エイジングケアシャンプーランキング

 

 

ハーブガーデン


東京大学博士が開発した天然由来100%!髪のエイジングケアシャンプー。

 

頭皮、髪に良い7種類の厳選阿蘇オーガニックハーブウォーターをベースにした独自処方。天然系ではなかったほどのトップクラスの濃密泡でリンスなしでもまとまる髪へ!

 

 

ハーブガーデンセット
8,000円→4,000円税抜(送料無料)

 

 

>>ハーブガーデンの公式サイトを見る

 

 

haru黒髪


100%天然由来、シリコン合成ポリマー不使用の髪をエイジングするシャンプー。

 

天然ヤシ由来の洗浄成分によるクレンジングで蓄積汚れを除去。さらに、ハイビスカスエキスやオリーブオイルが加齢で衰える頭皮環境を正常に整えます!

 

 

haru黒髪スカルププロ
3,600円税抜(送料無料)

 

 

>>haru黒髪の公式サイトを見る

 

 

スカルプDボーテ


加齢で失われる頭皮活力をサポート!医師と共同開発した薬用スカルプシャンプー。

 

女性ホルモンに着目した植物由来成分・頭皮や髪のエイジングケア成分を贅沢に配合。濃密泡とノンシリコンで、髪本来の美しさを取り戻します!

 

 

スカルプDボーテ
3,900円税込(送料無料)

 

 

>>スカルプDボーテの公式サイトを見る

 

 

CA101


女性の薄毛・抜け毛など、頭皮老化をケアする本格・髪のエイジングケア。

 

ターンオーバーを整える高品質シャンプー、ダメージ修復の高機能トリートメント、美容液レベルのエイジング育毛剤の3ステップで、だれもがうらやむ美髪を育てます!

 

 

CA101ヘアケア3本セット
11,600円→5,800円税抜(送料無料)

 

 

>>CA101の公式サイトを見る

 

 

マイナチュレシャンプー


地肌から綺麗にをサポートしてくれるエイジングシャンプー。

 

髪のハリ、コシ、ボリュームが気になりだす40代、50代の女性におすすめ。たっぷりの美容成分を配合した無添加アミノ酸系シャンプーです!

 

 

マイナチュレシャンプースターターキット
6,360円→5,408円税抜(送料無料)

 

 

>>マイナチュレシャンプーの公式サイトを見る

 

 

女性用育毛剤

マイナチュレ育毛剤


薄毛・抜け毛に効く!女性専用無添加育毛剤。

 

27種類の天然成分と10種類のアミノ酸、さらに11成分無添加無香料でベタつきなしのテクスチャー。使いやすいこだわりの容器には、女性のだめだけに考えられた育毛メソッドが凝縮!

 

 

無添加育毛剤マイナチュレ
5,745円→980円税抜(送料無料)

 

 

>>マイナチュレ育毛剤の公式サイトを見る

 

 

ミューノアージュ


クリニック発想!年齢とともに増える女性の頭皮トラブルをケアする育毛剤。

 

髪の元となる種を増やす頭皮美容液と、脱毛を予防し発毛を促進する先端育毛ケアから生まれた2剤のアプローチでこれまでにない育毛、発毛効果を実感!

 

 

Wアプローチヘアプログラム
1,980円税込(送料無料)

 

 

>>ミューノアージュの公式サイトを見る

 

 

ベルタ育毛剤


女性の薄毛を解決するために開発された女性の髪のエイジングケア育毛美容液。

 

業界最多となる頭皮有効成分を56種を1000分の1のナノ化で配合し、高浸透を実現。無添加、天然由来だから頭皮環境が乱れる40代50代のヘアケアに最適!

 

 

ベルタ育毛剤
3,980円税抜(送料無料)

 

 

>>ベルタ育毛剤の公式サイトを見る

 

 

 

 

なぜ抜け毛、薄毛になるの?

