ホットアイマスクでちりめんじわを解消!

 

コンビニやドラックストアなど、市販品も誕生するなどとても人気の「ホットアイマスク」は、小じわやちりめんじわが気になる女性だけでなく、目の疲れで悩む男性の愛用者も続出。

 

【ホットアイマスクにより「ちりめんじわ」効果って?】

 

・目周辺の筋肉がほぐれる

 

およそ40度前後の蒸気で目を包みながらケアすることで、疲労やストレスでコリ固まった筋肉がほぐれます。
ガチガチの筋肉がほぐれ、柔軟性が高まると表情筋の固定がなくなり、ちりめんじわを効果的に予防できます。

 

・血行促進

 

ホットアイマスクで、目元周辺を温めると、血液の流れが促進されます。
血液は、隅々に栄養や新鮮な酸素を届けると同時に、老廃物を回収して排出するという役割りも担っています。

 

そのため、血液の流れが正常に整うことで、目元周辺の細胞が活性化。
さらに目元周辺に蓄積する老廃物が除去され、ちりめんじわだけでなく、目下のたるみ、たまり予防という嬉しい効果も。

 

特に、40代以降の目下のたまり対策にも最適。

 

【超簡単!お手軽自作ホットアイマスクの方法】

 

[1.ホットタオルアイマスク]

 

様々なホットアイマスクが誕生しているので、お小遣いに余裕のある方は、市販品などを活用するのもおススメ。
しかし、低予算で、かつ、気軽にホットアイマスクを使いたい、という方には、すぐにできる自作ホットアイマスクも。

 

準備するものは、ハンドタオル。
ハンドタオルをぬらして、軽く絞ります。

 

絞ったタオルを清潔な袋に入れて、500ワットの電子レンジで1分半ほど温めます。
触った時に「気持ちいい」程度の温度になるように調整してください。

 

そのタオルを目の上にかぶせて、10分ほどキープ。
乾燥したタオルをホットタオルの上に乗せると温度調整がしやすくなりますよ。

 

寝る前や目元スキンケアの前に行なうのが効果的です。

 

[2・お茶ガラホットアイマスク]

 

続いて、お勧めは「お茶ガラ」や「ティーバック」などを使ったホットアイマスク。
つくり方は簡単。

 

お茶パックやティーバックを使って、抽出したあとの茶がらやバックを使います。
軽く汁気を取ったら、そのまま目の上にオンするだけ。

 

セットした茶がらやティーバックが落ちないようにアイマスクなどを準備するとより使いやすくなります。
使うモノを選ぶと様々な効果も期待できますよ。

 

例えば、緑茶のカテキンには、毛穴の引締め、ニキビケア、美白作用等があることからちりめんじわ対策だけでなく、目元のシミやくすみ対策も可能。
その他、ビタミンCの爆弾と呼ばれるローズヒップティーは、コラーゲンの生成、メラニン抑制効果も高く、ちりめんじわと同時に目元のたるみくすみケアに効果的。

 

このように、使う「茶葉」によって、効果も色々。
楽しみながらそして、エコしながらちりめんじわがケアできるのが、自作ホットアイマスクのいいところですね。

 

早速、お試しください。

 

関連ページ

 

ちりめんじわ化粧品ランキング