ミネラルファンデランキング

 

オンリーミネラル


5年連続国内売り上げナンバーワン!美白SPF50+のミネラルファンデーション。

 

8つのフリーで肌に優しいのに美白美容成分配合でシミ、くすみをカバーしながら毛穴レスも実現。最高級素材タクロン製の専用ブラシで思いのままの仕上がりに!

 

 

オンリーミネラルデビューセット
4,000円→1,900円税抜(送料無料)

 

 

>>オンリーミネラルの公式サイトを見る

 

 

 

エトヴォスファンデ


毛穴が目立たないセミマットに仕上がる天然ミネラルファンデーション。

 

シミやくすみ、シワを自然にカバーするのに、厚塗り感一切なし!石けんでするんと落ちて、つけて眠れるほど肌に優しい成分だから、乾燥肌にも安心!

 

 

ミネラルファンデススタータキット
4,000円→1,800円税抜(送料無料)

 

 

>>エトヴォスファンデの公式サイトを見る

 

 

 

リペアリキッドファンデ


全成分が天然由来!医学誌にも掲載された高保湿ミネラルファンデ。

 

自社生産無農薬栽培米を使用したこだわりの主原料と、超微粒子成分による高カバー力!さらに紫外線を反射、拡散して肌のくすみを抑えながら、透明陶器肌へ!

 

 

リペアファンデ8点セット
1,980円税抜(送料無料)

 

 

>>リペアファンデの公式サイトを見る

 

 

 

 

 

 

 

ヴァントルテ


乾燥肌、敏感肌に嬉しい天然成分100%国産ミネラルファンデーション。

 

10個の無添加処方シルクパウダーが肌にぴったり密着して毛穴やくすみ、シワを強力にカバー。保湿力の高いピュアシルクの特殊コーティング作用で、長時間サラツヤ肌をキープしてくれます!

 

 

ミネラルシルクファンデ初回セット
4,180円→3,300円税別(送料無料)

 

 

>>ヴァントルテの公式サイトを見る

 

Tv&Movie


女優も愛用する天然美容成分凝縮のモイストパウダリーミネラルファンデ。

 

こだわりの農薬不使用栽培植物原料の美容オイルで、大人の乾燥肌をサポート。さらに馬プラセンタ、マヌカハニーによるパック機能も搭載し、メイクしながら納得の保湿を実感!

 

 

ミネラルパウダーファンデセット
5,500円税抜(10,000円以上の買い物で送料無料)

 

 

>>Tv&Movieの公式サイトを見る

 

 

LANOA


ノンケミカルでSPF50+!色をコントロールして完璧に補正するミネラルファンデ!

 

紫外線防止やスキンケア効果、さらにメイク効果もあわせ持つ多機能CCクリーム。さらに、皮脂吸着パウダーと贅沢美容成分で増える年齢肌悩みを強力にカバー。

 

 

LANOAミネラルCCクリーム定期便
3,300円→2,970円税別(送料無料)

 

 

>>LANOAの公式サイトを見る

 

 

ミネラルエアー


シュッとスプレーだけで無重力級の軽い付け心地を実感するミネラルファンデーション。

 

毛穴よりも小さい超微粒子エアーと光を拡散するレフ板効果でツヤと透明感を実現。ミネラルと天然保湿成分の1本5役で至近距離でも毛穴を感じさせない肌へ!

 

 

ミネラルエアー定期便
19,000円→14,800円税別(送料無料)

 

 

ミネラルエアーの公式サイトを見る

 

 

レイチェルワイン
レイチェルワイン

つけている事を忘れる軽い付け心地とカバー力のミネラルファンデーション。

 

天然ミネラルを主成分とした微粒子で肌トラブルの原因物質を全て排除した安心の国内産。常識を覆すカバー力と多機能ファンデが長時間の美肌をキープ!

 

 

レイチェルワイントライアルセット
6,480円→1,980円税込(5,000円以上で送料無料)

 

 

レイチェルワインの公式サイトを見る

 

 

ミネラルファンデーションとは?

