授乳でイライラしたり、産後寝不足になるのはなぜ?】

 

 

ホルモンバランスの乱れにもすっぽん小町

 

■ホルモンバランスの乱れ

 

女性は、女性ホルモンに支配されています。
女性ホルモンは、女性らしさを司るホルモンで、丸みの帯びた柔らかいシルエットやハリ弾力。

 

さらには、落ち着いた精神状態や母性などを作ります。
しかし、妊娠中は、女性ホルモンを中心にあらゆるホルモンが胎盤で作られ急激に増加その後、産後の胎盤排出と同時に女性ホルモンが急激に減少と、大きく乱れます。

 

その乱れに体がついていけず、様々なイライラを誘発するのです。
特に、自分自身で、感情のコントロールができなくなると些細な事でイライラするようになるのです。

 

■ストレスや将来への不安

 

産後、体の回復を待たず慌しく育児ライフがスタート。
これまでの生活は一変し、慣れない子育てへの不安、そして家事や主婦業という多忙な日々。

 

さらには、自分自身のケアが出来ないというイライラやママというプレッシャーからストレスなど、様々な不安に押しつぶされます。
すると自律神経のバランスが崩れ、体は常に緊張状態になり、睡眠の質が低下。

 

その上、子どもの夜泣きで起こされるなど、慢性的な寝不足状態になり、イライラがマックスになります。

 

■日々衰える自分への不安

 

産後は、今までのように自分自身のケアに時間を割いている余裕が無くなります。
その上、女性ホルモンの乱れが原因で、抜け毛や肌荒れ、むくみやシミ、肥満など美容面のトラブルが目立つことも。

 

ママになった喜びはひとしおですが、その一方で、「女」としての衰える自分に不安やイライラがつのる時期でもあるのです。
以上のことから、産後は心身とも些細な事でイライラしやすい状況です。

 

【産後の授乳や寝不足のイライラ・不安を上手に乗り越える方法は?】

 

 

授乳時のイライラや寝不足によるイライラは、次ぎの方法で、解決しましょう。

 

■アミノ酸

 

産後や授乳中、寝不足などが原因のイライラ対策に「アミノ酸」は欠かせません。
「アミノ酸」は、自律神経の乱れを整えたり、脳神経細胞の興奮を抑える働きがあることから、ストレスによる緊張や不安、イライラを抑制。

 

さらに、「アミノ酸」には、グルタミン酸、バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニンなど疲労回復に役立つ成分も豊富に含まれ、疲労回復も抜群です。
その他

 

・睡眠の質を高め寝不足を解消
・女性ホルモンのバランスを整える
・成長ホルモン活性化で肌のターンオーバーが促進し美肌に
・コラーゲンを促進してハリ、弾力のある肌をサポート
・代謝を促進し、産後肥満を解消!

 

以上のように、アミノ酸は、産後に抱えやすいママの悩みをトータルでカバーできる優れた成分です。
ただし、何かと忙しいママですから、できれば手軽にアミノ酸を補いたい!
と思っている方も多いですよね。

 

そこでお勧めしたいのが、高級食材すっぽんです。
すっぽんには、良質なアミノ酸がたっぷり含まれており、イライラ解消に抜群の効果を発揮します。

 

そのすっぽんを丸ごと1匹使用した「すっぽん小町」等のサプリなら、面倒な手間いらず、しかも安価で高濃度のアミノ酸が手軽に摂取できます。
産後のママや子育て中のママ、加齢で女性ホルモンが乱れがちな40代以降の女性にすごく人気のサプリなので、興味のある方は、お試しください。

 

■バランスの良い食事

 

産後の乱れた女性ホルモンを整えるには、食生活を規則正しく続けるのが基本です。
私たちの体は、日々の食事で支えられているので、育児で忙しいからと言っておろそかにするのはいけません。

 

特にイライラしやすい産後は、「セロトニン」という成分に意識した食事を積極的に摂り入れるといいでしょう。
「セロトニン」は、

 

・睡眠の質を高める
・女性ホルモンの乱れを整える
・寝不足によるイライラを解消する

 

などの作用が高く、心身のリラックス維持に欠かせません。
食事から摂取する場合は、「トリプトファン」というたんぱく質がセロトニンを生成するので、大豆やかつお節、しらすや卵、豚肉、小麦胚芽などを中心に摂取してください。

 

■何か、誰かに頼ることも!

 

真面目で、ママ業に一生懸命な方ほど、産後のイライラに悩まされます。
しかし、何もかも生真面目に、そして一生懸命やり過ぎるあまり、ママの体調が不安定になっては意味がありません。

 

なので、産後は誰かに頼ったり、時に手抜きをすることも大事です。
例えば、夫や親族、ご近所に甘えたり、食事を手抜きして時々外食にしたり、「すっぽん小町」等のサプリに頼ってみたりと、使えるものは、上手に活用すべきです。

 

また時には、ママ業をお休みし、息抜きすることも大事ですよ。
以上が、授乳や寝不足でイライラを上手に乗り越える方法です。

 

いかがでしたか?

 

・可愛いわが子なのに、1日に何度もしなきゃいけない授乳にイライラする
・授乳のたびに「なんでもっと早く飲んでくれないの」とイライラする
・夜泣きで眠れず寝不足が続いている

 

など、産後のママが悩むこれらの「イライラ」は何もあなただけが抱える問題ではありません。
すべて女性ホルモンの急激な乱れや育児という慣れない生活や将来への不安が要因なので、上記情報を参考にこの時期を楽しく乗り越えられるようにしてくださいね。

 

page top