 

女性の頭皮トラブルで白髪の次に多いのが、抜け毛や薄毛。
「男性」の悩み、というイメージもありますが、近年では女性の悩みとしても急増傾向にあります。

 

対処が遅くなったり、間違った方法で対処すると、取り返しのつかないトラブルへと発展する可能性も高いため、早めに原因と対策を理解するようにしてください。

 

・原因1「加齢」

 

加齢による抜け毛、薄毛は、顔のたるみやしわ、シミ、といった老化現象の一つ。
中でも40代後半以降50代は、毛の成長に関わる毛母細胞の機能が急激に衰えることから、髪の毛1本1本が細く、弱弱しく育つため、全体的なボリュームダウンが目立つように・・・。

 

はっきりとした抜け毛、薄毛ではないものの、以前に比べ、ボリュームが弱くなった、セットが上手くできない、という場合は、早めの髪のエイジングケアが必要。
例えば、「花蘭咲」は、加齢で衰える頭皮環境を整え、根元1センチからふんわりボリュームアップが期待できる女性専用の育毛剤。

 

希少価値の高いエビネ蘭を使用し、ベタツキや育毛剤特有のツンとしたにおいもないので安心して利用できます。
同じく女性専用の育毛剤の「マイナチュレ」は、まるで化粧品のようなボトルで、使い勝手も抜群。

 

気分も落ち込む加齢対策を楽しく、快適にする天然由来の優しい成分なので、毎日のエイジングケアに。

 

・原因2「不適切な頭皮ケア」

 

頭皮を不潔にする事は、もちろん薄毛や抜け毛の要因になります。
しかし、「キレイにすることに意識しすぎる」のも必ずしも良い方法とはいえません。

 

特に女性の場合、洗浄成分の強いシャンプーを過度に使いすぎたり、髪の毛に香りを残したいだけの目的で、シャンプーを選ぶなど、不適切な頭皮ケアが目立ちます。

 

このままでは、頭皮環境が大きく崩れ、薄毛や抜け毛になる事は確実。
今すぐシャンプー選びや使用方法の見直しを。

 

ポイントは、「植物由来」「100%天然」であること。
「haru」や「uruotte」「ハーブガーデン」は、いずれもホホバオイルやオーガニックハーブなど天然由来の成分配合のシャンプーで、加齢で衰える頭皮環境の正常化も期待できます。

 

さらにノンシリコンなのに、指どおりも良く、リンスいらずでサラサラで艶やかな髪の毛維持に最適。
「CA101」や「スカルプD」は、まるで美容液のような贅沢なエイジング成分配合のシャンプーで、育毛、発毛効果も高いため、薄毛や抜け毛がすでに深刻という方の毎日の洗浄におススメ。

 

・原因3「白髪染め」

 

30代以降、少しずつ気になり始める白髪を隠そうと、定期的に行なう「白髪染め」ですが、その行為もまた、薄毛や抜け毛を誘発する要因です。
特に、白髪染めに含まれる酸化染料やアルカリ剤などは、頭皮環境を悪化させる要因となる為、注意が必要。

 

白髪染めの度に頭皮にかなりの負担がかかっているという事をお忘れなく。
とはいえ、目立つ、白髪をそのままにするのは嫌だ、という場合は、「利尻ヘアカラー」や「LpLp」等、北海道産利尻昆布エキスやトウモロコシエキスなど自然由来の染料成分配合の白髪染めを選ぶのがポイント。

 

いずれも頭皮と髪の毛に負担をかけず、気になる白髪をカバーできます。

 

・原因4「女性ホルモン」

 

女性ホルモンは、美しく黒々とした髪の毛の成長に不可欠。
そのため、女性ホルモンが乱れる更年期、妊娠出産前後、生理前後は、抜け毛、薄毛が・・・。

 

中でも女性ホルモンが激減する40代以降は、女性男性型脱毛症FAGAになるリスクも高いため、ハゲ際の後退、頭頂部の抜け毛が少しでも気になる場合は、早めに対処しましょう。

 

最近では、女性ホルモンの乱れに着目した育毛剤「アスタリフト」や「ベルタ育毛剤」「MUNOAGE」なども誕生し、ホームケアでもしっかり効果が実感できるので、今すぐクリニックに通えないという方は、お試しください。

 

・原因5「生活習慣の乱れ、ストレス」

 

髪の材料は、わたし達が普段口にする食べ物にたっぷり含まれています。
そのため、食生活が乱れると、髪の素が摂取できず、太く丈夫な髪の毛を育てる事はできません。

 

さらに、髪の毛を作る土台となる毛母細胞や副交感神経は、寝ている間の成長ホルモンによって、活性化されるため、良質で十分な睡眠は不可欠。
その他、髪を育むメカニズムを阻害する活性酸素を体内で増やさないことも、薄毛抜け毛対策には必要です。

 

ちなみに、活性酸素は、ストレスや過度のヘアケア、紫外線、血行不良で発生。

 

なぜ、白髪って増える?