 

 

火傷のあと、手術のあとなどにも安心して使えるようにとアメリカの医師により開発されたのが、誕生のきかっけ。
マイカや酸化チタン等の天然鉱物等、ミネラル成分が主原料で、シリコンやポリマーなど、メイク落とし(クレンジング剤)を必要とせず、石けんで簡単に落とせる等の特徴があります。

 

ミネラルファンデーションの種類

 

ルースタイプ

 

ミネラルファンデーションといえば、このタイプが主流。
「レイチェルワイン」や「オンリーミネラル」等が人気で、まるいジャー容器に粉末のファンデが入っており、専用のブラシを使って、使うのが一般的。

 

水分や油分、シリコンや防腐剤など石油系の固める成分を必要としないため、肌への負担が大幅に軽減されています。

 

プレストタイプ

 

ルースの使い勝手の悪さを解消したもの、といえば、分かりやすいでしょうか?
例えば、「24h cosme」や「Tv&Movie」がプレストタイプで、ルースに比べて、外出先での使い勝手が抜群。

 

パフで化粧直しもしやすく、通常のファンデーション感覚で使用できるのが魅力。
ただ、ルースに比べ、押し固める際に使用する油分が多いのが特徴。

 

「24h cosme」のようにツバキオイルやホホバオイルなど天然植物由来の油分使用なら乾燥肌のトラブルケアにも安心。

 

リキッドタイプ

 

ルースやプレスタイプに比べ、しっとりとした仕上がりのリキッドも最近では、人気急上昇。
ミネラルファンデの「使いにくさ」を解消し、均一に伸び、薄付きで、カバー力の高さが魅力。

 

ただ、液体にするため、水分や油分など余計なものが多く含まれている可能性も高く、完全ナチュラル、というモノとは程遠い商品も。
そのため、成分チェックは不可欠。

 

例えば、お米原料の「リペアリキッドファンデーション」は、医学誌にも掲載されるほど肌に優しい成分で、注目。
さらに、シリコンなどを排除し、クレンジング不要で仕上げた「ヴァーチェ」は、8割以上が美容成分。

 

いずれも、肌の保湿機能を改善するセラミドやヒアルロン酸、またオリーブオイルの10倍の抗酸化力を持つマルラオイルなどを配合し美容液ようなに使えるのが特徴で、年齢肌トラブルを抱えている方のエイジングにも活用可能。

 

クリームタイプ

 

数は、まだまだ少ないが、「ラノア」のように、近年注目されるクリームタイプのミネラルファンデも誕生。
色をコントロールして完璧に肌色を補正するCCクリームの役割りを持ち、シミやくすみをしっかりカバーし、明るい印象に仕上がるのが特徴。

 

中でも「ラノア」は、SPF50+PA++++という最高クラスのUVケア力を持ちながらノンケミカル処方という肌への優しさも抜群。
クリームタイプならではの多機能効果で、この1本で、スキンケアからメイクまで完璧。

 

ミネラルファンデーションの成分

 

ミネラルファンデーションは、肌に優しい、と言われるけど、実際にはどうなの?
と思っている方も多いのでは?

 

確かに、「ミネラルファンデーション」ならどの商品も肌に優しいとは限りません。
なぜなら、法的にミネラルファンデーションの定義というものが決められていないから!

 

例えば、界面活性剤やポリマーなど、肌に悪い成分が配合されていても、「これはミネラルファンデーションだよ!」とメーカーが言ってしまえば、それも全部「ミネラルファンデーション」として括られてしまう!

 

だからこそ、正しい知識が不可欠。
では、どんな成分がいいのか?

 

ポイント1

 

冒頭でも紹介したように、ミネラルファンデの主成分は、マイカや酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、シリカ、水酸化アルミニウムなどのミネラル(鉱物)。
無機物であるミネラルは、腐敗の心配がないため、防腐剤や界面活性剤などが必要ありません。

 

それが「肌に優しい」と言われている理由です。
なので、防腐剤や界面活性剤など肌への負担が心配される成分を排除しているもの、無添加処方、ノンケミカルなどを選ぶようにしましょう。

 

「ヴァントルテ」は、100%天然成分、10個の無添加処方、しかも「国産」と3つの安心がセット。

 

ポイント2

 

酸化チタンと酸化亜鉛の2つは、紫外線を強力にブロックし、シミやくすみの原因となるメラニン生成を抑制する働きがあります。
ただ、光により活性酸素が発生し肌を酸化させて、シミやシワ、乾燥による肌老化のリスクを高める危険性も。

 

これらのリスクを回避するには、酸化チタンや酸化亜鉛は、「ナノ粒子ではない」ミネラルファンデーションを選ぶようにしてください。
また、酸化チタンを別素材でコーティングすることで、酸化を抑えることができるので、「ヴァントルテ」のように特殊コーティングされたパウダー使用を選ぶようにしましょう。

 

ちなみに「ヴァントルテ」は、保湿力の高いピュアセリシン配合のなので、肌を乾燥から守り、1日中うる艶肌をキープ。

 

ミネラルファンデーションの選び方

 

以上の事をふまえミネラルファンデーションの選び方を紹介。

 

成分で選ぶ!

 

乾燥肌や敏感肌、ニキビ肌など、些細な刺激に弱く、肌への刺激を徹底的に排除したい!という方は、

 

・ミネラル成分100%
・シンプル成分
・クレンジング不要
・つけたまま眠れる

 

などの条件を満たす「ルース」タイプがおススメ。
中でも「オンリーミネラル」は、4つのミネラルだけで作られるシンプルさが魅力。

 

時間とともに浮き上がる脂もしっかり吸着して、サラサラ肌を長時間キープしてくれるので、ニキビ肌にも安心。
ただし、「レイチェルワイン」や「エトヴォス」のようなカバー力は期待できないのがデメリット。

 

カバー力で選ぶ!

 

シミやシワ、毛穴やたるみをなんとしてでもカバーしたい、という方には、CCやBBのようなカバー力抜群のミネラルファンデーションがおススメ。
「リペアリキッドファンデーション」や「心花の彩」のようなリキッド、クリームタイプは、伸びが良く、肌色もコントロールできるのが魅力。

 

また「心花の彩」は、リンゴ幹細胞も配合されるなど、エイジングケア効果にも優れており、使うほどにシミシワ、たるみ改善も期待大。
その他、軽い仕上がりなのに、肌への密着力に優れ、化粧崩れの心配がほとんどない「レイチェルワイン」のセミマット仕上がりに。

 

使いやすさ!

 

粉を上手に使えない、ブラシが使いにくい、外出先で化粧直しができない、等、ミネラルファンデーションが上手に使えない、という方には、プラスタイプが最適。
従来の固形ファンデーションのようにパフで使えて、持ち運びにも便利。

 

もちろん、化粧直しも簡単にできるのが魅力。
中でも「Tv&Movie」は、コンパクトに入れて持ち運べるパフとブラシの両方使いが出来るのが人気。

 

ミネラルファンデーションの使い方

 

肌に優しく、クレンジング不要で、つけたまま眠れる、メリット一杯のミネラルファンデーションですが、実は、「使いにくい」「仕上がりが悪い」など不満の声も意外と多いのが現状。

 

中でも、ルースタイプは、使い方次第で、「粉っぽい」仕上がりになることがあるので要注意。
ミネラルファンデーションの特徴である、ナチュラルなのに、毛穴レスのきれいな肌に仕上げるには、下準備が必要。

 

1つは「保湿」。
肌の乾燥は、化粧のりを悪くするだけでなく、化粧崩れの原因にも。

 

特に乾燥が気になる目元、口元は高保湿成分配合の美容液で、保湿した上で、ミネラルファンデーションを使うようにしましょう。
2つめは「表面のベタツキ」。

 

肌を保湿したあと、すぐにルースパウダーをつけてしまうのはNG。
肌表面に残っている水分と粉が混ざり、ダマになってしまうので、ベタツキや化粧くずれの原因に。

 

また時間の経過とともに、油分とダマが混ざり、毛穴を防ぐ要因にもなるので、要注意。
保湿後は、少し時間をあけて、肌表面がサラッとした状態でミネラルファンデーションを使うようにしましょう。

 

上記で紹介した種類、成分や選び方、使い方などおさえ、肌に優しいミネラルファンデーションを上手に活用できるようにしてください。