 

まず、髪の毛の色は、毛乳頭の周りにある毛母細胞間にあるメラノサイト(色素形成細胞)の働きによって得られるもの。
メラノサイトでは、メラニン色素を生成し、コルテックスと呼ばれる毛の皮質にその色を届けて、黒々とした色を髪全体に行き渡らせているのです。

 

しかし、メラノサイトは、何かしらの影響を受けるとその能力を十分に発揮できず、次第に衰えていきます。
その結果、毛髪に十分な色素を届ける事ができず、「白髪」として目立つようになるのです。

 

●メラノサイトに悪い影響を及ぼす要因は?

 

白髪の要因は、加齢など諸説あり、いまだはっきりと解明されていませんが、遺伝や病気以外では、次のことが要因と考えられます。

 

1・睡眠時間の低下

 

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、「バジル領域」の幹細胞に影響を及ぼすとされています。
バジル領域とは、毛根の根元より少し浅い部分にあり、毛包幹細胞と色素幹細胞が存在。

 

「発毛の司令塔」とも呼ばれるほど育毛にも欠かせない存在で、かつ、黒々とした髪の毛にも不可欠。
成長ホルモンによって、活性化できるため、良質で十分な睡眠は不可欠。

 

2・ストレスや血行不良

 

両者は、「活性酸素」を大量に分泌する要因です。
活性酸素は体を「サビ(老い)」させる最大の敵。

 

活性酸素により攻撃された体内では、あらゆる機能の能力が衰え、もちろん黒々とした髪に必要なメラノサイトの能力も低下。
よって、白髪が増える要因に。

 

活性酸素は紫外線や過度のヘアケア、食生活の乱れでも発生。

 

 

3ステップで自慢の丈夫で艶やかな髪の毛をキープ

 

年齢に限らず、黒くサラサラで艶やかな髪の女性って、それだけで若く、清潔感を感じられますよね。
また、髪の先にまでしっかりと行き届いたケアは、なんとなく、女性らしい魅力を感じずにはいられません。

 

逆に、どんなに顔の印象が良くても、髪の毛がボサボサのバサバサ、ぺチャっとした状態だと、老けた印象を受けてしまいがち。
それだけでなく、なんとなく不潔でだらしない印象も。

 

後者のようなマイナスイメージを回避するには、上記で紹介した「薄毛・抜け毛、白髪」の原因をしっかり理解し、正しく、早めに対処する事がポイント。
これまでの事をまとめると、女性の薄毛や抜け毛、白髪の要因は、

 

・過度のヘアケア
・加齢
・ストレスや生活習慣の乱れ
・白髪染め

 

現状を変えたい、少しでも若く見られたい、年齢に負けず黒々とした丈夫で強い髪の毛を育てたい、という方に是非試して欲しいのが、今すぐにできる髪のエイジングケア3ステップ。

 

1.「シャンプーの見直し」

 

今お使いのシャンプーは、頭皮にどのような「プラス」がありますか?
もし、一つも「プラス」がないなら、早急な見直しが必要。

 

特に、頭皮環境が乱れがちな30代以降は、若い頃には、感じなかった些細な刺激で取り返しのつかない頭皮トラブルへと発展する危険性も。
特に40代後半から50代の女性は髪のエイジングケアが大切になってきますので、頭皮や髪に優しく、かつ、頭皮を元気にする「植物由来」「100%天然」成分を選ぶようにしましょう。

 

2・「女性専用の育毛ケアを」

 

どんなに努力しても「加齢」だけは食い止める事はできません。
それに加え、生活習慣の乱れ、そして、何かと増えるストレス等、複雑な要因が絡み合い頭皮環境は少なからず悪くなります。

 

だからこそ、顔やボディと同じく、頭皮や髪の毛にも正しいケアが不可欠。
最近では、女性ホルモンに着目した育毛剤や医師と共同開発でクリニックレベルの効果が実感できるホームケア用育毛剤も数多く誕生しているので、自分にぴったりの1本をキープしておくのも必要かも。

 

3・「肌に、髪に優しい白髪染めを」

 

30代以降、少しずつ目立つ白髪をカバーするには、やはり白髪染めは必要。
しかし、そのたびに頭皮に悪い影響を及ぼしては意味がないので、髪のエイジングも出来る白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

上記3ステップで、髪の毛に自信が持てると、それが女性ホルモンを刺激し、不思議と内面からそして、見た目にも女性らしい自分を取り戻す事も・・・。
年齢とともに増える薄毛、抜け毛、白髪は、ここで紹介したヘアケアで、必ず改善できますよ。

 

諦めずに、早めの対策をしましょうね!